俺は23歳、S男。
高校時代の友達の彼女は職場の同期で23歳、M美。
ハーフ顔で色白、痩せ型。

この日、M美に、「彼氏の誕生日プレゼントを買いたいからちょっと付き合って」と誘われた。

待ち合わせ場所の駐車場に着くとM美からLINE。
『エアコンが壊れてるから車に乗せて!』とこちらに歩いて来るM美。
ショートパンツに白いノースリーブみたいなシャツ。
助手席に乗ると「暑いー」と言いながら、シャツのボタンを2つ開けてパタパタしている。
それ以前に、ショートパンツのまま座ったM美の生太股がたまらない。
思わず見入ってしまう俺。
パタパタされると、ピンクのブラジャーがチラチラと見える。
M美に会って数秒でドキドキだ。
バレない程度に生太股やブラチラを見ているわけだが、たまによそ見し過ぎて運転が危ういこともあった。
そこは自分で反省し、運転中は見ないことにした。

ショップに着き、2階への階段を上がる。
もちろん彼女を先に歩かせる。
俺は数段下から彼女の生足を堪能する。
お尻もプリプリしている。
友達の彼女だが、これはエロい。

プレゼントはなかなか決まらず、ショップは10軒ほど回っただろう。
俺は彼女の脚しか見ていないが。
そして最後の1軒。
床にディスプレイされている靴をしゃがんで見入る彼女。
その真正面に俺もしゃがむと、ショートパンツの隙間からブラジャーとお揃いのピンク色のパンティが見える!
一応ズボンだから見えないと思っていたので余計にエロく感じる。

ずっと見ていたくて、わざと少し離れた商品も見るように誘導し、足を広げさせる。
それはそれは完璧なM字開脚!
その後、立ち上がり再び歩き始めると、服は上に上がり、ショートパンツはローライズ状態に。
普通に歩いていても腰の辺りでパンティが見える。
しばらく堪能し、しかし他人に見られるのはあまり好きじゃないので、さりげなく彼女の身体を自分に引き寄せて服を下ろす。
それに気づいた彼女は、口パクで『ありがと』をしながらショートパンツを上げる。
高い商品棚に手を伸ばした時には、脇の部分からブラジャーが拝見できた。

プレゼントは決まり、今度は彼女の買い物に付き合うことに。
女性のショップなので、試着室近くにTバックなど派手な色や柄のパンティやブラジャーが勢揃い。
他の女性客が怪しそうに見るので恥ずかしかったが、俺には大役がある。
試着室でワンピースを着ようとしている彼女のファスナーを閉めなければならない。

そうこうしている間に彼女がそっとカーテンを開ける。
すると、お尻の半分近くまであるファスナー。
閉める時に、どうしても彼女のパンティが見える。
少し引っ張ってみると、ピンク色のTバックだ。
生尻も少し見える。
これが友達の彼女だからまたエロい。

(アイツとやる時もこんな下着なのかなー)と想像したりして。

ファスナーが上に上がるにつれて気づいた。
ブラジャーを外している!
彼女が俺の方を向いた時だった。
肩紐のないワンピースなので胸が大きく開いている。
そこから少し茶色い物がチラチラ。
彼女の乳輪だ。
それに気づかず、「どう?」と彼女。

「あー・・・いいんじゃない?似合ってるよ」と言い、思わず舐め回すように全身を見てしまう。

結局それをご購入。
彼氏の誕生日に着けるらしい。

彼女の買い物も終え、一息つくためカフェへ。
コーヒーを頼んだのだが、ストローを刺した時にアクシデントが。
彼女の太股にコーヒーが飛んだ。
俺は何も考えずにペーパーで彼女の太股を拭いた。
少し内股にもこぼれていたので、自然と足を開く彼女。
再度パンティは見えているが、少し手が股間に触れる所まで丁寧に拭いた。

帰り道、やはりどうしても助手席の生太股が気になる。
魔が差した俺は、思わず彼女の太股を素手で触ってしまった。
彼女が嫌がらないため、少し擦ってみる。

「ふふっ」とだけ笑う彼女。

内股へ手を滑らせチャレンジ!
彼女は自ら脚を軽く開いてくれた。

運転中なので事故っては危ない。
人気のない所で車を停める。
ショートパンツの隙間から手を忍ばせる。
マンコ辺りに触れると、すでに軽く湿っている。
友達に心の中で『ごめん』と謝りながら事を進める。

マン筋をなぞる。
そしてキス。
車の中で彼女は自らショートパンツを脱ぐ。
シャツも取る。
Cカップはありそうな真っ白で柔らかいおっぱい。
おっぱいを揉みながら、マン筋をひたすらなぞる。
少しずつ息が荒くなる彼女。
シートを倒すと彼女は四つん這いに。
Tバックを引っ張り、さらに細くする。
ブラジャーを外すと、ポロンとおっぱいが登場。
手マン開始。
息が荒さから喘ぎ声に変わる。

「あっ、あぁっ気持ちいいっ!」

そして挿入。
おっぱいはブルンブルン揺れ、マンコも締まりがいい。

「あん、あっ、イク・・・イクっ、イクー」

車の中で3回イカせた。
友達には申し訳ないが、セックスも上手くてスタイルもいい最高の女だ。

この事は絶対に言わないと約束し、ようやく帰ることに。
しかし彼女、下は何も穿かずにマンコ丸出しのままレザーシートに座る。
上はノーブラでシャツだけの格好。
乳首は浮き、透けている。
視線を下げると、整えられたお毛々と生足。
赤信号のたびに彼女の太股を舐めたり、手マンして感じさせたりして遊んだ。

ようやく待ち合わせした駐車場に到着。
彼女の車の隣につけ、彼女はノーパンのままショートパンツを穿く。

「下着は?」と聞くと・・・。

「今日は最高だったから、お礼に下着はあげる♪」

遠慮なく頂きました(笑)

それからは定期的にドライブし、カーセックスやラブホでセックスをしている。
だんだん露出度も増し、ノーパンでミニスカ、ノーブラでキャミ姿で登場することも多くなった。