オレは昔、母が犯される小説ばかり書いていた。
オレには寝取られ願望があって、オレの目の前で母が犯されるというシチュエーションに異常に興奮するのだ。
それでオレは、息子のオレの前で母が強姦されたり3Pをされたりして、最後にはオレも強制的に母とセックスさせられてしまう・・・というような小説ばかり書いてきたのだが、そのうちに本当に母を犯したい衝動に駆られてしまったことがある。

20歳の後半くらいのことだろうか、オレは仕事の都合で実家から離れて生活していて、里帰りするのは年に4、5回しかなかった。
そして久しぶりに実家に帰ったオレは案の定、母の体ばかり見ていた。
すでに母は50歳を超えていた。
しかし多少の肌のたるみもあり、小皺もあるものの、母はまだ熟女として十分通用した。
それに息子のオレから見ても結構美人だったし、スタイルも悪くないのである。
そして母はかなりの巨乳だった。
そのことはオレが小学生の頃から知っていたが、当時は興味を抱いたり興奮することはなかった。
だが、久しぶりに実家に帰って眺めてみると、その巨乳はあまりにも刺激的すぎた。

「ただいま」

「まあ、よく帰ってきたわね、どう、元気にやってた?」

「うん」

「ちゃんと食べてる?少し痩せたんじゃないの?」

「しっかり自炊してるよ」

などと話しながら、オレは股間を痛いくらいに突っ張らせていたのだ。
オレの頭の中でのことだが、母は自分の巨乳が数えきれないほどの男達に揉まれていたことも、息子にパイズリまでさせられていたことも知らない。
まして自分の肉穴や肛門に何十回も肉棒が突き立てられ、逆流するほど精液を注ぎ込まれたことも知らない。
何も知らず、久しぶりに息子が帰ってきたので嬉しくてたまらないという母の笑顔は眩しいほどだった。
そのことに良心の痛みを覚えながらも、オレは勃起しっぱなしだった。

思えば母は父一筋の人だった。
常々子供達に「私はお父さんを尊敬している」と言っていたし、何より2人はとても仲が良かった。
母は父以外の男に心を惹かれたことなど一度もなかったはずだ。
また古い教育を受けた人なので、父との行為でも尺八などしなかったと思う。
いや、もともと尺八自体を知らなかっただろう。

(そんな母がいきなり男達に取り囲まれ、輪姦されたら、いったいどうなってしまうだろうか・・・?)

実際の母を見ながらそんな妄想を膨らませたとき、オレはズボンの中で本当に射精しそうになってしまった。

(この母を現実に犯すことができたら・・・)

オレはずっとそんなことばかり考えていた。
いや、本当に襲いかかりたい衝動に何度も駆られた。
しかし実際にできるわけがないのはわかりきっている。
それでも何か、少しでもそれに近いことができないだろうかと本気で考えた。

実家に帰って3日目くらいだったろうか、その日の午前中は父も母も所用で出かけていた。
まだ結婚せずに実家に残っていた姉もとうに出勤していて、家の中にはオレ1人だった。
冬のことで窓は全部閉め切ってあるというのに、オレは辺りをきょろきょろ見回しながら風呂場に行った。
今朝、母は洗濯をせずに急いで出かけていった。
風呂場にある下着入れのカゴには、夕べ母が脱いだ下着もそのまま入っているはずだった。
だが、そのカゴに手を入れようとしたとき、オレの心臓は苦しいほどバクバク鳴り始めた。
頭の中ではあれほど母を犯しまくってきたのに、現実には母の下着を漁ろうとするだけで息が止まりそうだった。
足までブルブル震えている。
罪悪感と期待感でオレの胸は潰れそうだった。
小説ではあれほど過激なことを書いておきながら、実際に母の下着を漁ろうとしただけでオレの全身は激しく震えだした。
たかが下着と思うのだが、それを手に取ることは母の秘密を暴いてしまうことと同じだった。
オレは母の尊厳を傷つけようとしているのだ。
母の屈託のない笑みが思い出され、キュッと胸が締め付けられた。

『やっぱり、やめておこうぜ』

そんな良心の声がしきりに聞こえてくる。
だが結局、オレはカゴの中を漁り始めた。
その手がブルブル震えている。
罪悪感で息が詰まりそうだ。
それなのにオレの股間は早くもチリチリと疼いているのである。
罪悪感や良心の痛みが強ければ強いほど味わう快感も大きくなる、と小説を書きながらよく思ったが、まさにその通りだった。

罪悪感とともにめくるめくような期待感も味わいながら、オレはカゴの中を掻き分けていった。
まず姉の下着を見つけた。
これはもう柄や形から姉のものだとすぐにわかった。
しかし姉のものにはまったく興味がわかなかった。
母のパンティを見つけ、カゴから取り出したとき、オレはあまりの嬉しさに飛び上がりそうになった。
大袈裟だが本当にそうだったのだ。
母のパンティはオレが思っていた通り、清楚な白一色だった。
しっとりとした肌触りで、ほんのり湿っているようにも感じられる。
形も悪くない。

(とうとうオレは母のパンティを手に取った!)

オレは小躍りしたい気分だった。
いつの間にか罪悪感も忘れ、期待感だけがオレの胸で高鳴っている。
オレはゆっくりと母のパンティを裏返していった。
いよいよ母の秘密を暴いてしまうのだ・・・。
その思いに指先が一段と震えだす。
裏返った母のパンティ。
あそこに当たる部分の布が二重になっている。
その中心に本当にかすかだが一筋の黄色い線があるのを見たとき、オレの全身はカッと熱くなった。

(あの清楚な母にもオシッコの染みがあった)

そのことが衝撃的なくらいオレを興奮させたのである。
オレのモノはズボンの中で一気に膨れ上がった。
突っ張りすぎて痛いくらいに膨張している。
こんなことは中学生のとき以来だ。

オレは逸る気持ちを抑え、股間に当たる部分に顔を近づけ、匂いを嗅いでみた。
小説ではいつも『甘酸っぱい匂いが◯◯をクラクラとさせた』などと書いていたのだが、実際の母のパンティには特に匂いはついていなかった。
鼻を押しつけて嗅いでもみても、やはり匂いはしない。
少し残念ではあったが、匂いよりもオシッコの染みが、さっきからオレを興奮させまくっている。
本当に僅かな染みだが、オレにとっては凝視するのが恥ずかしいくらいに生々しいのだ。
オレは思わずその染みを舐めてしまった。
肉棒が痙攣しそうだった。
特に味はない。
しかし、母の暴いてはいけない秘密の部分を舐めているという背徳的な感動がオレの全身を激しく震わせた。

もう我慢できなかった。
オレはまたも周りをキョロキョロと見回し、父も母も帰って来る気配がないのを確かめると、ズボンとパンツを膝まで下ろし、ギンギンに勃起している肉棒を剥き出しにした。
根本の部分にパンティを巻きつけ、左手でしっかりと押さえながら激しく肉棒をしごき上げた。

「ああっ」

歓喜の声が自然に漏れた。
オレは今、母のパンティでセンズリをしている。
母の暴いてはならない秘密を肉棒に巻き付けている。

(ああっ、オレはなんという息子なんだ・・・)

それらの思いが強烈に快感を高め、オレはあっという間に爆発寸前になった。
そしてその瞬間、オレは肉棒からパンティを剥ぎ取って肉棒の先端に被せた。
母に勘付かれるかもしれないなどと考える余地もなかった。

(お母さん・・・!)

オレは心で叫びながら爆発した。
おびただしい精液がドクドクと母のパンティに注がれていく。
同時に痺れるような快感が脳天を突き抜けていった。
腰がとろけてしまいそうで立っていられなかった。
さらに激しく肉棒をしごきながら、オレはその場に崩れ落ちるように膝をついた。
母の穿いていたパンティに精液を迸らせながら、オレは下着泥棒の気持ちがわかったような気がした。
パンティに精液を注ぎ込むことでオレは、母そのものに精液を注ぎ込んだような気がしたのだ。
実際射精の瞬間には、オレは本当に母の体内に肉棒を挿入しているような錯覚を覚えていた。
何度も小説に書いた『温かく、ぬるんとして、柔らかいけれどきつい締めつけのある母のおまんこ』に、本当に挿入して突き上げているような錯覚・・・。
あれは、実際の母のパンティを肉棒に被せていなかったら、絶対に起こらない錯覚だったと思う。
そのおかげでオレは、腰砕けになって床に崩れ落ちるほどの快感を味わったのだった。

パンティの何がオレを一番興奮させたのかというと、わずかについていたオシッコの染みだった。
縦に走る一筋の黄色い染みは、母の割れ目が当たっていたところだ。
母にとっては絶対に誰にも見られたくない恥ずかしいその部分の染みを、オレが手で広げてまじまじと見つめている・・・。
そんな場面そのものがオレを一番興奮させた。
母の秘密を暴いている、神聖な母を汚している、という思いそのものが、すでに快感だったのだ。
本当にあのときの快感は今でも忘れられない。
初めて母を陵辱する小説を書いたときと同じくらい、いや、それ以上の快感だったと思う。
とにかくあまりの快感に目から火花が散ったほどなのだ。

そしてオレは床に奇妙な格好で横たわったまま、さらに3回、立て続けにパンティに精液を迸らせた。
頭の中には、母がちゃんと服を着て食事を作っている姿や、オレと会話をしている姿、打って代わって全裸で微笑んでいる母や、母が大勢の男達に輪姦されている場面などが交互に大写しに映し出されていた。
平凡に家族のことを一番に思って生活している母と、一方で輪姦されて悶えている母の、そのありえない現実と妄想のギャップがオレの快感を何十倍にも増幅させていた。

さらにそのときオレは、(もしこの現場を母に見つかったら、一体どうなるだろうか?)とも考えていた。
母は驚きと恥ずかしさのために絶句してしまうだろう。
それは間違いない。
しかし、その後、母はいったいどういう行動をとるだろうか?
呆れ返ってオレに失望してしまうか、あるいはオレを哀れんで黙って手を差し伸べて自慰を手伝ってくれるか・・・。
後者はまずないだろう。
やはり息子に失望し、母自身心に深い傷を負ってしまうことになるだろう。
小説と現実は違うのだ。
見つかったら最悪、家庭崩壊に繋がる可能性だってある。
しかし、なぜかオレは、母に見つかってみたいような気もしていた。

(もしかしたらオレの願望を母が察しててくれるかもしれない・・・)

そんな期待があったのだ。
これもやはり一種の錯覚、妄想だったのだろう。

幸いオレが快感を味わい尽くして終わるまで、母も父も帰っては来なかった。
ただ、その後が困った。
オレの精液でパンティはドロドロになっている。
このままだといくらティッシュで拭き取っても母に見つかってしまうだろう。
母は洗濯するとき衣類の選別して2度に分けるのだ。
パンティの母のあそこに当たっていた部分などは特に凄いことになっているし、このままだと母は絶対に気付くはずだ。
考えた末、オレはカゴに入っている洗濯物を全部洗濯機に放り込んでスイッチを入れた。
家にいたときは洗濯などしたこともなかったので少し不自然だったが、自分の下着もあるからということで通すことにした。

洗い終わった洗濯物を干していると母が帰ってきた。

「オレが洗濯しておいてやったよ」

と言うと・・・。

「そう、向こうでもちゃんと生活しているみたいね、安心したわ」

母は嬉しそうだった。
まったくオレを信用しきっている。
悟られずには済んだが、オレの胸が罪悪感のために強烈に締め付けられたのは言うまでもない。

ただ、これで終わりではなかった。
実家に滞在しているときにもう一つ、オレはとんでもないことを母にしてしまった。
母にオレの精液を飲ませたのだ。

母のパンティに精液を迸らせた次の日の夜。
オレを含めた家族4人が炬燵を囲み、久しぶりに団欒を楽しんでいた。
突如としてオレにその考えが浮かんだのは、父が「おい、何か冷たいものが飲みたいな」と言い、母が「そうね、何がいい?カルピスでも飲む?」と立ち上がりかけたときだった。

「カルピス」という言葉がオレに精液を連想させたのだ。

(カルピスと精液はよく似ている・・・。だったらカルピスに混ぜて母に精液を飲ませられないだろうか?)

そう思った途端、オレの肉棒は激しく疼いた。

(お母さんにオレの精液を飲ませる・・・なんて素晴らしい考えだろう!)

自分の思いつきにオレは喝采した。
どういう形であれ、母の体内にオレの精液が注ぎ込まれるのだ。
オレにはそれが、形を変えた母との性交のように思えてならなかった。

「待って、たまにはオレが入れてきてやるよ」

「あら、嬉しいわね」

嬉しそうににっこり笑いかけた母の顔をしっかりと脳裏に焼きつけながら、オレはキッチンに行った。
オレの心臓は早鐘のように高鳴っているし、肉棒は早くもギンギンに硬くなっている。
素晴らしい思いつきを何が何でも実行しようと思い、オレは急いで食器棚から人数分のコップを取り出して流し台に置くと、ズボンから勃起したモノを掴み出して威勢よく擦り始めた。
とにかく、ぐずぐずして様子を見に来られないように早く出さなければならない。
さっき母の顔を脳裏に焼き付けたのは、その顔に“顔射”する想像をして一気に出そうと思ったからである。
にっこり笑った母の顔を本当は汚したくない。
しかし良心の痛みがあればあるほど興奮するのは今まで書いてきた通りだ。
良心が痛むように、オレはわざと母の顔を脳裏に焼きつけたのだ。

母の笑顔と精液の滴った顔とを交互に頭に浮かべながら、オレは数秒で爆発しコップに迸らせた。
昨日に続き、またも痺れるような快感だった。
コップの底にはドロリと白濁がこびりついている。
昨日あんなに出したのに、結構量もあった。
嗅いでみると、まさに栗の花の匂いだ。

(この匂いでは気づかれるかもしれない・・・)

少し不安になりながら急いで肉棒をズボンにしまい、他の3つのコップと一緒に氷や水を入れてカルピスを作ってみると、嬉しいことにカルピスの甘い匂いに消されて精液臭はまったくしなくなった。

(よし、これなら大丈夫だ)

オレは4つのコップをトレーに乗せ、何食わぬ顔で茶の間に戻っていった。

「◯◯に入れてもらうなんて嬉しいわ」

「ホント、家にいるときは何もしなかったのにね」

頼もしそうにオレを見つめる3人の前にコップを置いていく。
皆、一斉に手に取った。
オレも自分のコップを口につけながら、さりげなく母を見守った。
母がニコニコしながらコップを口に持っていった。

(いよいよだ・・・)

オレのコップを持つ手はプルプルと震えだした。
期待感で胸が破裂しそうだった。
母はとても喉が乾いていたらしく、2口3口で飲み干してしまった。
しかも、まったく気づいた様子もない。

(お母さんが、お母さんがオレのものを飲んでくれた・・・!)

あまりの嬉しさにオレは心の中で叫んだ。
そしてその瞬間、オレは射精の感覚にも似た陶酔を覚えたのだった。

まったく、母親に内緒で精液を飲ませてしまうなんて、今から思うとひどいことをしたものである。
少し後悔もしている。
ただ、あのときオレは母の体内に刻印を刻み込んだような気がした。
母はオレのものだという思いが、今でもあるのである。