初めて配属した田舎の営業所でした。
私は技術系でしたが、職種に限らず新人は全員2年間、田舎で営業を経験させられました。

その田舎町で好きになった、由里という同い年の女性がいました。
由里は特に美人ってわけではありませんが、田舎臭い愛くるしい顔が可愛くて、なんだか笑顔になっちゃう、そんな雰囲気がとても好きでした。
あと半年で、この街を去るという頃、彼女と2人きりになる機会がありました。

「亮二君、あと半年でいなくなっちゃうんだね。なんだか寂しいな・・・」

「俺も、由里さんと仲良くなれたのに、残念です」

「本当はね、好きだったりしたんだよ。でも2年でいなくなるからって・・・哀しい思いするのわかってるから・・・あ、ごめんね。気にしないでね」

「なんだ・・・両想いだったんだ・・・」

「えっ・・・」

残り半年、でも抑えられない気持ちが募って、由里は私のアパートにやって来ました。
24歳同士、キスでお互い初めてではないことを悟り合いました。
シャワーを浴びてベッドへ。
由里は結構ムッチリしたエロ体形でした。
乳首を軽く舐めただけで身を捩って感じまくりました。
オマンコのビラは、向かって左側は赤く、右側は端がやや紫になりかけていました。
クンニにグッショリになって・・・。

「早く・・・」

由里にせがまれ、生のまま挿入しました。
大きくグラインドをしたら、もの凄い声で喘ぎ始め、1分くらい普通にピストンしただけでイッてしまいました。
体がビクビク痙攣してたので、「感じやすいんだね」と言ったら・・・。

「だって、ずっと好きだった人に抱かれたんだよ・・・」

由里は泣き顔になってました。

少し休んでと思ってベッドを離れようとすると腕を掴まれて仰向けにされ、騎乗位で腰を振られてしまいました。
ラブホならまだしも、場所は私のアパート。
隣に聞こえるほどの喘ぎ声で、由里は乳房をブルンブルンさせて髪の毛を振り乱し、またイッてしまいました。
その由里を仰向けに寝かせて正常位でガンガン突き、仰け反る由里のお腹に射精しました。
この日以来、由里は毎週末やって来て、私に抱かれて何度もイキまくっていました。
職場での純情そうな由里と週末の淫乱な由里、そのギャップに萌えました。

半年後、最後のセックスは、引っ越し荷物をまとめてしまったのでホテルに行きました。
由里は泣きながら喘いでいました。
正常位、バック、続く騎乗位では号泣しながら腰を振る由里を見上げて私も泣けてきました。
泣きながらピストンのスピードを上げると、由里は白目を剥いてイキました。
まだ果てていない私は、最後は正常位で由里を抱き締めながらキスして、ギリギリまで耐えて由里のお腹に精液を撒き散らしました。
お互い汗びっしょり、ボーッと中を眺めて余韻に浸っていました。

身支度を整えた由里をロビーまで見送りました。

「由里さん。明日は、同僚として見送って下さい」

「うん。さようなら、亮二君・・・」

ホテルを出て行く由里の後ろ姿は、やがて涙でぼやけて見えなくなりました。
そして翌日、私は花束をもらって、みんなに見送られて田舎の営業所を去りました。

その後は、本社の技術部で専門分野に取り組んでいます。
そして本社で出会った女性と、私27歳、妻24歳で結婚して10年が過ぎました。
妻とも充実した性生活を営んでおりますが、今でも時々思い出すのは由里とのセックスです。

妻は上品でしおらしい恥じらいにまみれたセックスをします。
快楽に耐え切れず漏れる喘ぎは、それはそれでいいものですが、由里の解放された淫らなセックスを時々思い出します。
イキまくる由里を見ながらギリギリまで耐えて射精するとき、一度の射精で出る精液の量は尋常ではありませんでした。

清純そうな由里が魅せた淫乱な姿・・・。
あんな田舎であれほどの性感を得た由里が、じつは営業所長の愛人だったという噂を本社で聞きました。
営業所の隣にある街のSMホテルから出てきた所長と由里の目撃者が本社にいたのです。
イキまくった後、余韻を楽しむ由里の陰りのある表情は、中年男性に仕込まれたどうしようもない淫乱を恥じていたのかもしれません。
若かったというのもありますが、またあんなセックスがしてみたいです。

会社の机の引き出しを整理していたら、由里とのツーショット写真が出てきました。
田舎臭い愛くるしい顔が可愛くて、とてもあんな淫らなセックスをするようには見えません。
その写真を見ていたら由里とのことが思い出されたので、文章にしてみました。

あれ以来、由里とは再会はしていませんが、37歳の由里はまだ可愛いでしょうか。
清純な純情顔で、幸せなお母さんをしているのでしょうか。
叶うならば、そんな由里の姿を遠くから、そっと眺めてみたいと思ってしまいます。