僕と彼女は大学4年で、大学で同じサークルに入っていた。
彼女は、顔は安めぐみ似で癒し系のお姉さんタイプ。
身長は160センチくらい、スリーサイズは上から91・60・88のFカップ。
顔はそこそこだが、そのスタイルの良さに参って、半年前から付き合い始めた。
そして2ヶ月前から僕のアパートで半同棲状態になった。

この正月、3日まで僕は実家に帰った。
彼女も3日まで実家に帰ると言って、僕と同じ日に帰省した。
実家に帰っても暇を持て余し、僕は2日の午後には予定を早めて都内に戻った。
アパートの鍵を開けると、玄関には男物のスニーカーと彼女のブーツが脱ぎ捨ててあった・・・。
その瞬間、頭の中が痺れたようになって、僕はその場に立ち尽くしてしまった。
相手は誰だか分からないが、彼女は僕のアパートに男を連れ込んでいる。
帰省した、というのもたぶん嘘だったのだろう。
僕がいない数日間、彼女と男は僕のアパートでいちゃつき続けていたのだ。

まず怒りが先に立った。
しかし、なんとか気持ちを落ち着かせた。

(男はまだ奥の部屋にいるに違いない)

僕は男の素性を確かめることにした。
彼女と男は居間にいるようだった。
僕は隣の薄い壁1枚隔てた押し入れに入って、壁越しにもろに聞こえてくる2人の会話に聞き耳を立てた。

男「ねー、またしたくなっちゃったよ」

彼女「しょーがないわね、もう今日は4回もしたのに元気なんだから~」

男「いいじゃん、こんな機会、めったにないんだから。K(僕の名前)が帰ってきたら、もうオレとあんまりできなくなっちゃうよ?」

彼女「別にいいんだけど、S(男の名前)って全部中に出しちゃうんだから」

男「いーじゃん。Kとは中出しやったことないんだろ?中で出されて悦んでたくせに。『もっといっぱい』とか言ってたじゃん、さっきも」

彼女「やめてよぉ。なんて言ったかなんていちいち覚えてないわよぉ」

男「そんなに気持ちいいんだ、俺とやるの。Kよりいいんだろ?」

彼女「あー、もうっ、それはやった勢いで言っちゃったの。黙んなさいよ」

男「ふーん、じゃあやーめた」

彼女「・・・え、な、なんで・・・?」

男「別に誰でもいいんだろ、お前」

彼女「えっ・・・そんなんじゃないってぇ」

男「じゃあ俺の方が気持ちいい?言わなきゃしてやんねえよ」

彼女「え・・・、ん・・・、うん」

それから激しいセックスが始まった。
間違いなかった。
男は今年サークルに入った、1年の『S』だった。
身長があって、サークルの女には最初から人気があった。
活動中、彼女に変に馴れ馴れしいので警戒はしていたが、彼女も口では嫌がっていたから安心していたのが間違いだった。

Sは彼女を犯している途中も、「Kとどっちがいい?」「R(彼女の名前)は誰の女?」とか、彼女を質問責めにしていた。
彼女も彼女で、「Sクンの方が気持ちいい」とか「Sクンのもの」とか「Kよりおっきくて気持ちいい」とか、Sを喜ばせるようなことを喘いでは、そのたびに感じまくっていた。
悔しいが、僕とのセックスでは1回イクかイカないかなのに、Sには1回のセックスで2、3回はイカされていた。

Sは夜の9時くらいに帰っていった。
僕はそれまで押し入れで2人のプレイを鑑賞していた。
結局2人はそれから4回もセックスをした。
悔しいが、結構興奮するもので、後輩と彼女のセックスで何度もヌいてしまった。

Sが帰った後、今帰ったふりをして玄関に入り直した。
彼女は驚いた顔で僕を出迎えて、「明日じゃなかったの?」と言った。

「お前に会いたくて」と言うと抱きついてきた。

試しに、「したくなった」とせがんでみたら、あっさり断られた。

「私も帰って来たばかりで疲れちゃったから」

そう言って彼女はすぐにシャワーを浴び始めた。