地方から転勤で来た総合職の女(24歳)の歓迎会があった。
頂いちゃおうとガンガン飲ませたら、潰れちゃって上司が連れて帰っちゃった。

ガ~ン!トンビに油揚げさらわれちゃったよ~!

しょうがなくカラオケで飲んでると、28歳の女先輩がベロベロに酔ってもたれかかってきた。
スレンダーな、まぁ顔も体も普通って感じ。
お持ち帰り変更!
で、先輩に飲ませるだけ飲ませたら、また飲ませすぎてソファーで爆睡・・・。
部屋の隅っこに連れて行こうとしたら、男の先輩から「タクシー乗せて連れて帰ってやれ」と言われ、女先輩と俺だけがカラオケを出た。
ある意味成功なのか、失敗なのか?
とりあえず、この場所を離れようとタクシーに乗った。
タクシーに乗ると運ちゃんが話しかけてきた。

「あれ、彼女酔っぱらっちゃったんだぁ。彼氏も大変だねぇ、吐きそうなら言ってね。停めるから」

「あっ、はい」

幸いにもタクシーの中で吐くこともなく、無事に先輩のマンションに着いた。
先輩のマンションは、ゴルフで迎えに来たり同僚と来たことがあって住所は知っていた。
オートロックのテンキーの場所に着く。

「先輩!鍵どこですか?」

先輩は俺にもたれかかったままバッグの中を探し始め、おもむろに鍵を渡され、鍵を挿して部屋番号を押した。
ドアが開き、先輩を担ぎ入ると、すでに管理人はいなかった。
エレベーターのドアを開け、階数を押す。
すると先輩がちょっと嗚咽。
やばいと思い、エレベータが着くなり先輩を担いで部屋へ。
鍵を開け、部屋に入り、トイレへ。
トイレに着くなりリバース。
背中を擦りながら、「先輩、大丈夫ですか?」と声をかけるも返事がない。
見れば、便座の縁を持ったまま爆睡。

(えっ~!ここで寝るのかよ!)

後ろから抱えてキッチンへ。
両脇を抱える時、先輩の胸に手が・・・。
見た目よりもある感じ。
柔らかい手触りと膨らみ。
水で顔を洗い、口をすすぎ、ソファーへ寝かせた。

とりあえず一服したい。
タバコを吸いながら、(今頃、上司は喰ってるのかなぁ・・・)と油揚げを横取りした上司を羨んでいると、目の前の先輩のスカートが肌蹴て太股が・・・。
据え膳喰わぬはなんとやら。
でも、これから職場で・・・。
自問自答。
結局、やっぱり据え膳喰わぬは!ってことに決定。

横たわる先輩の側に行く。
タイトスカートが捲りあがって太股が剥き出し。
我慢できずに太股を撫でる。
脚と脚の間に手を入れると熱いくらいの温かさ。
付け根へと手を滑らせ、下着に触れる。
一旦手を抜き、スカートをずり上げる。
白いレースの下着が目の前に。
顔を近づけて匂いを嗅ぐ。
甘い匂い・・・。
鼻を土手に擦りつけてグリグリ・・・。
すると先輩が、「うぅぅん・・・」と寝返りを打った。
びっくりして離れると、寝返りを打ったため、お尻が目の前に・・・。

ゆっくりと下着を下ろし、脚から抜いた。
後ろから先輩の肩を持ち、ゆっくりと仰向けにして、ブラウスのボタンを外す。
ボタンを外し終わり、手を背中に回し、白いブラのホックを外してブラを脱がせた。
小振りで柔らかそうな胸。
舌で乳首をチロチロ。

「あっぁぁん」

先輩の手が胸を覆うように重ねてきた。
手を太股へと滑らして付け根を撫でると、陰毛が指に絡みついてくる。
陰毛を掻き分け、マンコを指で撫でる。
感じたのかビクッと腰を引く。
指にはねっとりと糸を引く蜜が・・・。

すると急に起き上がり嗚咽する先輩。
慌ててキッチンへ。
またまたリバース。
背中を撫でる。

(ヤバイ・・・。今、目を覚まされると言い逃れが出来そうにない)

最後までやってないのに責められたのでは割に合わない。
吐き終わったみたいなのでタオルで顔を拭いてあげると、先輩が不思議そうに俺の顔を見ている。
顔が引き攣る。

「ははは、お疲れ様です」

こんな時にお疲れ様って・・・。

「あ、あの・・・先輩がカラオケで酔っ払っちゃって・・・で、あの、まぁそんなこんなで・・・」

我ながら支離滅裂。
先輩、だんだん目がトロ~ンとしてもたれかかってきた。

よっしゃぁ~!!!
今、頷いたよね!
うん、確かに頷いた!
『やってもいい』っていう先輩からのお墨付きだよね!

抱きかかえたままベッドへ。
先輩が目を覚まさないように、ゆっくりとベッドに下ろす。
スカートのホックを外し、脱がせた。
生まれたままの姿の先輩が目の前に・・・。
白い肌に柔らかそうな乳房。
盛り上がった土手に黒々した陰毛。
脚を舐め上げ、徐々に付け根へ。
感じているのか、マンコからは蜜が滴り、合わさったビラビラがしっとりと濡れている。
ゆっくりと舌で蜜を舐め、蕾の中へと舌を入れ、蕾を吸い上げ、クリを甘噛み。
クリを舌で転がすと、一気に蜜が溢れ出し、流れ始めた。

「あっぁぁん」

後ろから胸を鷲掴み、揉み上げ、乳首を摘み、指で弾く。

「あぁぁあん!」

声がだんだん大きくなってきた。
その声に反応して俺も興奮してきて我慢できなくなった。
先輩の上に覆いかぶさり、両手で胸を揉みまくり、脚を広げて抱え上げて濡れたマンコへ一物を挿入。
入り口が狭いのか、若干の抵抗を感じながら強引に押し込むと・・・。

グニュ、ムニュ、ズズズゥ、ググッグッグイ・・・。

(キツい!締めつけられる!)

「い、痛い!ダメダメ、あっぁ」

先輩が目を覚ました。

「イヤ、やめて、お願い。ダメだって、痛いよぉ」

「先輩が好きなんです、お願いします」

「ダメ、お願いだからやめて」

その声に興奮してピストンをやめなかった。

「あっぁダメ、ダメだって」

だんだん抵抗する声に力がなくなり、悶え声だけが聞こえるようになった。

「あぁぁんあぁ、ダメ、あっぁああん」

体を押して抵抗していた腕が俺の体に巻きつき、強く抱き締めてきた。
一気にフィニッシュ。
チンポをマンコから抜き、土手に発射。
黒い陰毛に白いザーメンが絡み合っていた。

先輩のスペックは、157cm、Bカップ。

土手出しした後、しばらくの間、抱き合ったままじっとしていた。
先輩が落ち着いたのを感じて、「お風呂入ります?」と聞くと、「うん」と小さく頷いた。
一緒にお風呂に入ろうとすると、「恥ずかしいから電気消して」と。
暗いお風呂に2人で入って、お互いの体を洗ってベッドに戻り、2人重なり合って寝た。

朝起きると、先輩は朝食を作ってくれた。
お互い、なんとなく恥ずかしい。
キスをして自分の家に帰った。