中学の頃の話なんですが、近所で仲の良かった友人Aの家に遊びに行ってました。
Aの両親は離婚して母子家庭で、母親は遅くならいと帰ってこないので、学校が終わると友達数人でAの家に行ってゲームをするのが日課になっていました。
おばさんとは何回か会ったことがありますが、当時30代半ばにしては綺麗で、とても魅力的な人だった記憶があります。
自分の母親と同年代でしたが、なんというか色気のようなものがプンプンしていました。
とは言っても中学生の私からすると30代の、しかも友達の母親なんて(綺麗な人だなー)くらいにしか見ておらず、いやらしい気持ちは微塵もありませんでした。

夏休みに入ってからは私はAの家が近いこともあり、ほぼ毎日遊びに行ってゲームをしたりプールに行ったりと夏休みを堪能していました。
当時は携帯なんてなかったので、家電にかけるか、前の日に約束するのが当たり前でした。

そんなある日、前日に「明日も10時に家に行くよ!」と約束していたので、時間通りにAの家に行きました。
平日はAの母親はいないので、いつも勝手に上がってAの部屋に行っていたのですが、その日はおばさんがいました。

「おはようございます。A、いますか?」

「あら、タカシ君。Aはさっき◯◯君とプールに行ったわよ」

(え?Aのやろー、僕が先に約束してたのに)

ちょっと怒りを覚えました。

「もしかして約束してたの?困ったわね」

おばさんは少し困ったような表情をしたあと・・・。

「お昼ご飯には帰って来るだろうから、それまでAの部屋で遊んでたら?」

と、提案してきました。
私の家は裕福な方ではなかったのでゲームなんて買ってもらえず、Aの家でしか出来ません。
しかも、いつもは友達数人と交代でやっているのを、2時間とはいえ1人で遊べると思うと、こんな嬉しいことはありません。

「いいんですか!ありがとうございます。じゃあAの部屋でゲームしてもいいですか?」

「もちろんよ。あ、カルピス飲むでしょ?」

「はい!ありがとうございます!」

Aへの怒りはすっかり消えて、むしろ感謝しているくらいです。

(やったー!A、出来るだけゆっくり帰ってこいよ!)

そう思うほどでした。

見慣れたAの部屋に入って早速ゲームをはじめます。
1人でゲームをやっていると、おばさんがカルピスを持って来てくれました。

「ありがとうございます。いただきます」

「どうぞ。ねぇ、これっておばさんもやってみていい?」

「あ、一緒にやりますか?でも、おばさん出来るの?」(←ニヤニヤ)

明らかに初心者のおばさん相手に、“俺ってつえええ!”が出来る気がして、ちょっと挑発してみます。

「あら?じゃあ勝負してみましょう!」

笑顔で言ってくるおばさんに、ちょっとドキッとしたのを覚えています。
その時のAのお母さんの格好はノースリーブに短めの短パン(女の人が部屋で着るやつ)でした。
案の定Aのお母さんは下手で、何回やっても私が勝ちます。

「くやしーい!でも結構ゲームも楽しいのね。ありがとっ」

またドキッとする笑顔で微笑むおばさんに急にドキドキしてきました。
当時はまだ子供部屋にエアコンはなく扇風機だけだったので、だんだんと暑くなってきます。
おばさんも少し熱いみたいで上着をパタパタをさせながら話しています。
時々青っぽいブラジャーが見えて私の愚息が反応します。
おばさんは中学生の僕なんかに興味はないのか、それとも誘っているのかわかりませんが、胡坐をかいています。
短パンなので中までは見えませんが、僕はおばさんの股間ばかりチラチラ見ていたと思います。
やっとそれに気づいたのかおばさんが・・・。

「タカシく~ん、どこ見てるのかな?この~!」(←ニヤニヤ)

足を閉じながらコツンと頭をつついてきました。

「あ、いや、えっと・・・」

たぶんびっくりするくらい顔が赤かったと思います。
もうそうなるとばつが悪くて、急いでその場から退散したい気持ちでいっぱいでしたが、愚息がビンビンだったため立ち上がることも出来ませんでした。

「まぁタカシ君くらいの時は多感だから仕方ないわよ!でも、こんなおばさんの下着なんか見ても楽しくないでしょ?」

おばさんがちょっとからかうように言ってくるので・・・。

「そ、そんなことないです!えっと・・・おばさん、その・・・きれいだし」

なんでそんなことを言ったのか覚えていませんが、たぶん本心だったと思います。
するとおばさんは急に真面目な顔になって、僕に近づいてきました。

(え?何?怒った?まずい・・・)

僕がハラハラしていると・・・。

「ねえ、おばさんの下着、本当に見てみたい?」

まさかの誘惑!

「み、見たいです!」

「じゃあAには内緒よ?ふふっ」

そう言ってAのおばさんはノースリーブの上着をずらしてくれました。
今でも鮮明に覚えていますが、薄い青色のブラジャーでした。

(ごくりっ)

母親以外の下着を見たことがなく、しかも目の前で見せられたので生唾を何度も飲み込むほど興奮していました。
もちろん愚息ははち切れんばかりに勃起しています。

「こっちも見たい?」

妖艶な口調で短パンに手をかけます。
おばさんはニヤニヤしながら短パンを脱いでいきます。
僕の心臓は壊れるんじゃないかというほどバクバクと激しく脈打っています。

「ほら、下着だけになったわよ。こっちにいらっしゃい」

手招きをしてきます。
僕は言われるままおばさんの近くまで行きました。

「どう?」

「えっと・・・すごいです」

近くで見るとおばさんの胸元は少し汗ばんでいて、それが余計にエロく見えます。

「おっぱい触ってみる?」

すぐにでも触りたい気持ちはあるのですが、中学生の僕には刺激が強すぎる上に恥ずかしさで返事が出来ずにいました。

「ふふっ。遠慮しなくていいのよ。ほら」

おばさんは僕の手を掴むとそのまま胸に押し当てます。
緊張しながらブラの上から擦ってみます。

「中から触ってもいいのよ?」

恐る恐る谷間の方に手を動かしてブラの中に手を入れます。
初めておっぱいを揉んでみました。
初めてのおっぱいは思ったよりも固い?・・・弾力があると言った方が正しいですね。

(おっぱいってこんな感じなんだー)

そんなことを考えながら手を少し奥にやると、コリッとしたものが指に触れました。
その瞬間、おばさんが「はぁ~ん」と声を出しながらビクッとなりました。
僕は一瞬、何か痛いことでもしたのかと思って手を引っ込めて謝りました。

「ご、ごめんなさい」

「うんん、謝らなくていいのよ。そこをもう少し触ってくれる?」

おばさんの顔も少し赤かったような気がします。
僕は言われるまま、もう一度乳首に手を伸ばしました。

「んんっ・・・アッ。ハァハァ。ハァン」

おばさんは目を閉じて甘い声を出しています。
僕はそれが性的な意味ではなく単純に面白くなり、逆の乳首も弄ってみました。

「アアアァンッ!!」

さらに体をビクンッとさせるおばさん。
これはエロいことなんだと思いながらも、おばさんの反応が面白くて、抓ってみたり指でコリコリしてみたりして遊びました。

「はぁはぁ・・・タカシ君。次はこっちも触ってちょうだい」

今度は僕の手を自分の股間に誘導するおばさん。
なんとなくおっぱいには興味がありましたが、女性の股間に関してはあまり知識がなく、オシッコをするところという認識だったので、ちょっとびっくりしました。

「こ、ここを触るの?」

「そうよ。ここを触られるとおばさん嬉しいの」

内心嫌でしたが断ることも出来ず、パンティーの上から股間を撫でてみました。
サテン生地というのでしょうか、おばさんのパンティーはツルツルした感じの生地で、触っているのが心地よくて何も考えずに股間を撫で続けます。
おばさんは乳首を触っていた時よりもビクッとなったり、ハァハァという吐息が大きくなっています。
しばらく撫でていると、ある場所を触った時におばさんがビクッとなることに気付き、僕はそこを重点的に撫でてみました。
思った通り、おばさんは体を震わせながら、「あぁ・・・あンッ、やっ・・・アッ」とさらに声を出します。
その過程でパンティーが湿っていくのを感じ、(うわっ、おばさんオシッコしちゃったかな・・・)と思って引きました。

「タカシ君、パンツの中から触ってちょうだい」

そう言われた時は心の底から、(マジかよ・・・)と思ったのを覚えています。
でも断ることも出来ず、しょうがなくパンツの中に手を入れます。

(!!!!!)

おばさんのパンティーの中はびしょ濡れで、本当に漏らしていると思いました。

「お、おばさん、オシッコ出てるよ」

「これはオシッコじゃないのよ。女の人はエッチなことを考えたり気持ちいいとお汁が出てくるの。タカシ君もエッチなこと考えるとオチンチンが硬くなるでしょ?それと同じなのよ」

確かに僕の愚息は先程からずっと勃起したままです。

「もう少し下を触ってごらんなさい。優しくね」

そう言うので手を少し奥(アナル側)に突っ込むと、指がにゅるんっと入っていきました。
おばさんの中はすごく熱くてトロトロした感じでした。

「ハァハァ・・・そうよ。そこに男の人のオチンチンを入れるのよ」

そう言うとおばさんは体を起こして僕の勃起した愚息を掴みました。

「ほら、タカシ君もエッチなことしてるから硬くなってるでしょ?」

そう言いながら短パンの上から激しく動かしてきます。
まだオナニーもしたことがなかった僕は快感が凄まじくて、「あああああ」と声を出してしまいました。
おばさんはニヤっとして僕のズボンのボタンを外してきます。
もう何がなんだかわからない僕はされるがまま。
おばさんにズボンを脱がされてトランクス一丁になった僕の愚息は、これでもかというほどビンビンでした。

「あら~、タカシ君凄いわね。こうするともっと気持ちいいわよ」

一気にパンツを脱がされました。
僕は恥ずかしくて手で隠そうとしましたが、「だ~め」とおばさんは手を退けると、ビンビンになった僕の愚息を直接握ってきました。

「まだ剥けてないから優しくするわね」

そう言うと、握っていた手を上下に動かします。
あまりの気持ちよさに放心状態の僕。

「ふふっ、ほら気持ちいいでしょ?ちょっと待ってね」

そう言うとおばさんは一旦手を止めて、ブラとパンティーを脱ぎました。

「タクシ君のこれをおばさんのここに入れてみよっか?」

僕を寝かせると、そのまま跨がってきました。
私は何をされるのかわからず、興奮よりも恐怖の方が大きかった気がします。
おばさんは僕の愚息を握ると浮かしていた腰をゆっくり下ろしてきました。
愚息が何かヌルッとしたものに触れたかと思うと、にゅるっと温かいものに包まれました。

「んっ・・・ほ、ほら入ったわよ、ハァハァ・・・」

僕はあまりの気持ちよさに放心状態。
おばさんはゆっくりと腰を上下に動かしたかと思うと、突然奥まで入れて今度は横に腰を振ってきました。
今までのも気持ちよかったのですが、これは本当にやばかったです。

「お、おばさん、何かチンチンからオシッコが出そう」

「それはオシッコじゃないからそのまま出してごらんなさい」

まだ夢精もしていなかった僕はこれが射精だということも分からず、本気でオシッコが出ると思っていました。
そして愚息が大きく膨らんだと思うと、ビュッビュッと何かが出てきます。
これが本当に気持ちよくて・・・。

「ああああ・・・」

僕は情けない声を出してしまいました。

「ハァハァ、タカシ君もこれで大人ね」

おばさんは僕の頭を撫でながら優しく抱き締めてくれました。

その後、なんとなく会うのが気まずくなって、だんだんと疎遠になりましたが、今はすごく後悔しています。
それがきっかけなのか、それからの僕は年上、しかも自分より15歳以上離れた女性ばかりが恋愛対象になってしまいました。