俺は21歳のときに童貞卒業したんだけど、そのときの相手が出会い系で知り合ったJKだった。
正確には中学を卒業してJKになる直前だったらしい。
いわゆる無料の出会い系で、住まいが一緒ってことで俺が話しかけたら向こうもノリが良くて仲良くなって、1週間したらLINE交換までしてた。
顔がNGT48の荻野由佳に似てたから、仮に『由佳』と呼ぼう。

聞くと由佳は、俺が住んでるとこから車で1時間くらいの田舎に住んでて、1週間ほど前に卒業式を終えて暇してた時期だった。
由佳は今まで年上としか付き合ってたことがなくて、しかも相手は全員大人だったとかw
だから俺は恐る恐るエッチの経験があるか聞くと・・・。

「したことありますよ~。去年の夏に処女卒しました」

って明るく言ってきた。
そんで由佳は、「俺さんは彼女いますか?」って聞いてきたから、正直に童貞だと告白すると、「信じられない~」って言ってた。
接しやすいから、そんな感じが全くしなかったんだとか。
そんで話してるうちに由佳から衝撃の一言が・・・。

「私、俺さんの童貞を奪いたいかも(笑)」

正直、めちゃくちゃしてみたかった。
しかし相手はJKだし。

「奪って欲しいかも」と冗談半分で言ってみたら、後日会いましょうという話になった。

今振り返ると、由佳は当時すでに経験人数は5~6人だったらしい。
そして、かなり性欲の強い子だったのかも。

それから数日後、俺は由佳と会ってみることになった。
と言っても、最初からするつもりだったが・・・。
俺は軽自動車で約束のドラッグストアの駐車場に車を停めて由佳を待った。
すると5分後に由佳が来た。
由佳は写真でみるよりずっと可愛いかった。
ジーンズにコート姿。
身長は150センチあるかないかくらいで、かなりあどけなさが残っていた。

「今日はよろしくお願いします~!」

笑顔でそう言う由佳を見て、こんなに可愛い娘があんなにエロいなんて、世の中って恐ろしいと思ったもんだ。

その日は待ち合わせ場所から30分くらい離れたラブホに向かった。
ラブホに向かってる間は、学校の話や世間話をした。
そうこうしているうちにホテルに着いた。
海が見える比較的綺麗なラブホだった。
俺はもちろんラブホなんて初めてだったから、それだけで感動してたもんだ。
でもこれからJK相手に童貞卒業するのかと思うと、さらにめちゃくちゃ興奮した。

部屋に着くなり、とりあえず俺からシャワー浴びて、そのあとで由佳も交代でシャワーを浴びた。
シャワーを浴びた由佳は、備えのガウンに身を包んでいた。
恐る恐る「脱がしていい?」と聞くと、彼女は頷いた。
そして由佳は下着姿になった。
ピンク色の可愛いブラとパンティ。
由佳のおっぱいはCカップくらいだったと思う。

由佳は下着姿になると俺にキスしてきた。
中学を卒業したばかりとは思えない、舌を絡めてくるエロすぎるキスだった。
由佳は下着も脱ぐと全裸の状態で今度は俺のイチモツを舐め始めた。
初めての感触に俺は思わず喘いでしまった。
由佳は無言で俺のちんぽにむしゃぶりついた。
俺も負けじと由佳の乳首も舐めたりしたが、本人曰く、あまり感じない体質だとのこと。
それでも乳首をペロペロすると、それなりには喘いでいた。

前戯もそれなりにしたし、なにより俺のイチモツは完全に臨戦体勢だった。
ゴムをモノに付け、いよいよ挿入だ。
由佳をベッドに寝かせ、脚を広げてスタンダードポジションに。
入れる場所がよく判らなかったので、由佳に教えてもらいながら先っぽをおまんこの入り口に当てて一気に挿入すると、「んんっァ?」と由佳が吐息を漏らした。
俺の童貞がJKに奪われた瞬間だ。

由佳は完全に雌の顔になりながら頬を赤らめて感じていた。
下手くそなりに腰を動かしてみると、「アッん、気持ちぃぃ」と感じていた。
正直、フェラのほうが気持ちよかったのはここだけの話。
だが、由佳の大人の雌顔と未熟なロリ体型のアンバランスさに、言いようのない興奮を覚えていたのも事実だった。
そのまま4~5分くらいして、さすがに俺は射精した。
俺がイッたあとは、そのまま由佳と話したりイチャイチャキスしたりしていた。

その後、由佳とは連絡を取っていないが、あんなエロいロリっ娘と初体験できたのは、人生の宝物だと思っている。
それほどまでに彼女のエロさとあどけなさのギャップは衝撃的だった。