俺は中3の男子。
付き合って2週間の彼女がいる。
中3の美穂。
ハッキリした顔立ちで、身長は155センチくらいで細身。
胸はB寄りのAカップ。
髪は肩にかかるくらい。
すべてが俺のタイプだ。

ある日、学校終わりにデートしようということになって、デート場所は、親が遅くまで帰らない俺の家の部屋に決まった。

美穂「お邪魔します」

俺「どーぞー、好きな所に座って」

美穂が俺のベッドに座った。
俺も隣に座って、しばらく友達のカップルの話などしていたらムラムラしてきて、美穂の肩に手を回してディープキスをした。

美穂「んっ、んっ・・・」

これまでにもキスはしていたが、ディープは初めてだったので美穂は驚いていた。
キスをしながら制服(冬服)の上から胸を触ると・・・。

美穂「あっ、ちょっと・・・」

怒ったのかと思ったら顔を真っ赤にして恥ずかしがっていた。
それを見た俺はさらにムラムラし、制服のボタンを外して上着とシャツを脱がした。

美穂「えっ、エッチするの?まだ付き合って2週間だし早いよ」

拒まれたが、ここでやめるなんて無理だ。

俺「・・・我慢できない。同じクラスの吹奏楽部の2人は付き合った当日にセックスしたらしいよ」

そう言いながら美穂の膝の高さのスカートを剥ぎ取った。

美穂「いやっ・・・そんなこと言われても・・・」

白のブラジャーとパンツを手で隠しながら言う。
俺も全裸になって美穂を押し倒し、覆い被さった。
美穂は身を固くしているが、俺は美穂の足を広げてブラジャーとパンツを脱がした。
控えめなオッパイと、まだ誰とも遊んでいないマンコが見えた。
しばらく美穂の生の胸を揉みしだいて正常位で挿入を試みた。

美穂「それだけは本当にダメ・・・ゴムもないのに」

俺「お願い、絶対に外に出すから」

そう言って美穂のマンコに生のチンポを挿入した。

美穂「ダメっ、痛い・・・」

膣の奥まで挿入してゆっくりピストンした。

俺「はぁはぁ、気持ちいいよ。美穂、愛してる」

少しずつピストンを速くしていく。

美穂「あ、あっあっあんあんあんああん」

美穂も感じているみたいだ。
それから15分くらいピストンしていると射精感が込み上げてきた。

俺「あっ、イク、イキそう。中に出していい?」

美穂「えっえっ!?外に出すって言ったじゃん!抜いて、抜いてよ!」

構わずピストンを速くしていく俺。

俺「もうダメ。中に出すよ」

美穂「ダメっ、絶対にダメ!赤ちゃん出来ちゃう!あっあっあん!!」

俺「あぁぁぁぁぁあ、あ、あ、あ」

俺は美穂の奥に中出しした。

美穂「本当に中に出したの?」

俺「ほんとにごめん。美穂が魅力的すぎて・・・」

結局、美穂は許してくれたが、お互い高校3年生になるまではセックスしないと約束させられた。