60歳の伯母『さと子』が博多から旅行でやって来て、俺の家に泊まることになった。
俺は20代だが熟女好き。
ワンルームの部屋にたまに熟女のホテトルを呼んで性欲を満たしていた。

さと子は普通に地味だがムッチリ系の小柄なおばさんタイプ。
外で酒を飲み、一緒に帰宅。
さと子はすぐにテレビの横に置いてあったDVDを見つけ、「これエッチなんでしょ?」と再生した。
40~50代の熟女3人分の入った無修正DVDを観ながら、「すごい、丸見えじゃない。こんな年の女の人を見て興奮するの?」と言うので・・・。

「エッチな熟女に興奮するんだよ。俺もう勃ってるよ」

パンツを下ろしてビンビンの勃起を見せつけた。
じっと見つめながら固まっているさと子の手をとって勃起を握らすと、ゆっくり指を上下しだした。
やがてさと子は指の動きを速め、舐めて唾をつけ、手のひらに唾を垂らしてヌルヌルとしごいてきた。
たまらず「口でしてよ」と言うと、淫らにベロ~っと舌舐めずりして唇を濡れ光らせながら、ブチュブチュと音立ててチンポをしゃぶり始めた。
肉厚の唇をめくらせながら舌を絡めて出し入れを速め、粘っこい唾に濡れまくる感触がたまらない。

「出ちゃうよっ」

口走ると、「あふっ、あはんん・・・」と喘ぎながらたっぷり濡れた長い舌を思いっきり出して射精を受け止めてくれた。

もう夜中だったので、疲れていたこともあり風呂にも入らず、一旦は別々の布団に入ったが、興奮が収まらず、さと子の布団に滑り込んだ。
唇を吸いながら股間を弄ると・・・。

「そこはダメよ。お風呂に入ってないから汚いし、伯母さんのなんかダメだよ」

そう言って抵抗したが、パンティの中へ指を入れるとすでにヌレヌレ。
クリを触り、唇を貪ると思いきり舌を絡めてきて、「ああ、もうダメ、やだ、変になるぅ」と喘ぎながらキスを貪る。
明らかにイキそうになっているのが分かったので、あえて少し間隔を空け、何度も焦らすようにしていると・・・。

「そんなに意地悪しないで気持ちよくしてぇ」

とうとう催促してきた。
ぐっしょり濡れているパンティ脱がせようとすると、自分からデカ尻を浮かせ、指マンすると喘ぎが大きくなった。

「あぁ、あぁ、あっ、あっ、やだ、もうイキそうっ」

足を大きく拡げ、洗ってない濡れマンのツンとした酸っぱい匂いとチーズの匂いに超興奮して、夢中で吸いながら舐めていると・・・。

「あぁ、イクイクっ、あ、やだ、イク、いっくーん、あぁぁぁ」

伯母は顔を左右に振りながら大きく仰け反った。
俺もパンツを脱ぎ、我慢汁を垂らして勃起してるチンポしごきながらピンクの濡れマンに挿入しようとすると・・・。

「ええっ、入れるの?入れちゃう?入れたいの?絶対に内緒だよっ」

唇を舐めながら熱く囁く伯母。
ヌルヌルに濡れまくったマンコは熱く、すぐに根元まで入り、その状態で奥をゆっくり突き続ける。
と、またすぐに・・・。

「やだ、また、またイクっ、あぁ、あぁ、イクイクっ、イグーーーっ・・・」

私の肩をぐっと掴み、体を硬くしたかと思うと、ビクビクッと身を震わせた。
1回出していて酒も飲んでいたので、30分近く挿入を続けると、伯母は大量に発汗しながら3、4回続けてイッた。

「本気になっていいのぉ?燃えていいのぉ?」

「俺は本気だよ、俺のこと好き?」

「・・・好きじゃなかったらこんなこと・・・亭主ともしてないのに・・・」

「じゃあ付き合っちゃう?」

「・・・もうあんたの女よぉ~。ねぇ~女にして~」

「カラダの匂いも酸っぱくてエッチだし、キスも最高っ」

「ほんとに久しぶりなのよぉ・・・いいっ・・・いいわっ!好きっ・・・好きよっ」

「おばさんのおまんこ、濡れて締まってたまらないよ」

徐々に速度を速め、奥を突き上げる。

「おばさん俺もイクよ。マンコに出すよ」

「いやっ・・・さと子って呼んでぇっ」

「さと子ぉっ!好きだよ、さと子ぉっ」

「あはっ・・・!」

「あぁっ、もう出したいっ・・・さと子の中でイッていい?」

「来てぇっ!中に来てぇ~っ!遠慮しないでぇ!」

「さと子のおまんこ気持ちいいっ!」

「あっ、またイッちゃう!キスしながら中に来て~っ!!あぁ、イクイクっ、いっくーーん!」

唾と汗で酸っぱく匂う伯母の濡れた肉厚な唇と舌を猛烈に貪りながら、奥深くへ何度も何度も長い射精をして果てた。
伯母はムチムチしたカラダを汗で光らせながら・・・。

「すごいね、こんなに愛されたの初めてかも」

そう言うと、疲れたのか眠ってしまった。
カラダの匂いも濃厚に酸っぱ臭くて最高にエロい、還暦の伯母にハマっています。