バツイチ子有り同士で、私38歳、妻34歳で再婚しました。
2人とも破綻した最初の結婚が早かったので連れ子も大きくて、再婚時、私の息子は中1、妻の娘は小5でした。

きっかけは夫婦の営みを見られたことでした。
息子が中3の頃、高校受験で遅くまで起きていましたが、まだ再婚2年の私達は我慢できずにセックスに励んでいました。
子供たちの部屋は2階、中1の娘が寝ぼけながらトイレに起きて、階段でコケたのです。
それに気が付いた息子が下りてきて、娘が大事に至らずホッとしていたら、夫婦の寝室から灯りが漏れて、変な声が・・・。
息子はすぐにアノ声だと分かったようですが、娘は寝室を開けてしまいました。
正常位で絶賛生挿入中でした。
セックスに夢中の私達は見られていることにも気付かす、私は腰をパンパンパン、妻は喘いでアンアンアン・・・。

「ママ達、セックスしてる・・・」

娘の声に夫婦で飛び上がりました。
裸で布団に正座した私と妻は、いそいそとパジャマを着ました。
その後はなるべく静かに営むようにしましたが、まさか時々息子と娘がドアの隙間から覗いていたとは知りませんでした。

息子が高校に合格、娘がもうすぐ中2の春休み、私達のセックスを覗いていた娘が大きなくしゃみをして2人の覗きが発覚しました。
今まで何度も覗いていたと知り、観念しました。
もうヤケクソでした。
息子と娘の前で繋がったまま、見られながらセックスを続けました。
すると、息子と娘が裸になって布団に潜り込んできたのです。

「僕たちも2人でセックスしようとしたんだけど、上手くいかなくて・・・」

ぞっとする一言に私が焦っていると、妻が息子のペニスを握ってシコシコ。
そしてコンドームを付けると仰向けになって・・・。

「おいで・・・」

息子を誘いました。

「パパ・・・」

私は娘にペニスを握られて理性が崩壊しました。
バスタオルを敷いて、13歳の娘のヴァギナを開くと、もうトロトロで・・・。

「さっきまでお兄ちゃんに弄られてたから・・・」

そう言ってうっとりとした表情を見せました。
もう隣では15歳の息子が妻とセックスしていました。
私は幼いヴァギナに妻の愛液がこびりついたペニスをゆっくりと入れました。
メキメキと音がするほど狭い娘のヴァギナ、まだ膨らみかけの胸を震わせ、歯を食いしばって耐える娘を抱き締めながら処女膜を破壊したのです。

それ以来、私達のセックスは家族でするものになりました。
妻と息子、私と娘、血の繋がらない親子同士のセックスは4ヶ月続きました。
娘の可愛いヴァギナをクンニしながら息子にやり方を教えました。
妻のヴァギナをクンニ、そして娘にはフェラを指導、小さなお口で三編みを揺らしながら中2の娘が懸命に父のペニスを勃起させるのです。
やがて娘は父のクンニでアクメを覚え、父のペニスで快感を知り、シーツを握って発育途中の身体をしならせ、アンアンと喘ぐようになりました。

息子が高1、娘が中2の夏休み、息子と娘にセックスをさせてみました。
娘をクンニする息子、息子をフェラする娘。
私は生セックスでしたが、息子にはコンドームをさせて娘のヴァギナに挿入させました。
抱き合って腰を振る息子と娘・・・。

「ああん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、大好きだよ・・・」

なんと息子と娘は恋をしていたようでした。
これ以降、息子にはコンドームをする条件で、妻や娘と自由にセックスすることを許可し、家族でアンアンするようになりました。
子供たちは部屋のドアも閉めずにセックスをするので、時々セーラー服のまま、スカートだけ脱いで上は脱がずに息子に跨がって三編みを揺らす娘を見かけて、あまりの可愛さに興奮してしまいます。

「次はパパとしような」

息子が果てた後、娘を跨がらせて、腰使いの違いを見せつけて、娘をヒイヒイ言わせて優越感に浸ってみたりしました。
すると息子の若いペニスは復活して、今度は息子が妻に跨がられて・・・。

「硬い~、やっぱり高校生のチンチンは硬くていいわ~」

妻がヒイヒイ、私は勃起力の違いを見せつけられて、今度は劣等感に染まったりしていました。

中学の制服を着た娘とのセックスはとても興奮させられました。
普段の娘はどこから見ても清純な処女。
そんな乙女が見せる恍惚の表情、揺れる三編み、揺れるセーラー服の襟がたまりませんでした。
中学のセーラー服は純情をイメージさせます。
そして三編みもまた純朴少女を思わせるのに、それが穢され、しかも感じて三編みを揺らすのですから、上半身セーラー服の娘との騎乗位セックスは危うく中に出してしまいそうになります。

中学のセーラー服はスカーフの部分が襟と同じ素材でしたが、高校生になった娘が着た制服は、冬の紺色のセーラー服はスカーフが白、夏の白いセーラー服はスカーフが水色で、清純というよりは清楚な雰囲気になりました。
娘も三編みをやめて、長い黒髪の清楚な美少女になりましたが、上だけセーラー服を着た娘は清楚な見た目とは裏腹に髪を振り乱し、スカーフをなびかせて父のペニスに踊り狂いました。

セーラー服の魅力にハマった私は、もっぱら娘とセックスする時はセーラー服を着てもらって主に騎乗位でしたが、息子は妻とするときも娘とするときも裸にさせようとします。
息子は正常位が好きで、裸の妻や娘の足首を持って思い切り開脚させて、結合部を観察しながら腰を振るのが好きなようです。