中学の夏休みのときにエロい体験をしました。

家族と親戚とで海に旅行に行きました。
海から上がって民宿の部屋に行くと、小さい子は昼寝をしだして、親戚の叔母さんが四つん這いになってタオルをかけたりしてました。
叔母さんはノーブラワンピースの無防備な姿。
胸の中はもろ見えで、巨乳がぶらぶらと揺れていました。
僕が覗き込むように見ていると、くすっと笑って「どこ見てるの?」と言うので、慌てて寝たふりをしました。
でも勃起してて我慢できず、しばらく短パンの上から触ったり、横からチンチンを出して弄ってると、添い寝してるはずの叔母さんが見てたんです。
それに気づいて慌ててたら、叔母さんは「ふふ」と小声で笑って、声を出さないで『おいで』と言って立ち上がりました。
お母さんたちは寝てたので、僕はそっとついて行くと、そこは洗面所でした。

「勃起して眠れないのね」

叔母さんは笑いながら僕の短パンを脱がせました。
水着から着替えたとき、僕は短パンを直に穿いてたので、ピンピンのチンチンがもろ出しです。
恥ずかしくて両手で押さえたら・・・。

「隠さなくていいの」

僕の手をのけて、石鹸を手につけて洗ってくれました。
すごく気持ちよくって僕は初めて射精しました。
精通が叔母の手コキだったんです。
僕がハアハア言ってたら・・・。

「気持ちよかった?」

叔母さんが僕の顔を覗くので、「うん」と言い、初めて出したと言うと・・・。

「うわぁ、責任感じちゃうなあ。でもまだ立ってるんだね。元気だー」

そう言って手で弾いたりしました。

「ね、おいで」

ついて行くと、鍵を掛けて入るお風呂でした。
誰もいないので鍵をして、叔母さんはどんどん脱いで裸になりました。
当時、叔母さんはお母さんより4つ下で38歳でした。
おっぱいがすごく大きくて、お母さんみたいに垂れてないし、乳首もきれいでした。
また出そうになったので必死で押さえて我慢してたら、叔母さんは・・・。

「いいのよ、おいで」

そう言うと寝転んで、僕を上にして抱き締めてきました。
柔らかい体で、すごく気持ちよかったです。
思わずおっぱいを吸ったら・・・。

「いいわよ、もっと吸って!」

抱き締めて僕の顔を押し付けて、手でおっぱいを揉ませました。
そして片手で僕のちんちんを探して、あそこに入れてくれました。
ぬるっとした感じで、根元まで全部入ったら・・・。

「あぁー」

叔母さんが気持ちよさそうに仰け反ってお尻を動かすので、僕は我慢できなくて・・・。

びゅ~~!

激しくザーメンが出ました。
出しても勃起したままだったので、僕も腰を動かして結構激しくエッチをして、何度もおばさんの中出しました。
精通して、すぐに童貞を捨てた素敵な思い出です。
筆おろしをしてくれた叔母には一生頭が上がらないと思います。