腐女子の姉とバイの僕の話。

僕は中学生で、あるとき女の子だけではなく男も好きになれると気がついた。
そして男の人とエッチしたいという気持ちから、ついネットで知り合ったおじさんとエッチをしてしまった。
フェラは不快かと思ったが案外好きな味でハマってしまい、長時間行なった。
2回ほどおじさんはイッたにも関わらず、とても性欲が強く、アナルを開発されて何度も何度も中出しをされた。
最初はやさしそうだったおじさんは、ぐったりしている僕の写メを何枚も撮影して拡散すると脅し、またセックスするように強要された。
そして、おじさんとと何度も会ってフェラをしたりアナルに挿入されたり、手コキや電マでイカされたり、フェラされたりをされたり・・・。
それが3ヶ月ほど続き、その後はさらに目隠しや拘束器具で拘束されてさらに長い時間されたりしているうちにメスイキも出来るようになった。
僕は強要されたにも関わらず、次第におじさんに調教されるのが楽しくなっていた。

結局、1年ほど続いたが、あるときから急にメールに返信が来なくなり、突然その関係は終わりを迎えた。
おじさんに恋愛感情とかは一切なかったので悲しいなどはなかったが、性欲が発散できないのでムラムラが溜まっていった。

そんなあるとき、姉の部屋で漫画を借りていた時に、BL漫画や過激なBL同人誌などが奥から出てきた。
ご飯も終わり部屋でゆっくりしている姉に、「本棚の奥にある、あの男同士の漫画は何?」と問いただしてみた。
すると姉は恥ずかしがりながら、「ママには言わないで」と頼んできた。
僕は色々考えた結果、姉に「この漫画みたいに僕も男が好き」と告白した。
とても驚いていたが、そこは腐女子の姉。

「それって、男同士でエッチとかしたってこと?」「彼氏はいるの?」など、興奮気味に質問をしてきた。

僕はそれに素直に答えて、ついおじさんに調教されていた話までしてしまった。
姉は弟である僕の目の前で、パンツの中に手を入れてオナニーをしながら僕の話を聞いてきた。
別に完璧なゲイでもなく、姉とは言え目の前でオナニーしている女の子がいるという状況に僕は興奮して、「ねーちゃんがオナニーなんかするから興奮しちゃったよ。舐めるくらいしてよ」とお願いをした。

「これから私の言うこと何でも聞いてくれるなら」

条件をつけられたが、我慢できずに「わかったから!」と言うと、姉は僕にフェラをし始めた。
姉は舌が長く、おじさんよりも気持ちよくてすぐにイッてしまった。
それからは、姉の前でお尻でオナニーする様子など見せたりする代わりに、溜まったらフェラをしてもらうようになった。

そんなあるとき、いつもは頼まないと何もしてくれない姉が、朝から部屋に入ってきて、布団に潜り込んで、ズボンを下ろして自主的にフェラをしてくれた。
姉はなぜか上機嫌で、「サービスだぞ!」と言い、いつもは嫌がって触らせてくれないおっぱいを触らせてくれたり舐めさせてくれたりした。

(もしかして、フェラを続けているうちに弟の僕に好意が芽生えたか?)とか思ったが、全く違った。

親が出かけた後で、家に姉と同い年くらいの知らない高校生くらいの男の人が入ってきた。
そして姉に言われた。

「何でもするんだよね?この人、うちのクラスの友達なんだけど本物のゲイなんだって!クラスでこっそり色んな人に聞いたりして探してたら本当に見つかったんだ!」

その後に続けて、「この人とエッチして」と衝撃の発言。
あとから聞いた話だが、ゲイという噂のあったクラスの男子に問いただしたところそれを認めたため、弟である僕の写メを勝手に送り、生でエッチする光景を見せる代わりに弟を好きにしていいと言ったらしい。

あまりにも唐突だったが、その姉の友達は童貞で僕がタイプらしく、興奮してちんこをビンビンにしていた。
姉の無茶な話に困惑していた僕だったが、姉の友達のちんこの大きさの衝撃でどうでも良くなった。
前にしていたおじさんは14センチほどで、小さいとは言わないがそれなりだったのに対して、18センチはあるであろう反り返った立派なモノだったからだ。
姉の前だったが、約1年ぶりに見る生ちんこ。
それも初めて見る大きさに興奮して、急いでトイレのウォシュレットでお尻の中を洗った。
そして姉のベッドに座っている姉の友達のちんこを舐め始めた。
姉の友達は荒く息を立てるだけでされるがままだったが、姉は「いいね~」など感想を述べていた。
少しうるさいが無視していると・・・。

「もっと激しい方がいいんじゃない?ほら、こいつのことをオナホだと思って!」

姉はそう友達に言った。
すると僕は頭を掴まれてイラマチオ状態になった。
喉に当たって気持ち悪くなりながらも耐えていると、奥に押し込まれたまま精液を注ぎ込まれた。
はぁはぁ言ってるだけの友達に対して姉は、「ほら、全部飲んでよ?」など横からずっと茶化してきた。

僕はベッドの上で自らM字開脚をしてお尻を広げ、「挿れてください」と頼んだ。
友達が頷くと、大きなちんこがゆっくりと着実に中に入ってきた。
おじさんよりも奥に届き、激しい腰振りに耐えられず、僕も荒く息を立てていた。
姉はそれを携帯で撮りながらオナニーしていた。
四つん這いに体位を変えて何度も挿入されていると、姉はオナニーを終えた。
そして、「まだまだ刺激が足りないでしょ?」と言い、お尻に挿入されて感じている僕のちんこを掴むと、激しく手コキをしてきた。
中からも外からも刺激され、たまらず僕は女のように喘いでいた。
それから3時間後、ぐったりしてお尻から精液が溢れている僕を姉は撮影すると・・・。

「お疲れ様!またやろうね」

そう言い放った。

その日から定期的に変則3Pみたいな行為が続いた。
もちろん姉は前にも増してスケベになり、いつでもフェラをしてくれるようになった。