「ふふ、またイキましたね、詩織さん」

「ま、また・・・私、イ・・・イカされて・・・」

妻が荒い呼吸を繰り返しながら答えている。
白い肌を火照らせ、全身玉のような汗まみれになり、股間を洪水のように愛液で濡らしながら。
絶頂の余韻に震えるあそこには、夫の俺のではない、佐々木の肉棒が埋め込まれている。
2人はすでにかなりの回数をこなし、妻は何度もイカされているようだ。
その証拠に詩織のお尻の下のシーツはグシャグシャになってしまってて、黒い染みが驚くほど広がっている。
きっと途中から撮影を始めたのだろう。

「お、お願いです。佐々木さん、もう許して・・・」

「許すって・・・僕は別に詩織さんのこと、いじめてるつもりはありませんよ」

妻の今の絶頂に佐々木は射精しなかったらしい。
ピクピクとうごめく膣肉の感触を楽しみつつ、余裕たっぷりに答えている。

「でも、嘘ついたじゃないですか。中には出さないって言ったのに・・・」

すっかり手足に力が入らない妻は、蕩けた顔を泣きそうに歪めて佐々木を見上げる。

「ちゃんと『中に出してもいいですか?』って聞いたじゃないですか」

膣内の肉棒をゆっくり抜き挿ししているらしく、時折妻が「フッ」とか「アッ」とか言っている。

「ダメだとは言わなかったですよね。ただ『気持ちいいよ~』って叫んでばかりで」

「だって・・・だって~」

「1発目が出されたときイッちゃいましたよね。中出しされたってのに」

「そ、それはそうだけど・・・」

「旦那さんに謝らないといけないんじゃないですか?浮気して中出しされたこと」

「ごめんなさい・・・私、あなた以外の人に中で出されてしまいました・・・」

何回もイカされた妻の身体は、しゃべるだけで甘い快感を呼び起こし、その声が震えてしまっている。

「今日はずっと詩織さんの中に出しますからね」

佐々木は詩織の浮気を弱みに使って再びピストンを開始した。

「そ、そんな・・・ずっとなんて・・・ああっ!ま、また動いてっ!」

膣奥にズンッと肉棒のうねりを感じて、僅かに収まっていた性感が跳ね上がる。

「んん~っ!お願いっ!ちょ、ちょっと休ませてっ!」

度重なる絶頂でトロトロに蕩けた膣内を、いまだ硬さを保ったままの剛直が行き来する。

「な、何回もイッたから中が敏感になってるの・・・だから休ませてっ!」

「おまんこが敏感になってるから止めてと言われて止める男はいませんよ」

佐々木は当然の言葉を言いながら、その敏感になった妻の膣内を亀頭で執拗に擦り上げる。
肉と肉が絡み合い、ジュブッ、ジュブッという卑猥な音を鳴らしながら愛液が飛び散っている。
佐々木はさらに詩織の身体を下から突き上げ、射精直前の肉棒で膣内上部を擦り上げた。

「ああっ!そこすごい敏感なの!ダメッ、またイッちゃぅ~!」

髪を振り乱してよがる妻の体がググッと弓なりに反っていく。

「僕のチンコじゃなきゃダメなんですよね?このくらいのチンコじゃなきゃ奥さんは満足出来ないんでしょ?」

「そ、そうなの・・・佐々木さんの大きなオチンチンでないと詩織・・・満足できないの!」

「詩織さんの子宮に精液を流し込んでもいいですか?」

「ほっ、欲しいです。佐々木さんの精液を私の中に注ぎ込んでっ!」

妻が佐々木に涙を浮かべながら懇願している。
だらしなく両脚を広げた体勢で佐々木の肉棒に貫かれながら、俺の妻が中出しをねだっている。

「ううっ、出ますっ!詩織さんもイッて下さいっ!」

「来てっ!私の中にいっぱい出してっ!」

佐々木が抽送のスピードを上げて叫ぶと妻は中出しを懇願した。
佐々木はぐうっと低く呻きながら、最後の一撃をずぶっと膣奥に抉り込む。
妻の頭がガクンと後に倒れ、なす術もなく開いた口からは絶叫に近い悲鳴が響いた。
言葉にならない悲鳴を繰り返し、詩織は逃げようのない絶頂に身体をよじっている。
妻が背中を弓なりに反らせた瞬間、佐々木の肉棒が膣内でビクンと痙攣した。

「イクっ、イッちゃうっ!」

次の瞬間、妻の中に熱い白濁液が迸った。
佐々木のチンコが痙攣するのに合わせて尻肉がビクッビクッとすぼまる。
俺の妻に独身で精液を溜め込んでいる佐々木の大量の射精が打ち込まれてる。
気持ち良さそうな佐々木と詩織の顔を見ると嫉妬心が込み上げてきてたまらなかった。

「やっぱ、イッてるときの詩織さんのおまんこは最高ですよ」

佐々木は妻のキュッキュッと脈打つ膣肉の締め付けを味わいながら、またも体内に放っていた。

「あぁ・・・また中に出されてる・・・熱いのが入ってきちゃう・・・」

快感で涙と涎を垂らしながら、詩織は呂律の回らない声で呟いている。
もちろん膣口からは、それ以上にだらしなく絶頂のヨガリ汁がダラダラと流れていた。
普段の生活では相手がいなくて精力の有り余っている佐々木は、これくらい射精しただけでは満足できないようだ。
2度の射精でも全く衰えない性欲を妻は身体の中で感じたようだ。

「そんな・・・まだそんなに大きい・・・佐々木さん、おかしいですよ」

「旦那さんとは違いますからね。それに詩織さんの身体が僕を興奮させるんです」

一度膣内から引き抜かれた長大な肉棒が精液と愛液に濡れて淫らに光る。
大きく反り返る竿の先の巨大な亀頭が、まるで獲物を狙う大蛇のように詩織を睨みつけている。

「恐い・・・何回したら満足してくれるの?このオチンチン・・・」

「さあ、何回でしょうね?とりあえずまた入れちゃいますよ」

そう言うと愛液と精液でテカッた肉棒を、完全に蕩け切ってしまってる割れ目に宛てがう。

「やだっ・・・もう入れないで!私おかしくなっちゃう!」

挿入されたら最後、身体は否応なしに反応してしまうのだろう。
だが、その拒む姿こそがどうしようもなく男を興奮させてしまうことを詩織は知らない。

「たまらないなあ、詩織さん。あと何回したら僕の女になりますって言ってくれるんですかね」

「そんなこと言いません。絶対言わないですから、あっ、ああっ!」

その願いも虚しく佐々木の逞しい剛直が妻の熟れきった肉壷にねじ込まれた。
くくっと切なそうに声を震わせる詩織。
だが身体の方は、亀頭が膣口を広げた瞬間、キュッキュッと震えて嬉しそうに吸い込み始める。
巨大な肉棒をたっぷりと包み込み、収縮しながら愛液を垂れ流す淫らな体。
自分の身体が自分のものでなくなる恐怖に怯えつつ、妻は心のどこかでその快楽を受け入れようとしているようにも見えた。
佐々木はぐったりとしている妻の腰を掴むと再び猛然と貫き始める。

(なんてやつだ、2回も射精したというのに・・・)

俺は佐々木の、まるで暴風が吹き荒れているかのような荒々しいセックスに圧倒された。
とてもあんな真似は出来ない・・・。
佐々木に対して妻を寝取られている嫉妬とともに、男としての敗北を感じずに入られなかった。

「これ以上イカせないでぇっ!私、もう戻れなくなっちゃうっ!許して・・・」

「もうとっくに戻れませんよ。旦那さんを裏切って僕とおまんこしてるあなたはねっ!」

佐々木は妻の身体だけでなく心までも犯すように、俺とは比べ物にならない激しさで膣内を掻き回す。
そのピストンを半狂乱になりながら悶え、受け止める詩織。
妻の身体が何度もビクビクッと跳ね上がる。
映像からは膣内がキュッと膣壁を引き絞り、脈打つ肉棒を根元から絡みとっているのが見える。

「あっ、あっ、お、おまんこがまた変になってきてるっ!だめ~!」

「くっ・・・奥さん、名器過ぎますよ・・・」

ぬめる膣壁に裏筋を執拗に擦られて、佐々木がさすがに弱音を吐く。

「名器とか言わないで。そんなの分からない・・・あそこが勝手にそうなってるの!」

まだいくらか幼さを残す美貌をグシャグシャに歪ませて、詩織が泣きながら喘ぐ。
上になったり下になったり、色々な体位で妻の身体を犯す佐々木。
好き放題に身体を楽しまれている間、妻は何度も絶頂を味わわされていた。

「何回出しても収まらない。奥さんの身体、今までで一番素敵です」

そんな佐々木の賞賛の声に返答することも出来ず、妻はただただ喘いでいるばかりだ。
そんな奴も、もう限界が近いようだ。
少し前からつらそうな喘ぎを上げながらピストンを続けている。
射精寸前の下半身をピクピク震わせながら、なおも妻を追い込もうと大きなグラインドを続けていた。
極限まで敏感になった膣肉で、肉棒の震えを感じ取り、妻の腰がガクンガクンとくねり始める。

「あ、ああああ・・・またイキそう・・・ダメなのに・・・イ、イクっ!」

「くおおっ、出るっっ!」

男を求めて貪欲にうねる膣肉に、佐々木は衝動を抑えきれず精液をぶちまける。
バックの体勢で後から激しく貫かれて、息も絶え絶えな詩織は佐々木の射精を敏感すぎる膣内で受け止めた。

「いや~ん・・・オチンチンがおまんこの中でビクビク暴れてるぅ~」

射精の瞬間、妻の尻に腰を密着させて最奥に打ち放たれる同僚の精液。
俺以外の男の射精を子宮に受け止める妻の身体は、ビュッビュッと放たれる毎に痙攣を繰り返している。
ビデオの中のでっぷりと肥えた佐々木に後から受精されている妻の裸身は美しかった。
まさに美女と野獣。
醜い野獣に犯される美しい妻を、目を皿のようにさせて見つめている俺は何なんだ?
ビデオの中の2人の絶頂と同時に、手も触れていないのにズボンの中の俺のチンコが爆発した。
ふうっとため息を漏らした佐々木が、まだ硬いままであろう肉棒で膣内をこね回す。

「はあ~ん、グルグルまわしちゃダメよ~。敏感になりすぎてるの・・・」

3回連続の膣内射精で腰が立たなくなっている妻が、恨めしそうに同僚を見つめている。
そしてぬぽっと引き抜かれた膣口からは、勢いよくゼリー状の濃い精液が飛び出した。

「はあ、はあ・・・」

妻はまだ放心状態で、緩んだ膣口から白濁汁が垂れてベッドを汚しているのも気付いていない。
膣内にまだ残っていた精液がゴプッと生々しい音を立てて妻の体内から溢れるのが見えた。
そんな詩織を放置して、シャワーから戻ってきた佐々木は妻に約束をさせている。

「もう戻れない・・・こんなの知っちゃったらもう戻れないよ・・・」

「なら、また僕と会いませんか?今度も奥さんのことを狂わせてあげますよ」

「今度もこんなにしてくれる・・・?」

妻がぼやけた視線でカメラの方を見つめている。
その顔は、俺には一度も見せたことのない淫らでスケベな人妻の顔だった。