僕は、高校の終わり頃から母とセックスをするようになりました。
受験前の大事な時期に、勉強の妨げとなる旺盛な性欲を、母の体を使って処理することで勉強に集中できるようにしてくれたのです。
僕は母のおかげで大学に合格できました。
そして東京に出てきたのをきっかけに、母とのセックスは終わりにしようと思っていました。
しかし新しい慣れない環境でストレスが溜まり、母とのセックスで癒されたいと思う気持ちが強くなってきて、結局、僕が東京に出て来て1ヶ月もしないうちに母に来てもらうことになりました。

約1ヶ月ぶりに見た母は新鮮で奇麗になったような気がしました。
母は玄関で僕の顔を見るなり目を丸くして・・・。

「佑ちゃん、どうしたの?いきなり電話で母さんを呼び出して」

母がそう言うのも無理はありません。

「すぐに出て来て」と、理由も言わずに東京に呼び出したのですから。

「ごめん、東京で暮らし始めたら無性に母さんに会いたくなったんだ」

そう言いながら、僕のペニスがみるみる大きくなっていくのが分かりました。

「母さん、早くドアを閉めて中に入ってよ」

母の荷物を取って傍に置きました。

「そうね」

母が後ろ向きに内鍵を閉めているとき、僕は久々に母の大きなお尻を見て我慢できず、背後からそのお尻を触りました。

「実を言うと・・・母さんと久々にやりたくなったんだ・・・」

僕は白状しました。

「えっ・・・それで母さんを東京まで呼び出したの?」

振り返った母は微笑んでいました。
僕は母を玄関のドアに立たせたままスカートを捲り、パンティを脱がせ、露わになった母の性器を夢中で舐め始めました。

ペチャ、ペチャ・・・。

いやらしい音が玄関に響いていました。
僕は両手で母の性器を開き、クリトリスから尿道口、そして膣口と舌先で丹念に舐め回しました。
母も気持ちが良くなってきたのか、「はぁ・・・はぁ」と少しずつ息遣いが荒くなってきました。
膣穴に舌先を挿入すると母がガクッと膝を落としてきたので、僕は一旦立ち上がってジャージを脱ぎ、ドアを背中にして立ったままの母の性器に勃起したペニスを宛てがいました。
僕は久々の母の膣穴の感触を確かめるように、母の膣穴にゆっくりとペニスを挿入していきました。
母の膣穴の穏やかな締め付けを心地よく感じながらピストンを始めると、徐々に母も腰を前後に動かしはじめました。
僕は母との1ヶ月ぶりのセックスに燃えるように激しく腰を使いました。

「母さん、出すよ・・・」

「来て、佑ちゃん・・・」

と言う母の声が聞こえたのと同時に、ドク、ドク、ドク、ドク・・・と母の子宮をめがけて久しぶりの射精を果たしました。

玄関先で服を着たままセックスをしたあと、母と2人で浴室に行きシャワーで汗を流しました。
久しぶりに見る母の裸は白くて眩しいほど綺麗でした。

シャワーを浴びた後、タオルを巻いた母の手をとって部屋に行き、母を寝かせると抱き締めて唇を吸いました。
母も僕の唇を吸い返し、舌を絡ませ合いました。
僕は片手で母の背中から柔らかい張りのあるお尻を揉みました。
目を閉じて舌を絡ませてくる母の表情が僕をさらに興奮させました。
僕はキスをしながら母の胸に巻いたタオルを外しました。
重量感のある、つんと上を向いた乳房に、くすんだ色の乳輪と太目の乳首。
下腹には黒い陰毛がありました。
僕は舌を母の唇から、うなじ、そして乳房へと這わせ、乳首を口に含み、舌先で転がしました。

すると母は、「あっ・・・」と声を上げ、そのあと「いけない、お隣に聞こえちゃう」とつぶやき、自分の手で口を塞ぎました。

僕はそんな母の仕草を見てさらに興奮して、おへその周りを舐め、さらにその下の母の陰毛へと舌を這わせました。
母の足を開き、股の間に顔をうずめ、ゆっくりと、そして徐々に激しく母の性器を舐め回しました。
母の両足を持ち上げ、お尻を出させてアナルの周りを舌でつんつんと刺激すると・・・。

「ぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・」

母は顔を左右に振って、必死になって声を我慢している様子でした。
僕は片手で母の陰毛をかき分け、膣穴の中に指を入れて膣穴の天井を刺激しました。

「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ」

母はもう声を我慢できなくなっていました。
しばらく母の膣穴を指で刺激した後、今度は僕が仰向けになり、顔の上に母を跨がらせました。
舌で母の膣穴の中を舐め回すと、母は後ろに手をついてバランスを取りながら、ゆっくりと腰を動かしました。
そのままの体勢で下から母の乳房を揉み上げると、眉間に皺を寄せた母の腰の動きが激しくなっていきました。
僕は顔の上に座った母を後ろ向きにさせ、母の背中をそっと押して僕の勃起したペニスを咥えさせました。
僕の顔の前には大きく開かれた母の性器と大きなお尻と、そして浅黒いアナルがあり、アナルの中に指先を少し入れて刺激してみると、母のハスキーな喘ぎ声がさらに大きくなりました。

「母さん、起きてこっちを向いて、抱っこしてあげる」

あぐらをかいた僕は母を前から抱えるように抱き寄せ、ペニスの上に母を跨がらせました。
母は僕の肩に手をかけて、ゆっくりと腰を下ろしてきました。
僕のペニスが母の膣穴に根元まで入ったところで、母は「あああ」と深い喘ぎ声をあげました。
僕は母の腰を持って、下からペニスを突き上げるように動かしました。
僕の突き上げにあわせて母は、「あ、あ、あ、あ、あ」と小刻みに声を出していました。
目の前で母の大きな乳房が揺れていました。

「母さん・・・こんなのどう・・・?」

「・・・嬉しい、佑ちゃん・・・」

母は僕の首に手を回してキスをしてきました。
僕の腰の動きはさらに激しさを増し、ペニスは母の子宮口を強く突いていました。

「ぅ・・・母さん・・・出そうだよ」

「いいのよ・・・佑ちゃん。出して、母さんの中に出して・・・」

「出すよ・・・母さんの中に」

「来て、佑ちゃん。来て、来て、来て」

母は自分でも激しく腰を振っていました。
僕は母の腰を強く引き寄せると母を後ろに押し倒し、母の乳房を激しく吸いながら母の膣穴に大量の精液を放出しました。
ドク、ドク、ドク、ドク・・・とペニスから全ての精液を出し切った後、身体を離そうとすると母は僕の首に手を回し、「しばらくこのままでいて・・・」と言いました。
僕は母と性器を結合させたまま、まだ火照っている母の乳房を吸いました。

「佑ちゃんは母さんのおっぱい、好き?」

「うん。母さんのおっぱいが大好き・・・」

「母さんも佑ちゃんが好きよ・・・」

「母さん・・・」

僕は性器を結合したまま母をきつく抱き締めました。

翌朝、母は帰りましたが、これからも月に1回は東京に出てきてくる約束をしました。
やはり僕を癒してくれる母とのセックスは当分の間、やめられそうにはありません。