私には3歳違いの26歳の妹がいる。
妹は高校を卒業してから就職したが数年で辞め、今は居酒屋で働いている。
背は高くないが色は白く、それなりだ。

私はあるサイトを利用して遊んでいて、そこで30代の夫婦と知り合った。
最初は奥さんとの関係だったが、スワッピング出来ないか・・・みたいな話になった。

私には彼女がいないのでパートナーを探さないといけなかったが、まあまあスタイルのいい妹のそういうところも見てみたいと思い、サイトのことを含めて妹に話してみた。
予想通り最初は難色を示したが、好奇心を煽るようにそそのかし、私との絡みがなければOKとなった。
私はこの時、ツイン部屋での行為であることは言わず、少しはぐらかしておいた。
まあ、妹もたまに家に男を連れてきてヤッていたのは知っていたので、その手の話に興味も持ったのだろう。

しばらくして奥さん夫婦と会うことになり、市内のホテルで現地集合した。
部屋は奥さんがツインでとり、先に奥さんと旦那さんが部屋で待っていた。
ホテルに向かう間に妹の話を聞いていたが、男関係はそれなりにという印象だった。

ホテルに到着し、聞いていた部屋をノックすると中に入れてくれた。
旦那さんは、サラリーマン風で小ざっぱりして、感じのいい人だった。
中に入ると軽く挨拶し、奥さん夫婦と少し話をしたが、妹は2つ並ぶベッドを目で追い、少し考えているようだった。

しばらくして、「さぁ、やろっか」の奥さんの声で開始となった。
ペアは私と奥さん、妹と旦那さん。
妹は、「えっ、ここで?」と小声で言ったが、「そうよ、だってスワップだもん」と奥さんが説明してくれた。
旦那さんも、「大丈夫だよ、見られるの初めて?ゆっくりしよう」と旦那さんのペースで妹を抱き寄せ、唇で全てを分からせる感じのキスをしていた。
妹は最初、身を少し縮めるような仕草をしたが、「んふっー」と一息吐き、流れを理解したのか、そのままされるがままに唇と体を委ねていった。
私も奥さんのスカートの下からパンティに手を伸ばし、愛撫しながらキスをした。

その後、適当なタイミングでそれぞれペアでシャワーを浴びに行った。
奥さんに石鹸を付けた手でチンポをシゴかれ、私は奥さんの胸を石鹸で揉み洗った。
妹も私達の後、旦那さんに手を引かれてシャワールームに向かった。

(妹はシャワーを浴びながら旦那さんとどんなことをするんだろう?)

シャワーが終わると、私たちはベッドに戻り、ガウンを脱ぐと抱き合いながら奥さんの体の柔らかさを堪能した。
奥さんは慣れているのか積極的に体を合わせてきた。
妹たちもシャワールームから出てきて、ベッドで横になった。
旦那さんが妹のガウンを脱がせ、ゆっくり話しかけるようにキスしながら胸を揉んでいった。

それぞれのベッドで行為が進み、私は奥さんに挿入し、突き上げながら妹の方を見た。
妹は脚を広げられ、顔を少し背け、旦那さんにクンニされていた。
正直、妹の裸は見たことがなかったので、白い肌と丸い胸、股間の黒い毛を見て興奮した。
妹はクンニが終わると体を起こされ、旦那さんにチンポを咥えるように合図され、軽く手を添えながら勃起したチンポを咥え始めた。
途中で私と少し目が合うと、はにかむように少し照れながらフェラを続けた。
妹のフェラが音を立てるほど激しくなると、旦那さんは妹を寝かせ、足首を高く持ち上げ、開いた股間にゆっくりとチンポを挿入した。

「うぅ~ん」

妹の喘ぎ声を初めて聞いた。
妹は正常位で程よく慣らされた後、騎乗位の体勢で旦那さんに腰をグラインドさせられ、胸を揺らし、髪を乱して「はぁはぁ」とヨガりながら、「ちょっと恥ずかしい・・・」と言っていた。
近くに私がいるからだろう。
妹の気持ちよさそうな顔も初めて見て、(こんな顔してセックスするんだ・・・やっぱり女だな)と思った。

途中、旦那さんが騎乗位で妹を突き上げながら、「妹さんとはセックスするの?」と聞いてきたので、「いやいや、まさか・・・」と答えると、「こんなところに2人で来るくらいだから、そうかと思った」と言われた。

旦那さんは妹を四つん這いにしてバックでやり始めた。
パンパンと音を立てながら。
妹も、もうセックスモードだった。
私も、妹が四つん這いでお尻を突き上げでセックスしている姿と、「うーん」「あっ、あっ」「いやっ」という喘ぎ声に興奮し、奥さんも四つん這いにして、旦那さんと競うかのようにマンコにラストスパートをかけた。
奥さんも喘いだ。

旦那さんに「ちょっとこっち来てみませんか?」と言われ、「試してみたら」と言われた。

(マジか・・・)

そう思ったが、間近で妹のセックスを見て興奮していたこともあって、「ユキ、ちょっとだけな」と言って、旦那さんと交代した。
妹は、「えっ、ちょっと・・・」と拒む感じではあったが、私は尻を抱えて無理やり奥まで挿入した。
妹は、「えぇっ、もぅ、マジ~」と少し抵抗したが、私は本能でピストンを繰り返した。
妹に挿入しているという背徳感と興奮が入り交じってテンションは相当に上がっていた。
妹のマンコは柔らかかった。
胸を揉みながら女としての体をそのまま深く堪能した。
妹は「もう勘弁してよ・・・」という感じだったが、途中からは何も言わなくなり、互いに息を荒げながら体位を変え、最後は正常位で、「んっ、んっ、あっ、あぁんあんっ」と喘ぎながらこと果てた。
その間、奥さん夫婦はキスしたりしていたが、私たちの行為をほくそ笑みながら見ていた。

「どう?初めての兄妹体験は?」

「まぁ、それなりに・・・」

妹は、「もう、あり得ないし・・・」とか半笑いで言っていたが、それなりに感じていたよなと思った。

数日して、奥さんから動画が送られてきた。
全部ではなかったが、私の上で腰を振っている妹や、私にバックで突かれている妹の姿、表情がそこにあった・・・。
セックスしている妹の表情や、私のチンポが妹のマンコを広げながらズブズブと入っている画像がいやらしく、頭の中に焼き付いた。

(もう一度、妹を抱きたい・・・)

そう思った。