僕が母と男女の関係に至る過程は少々凝ったものだったように思います。
というのも、小学校5年の時に精通を迎えてから1年くらいかかって達成できたからです。
精通もちょっと変わっていて、場所は学習塾でした。
退屈な授業で眠くなり、母のことを考えているとちんちんが大きくなってきたのを感じ、気持ちいいので椅子を前後にゆらゆらと揺らし、ちんちんを机の引き出しに押し付ける格好で体験したものです。
ちんちんがじーんとする感覚と共にドクンドクンと脈打つちんちん。
快感というよりも驚いてしまい、眠気が吹き飛んだのを覚えています。
当時信頼していた女性の担任に相談したところ、かなり戸惑ったようでしたが、僕のズボンとパンツを膝まで下ろしてくれて、白くてひんやりした手でちんちんをそっと握り、先端をクンクン嗅いで確かめてくれました。

「浜田君が大人になって子供を作る準備ができた証拠よ」

先生はそう言って微笑んでくれました。

「安心したらまた大きくなってきた。ほら、こうやって上下に擦ると気持ちいいでしょ?」

先生はそう言うと僕の体に自分の体をぴったりとくっつけ、頬にキスしてくれました。
その途端、塾のときと同じ感覚に襲われて、ちんちんの先から白く濁った液体が噴出しました。

「すごーい。浜田君はみんなより大人なんだね」

先生はそう言って褒めてくれながら優しくちんちんを拭いてくれました。
その後、先生からセックスについて色々教えてもらい、最後に「セックスを誰としたいか?」について聞かれました。
先生はクラスの女子の名前が出てくると思ったのでしょうが、僕は母としたいことを打ち明けました。

「・・・そう。でもね、浜田君、家族でそういうことはしない方がいいのよ」

「どうして?」

「だって、お母さんとは結婚できないでしょ」

そんな他愛もない会話をしました。
でも先生は結局、僕と母がセックスできるように応援してくれることになりました。
今思うと先生もちょぴりエッチなストーリーに興奮したのかもしれません。

僕はその日から先生に教えてもらったように、母に自分が大人になったことを分かってもらうようにしました。
毎朝起こしに来てくれる母に必ず勃起させたちんちんをさりげなく見せること。
オナニーした際の射精は自分のパンツか母のパンティやブラにすること。
勃起してテントを張ったパンツをわざと突き出しながら母の前を通ること。
こんなことを色々とやりました。
でも母は特に嫌な顔はせず、クスッと笑ってくれたり、朝そっと起こす前におちんちんを擦ってパンツに戻してくれたりしてくれました。
程なくして洗濯機の前で僕のパンツの匂いを嗅いでいる母の姿を見るようになりました。
そんな時、母は決まって下半身の辺りをもぞもぞさせていました。

そんな生活が2ヶ月くらい続いた頃、先生が家庭訪問に来ました。
一通り勉強について話した後、僕のいる前でしたが、最近行なった性教育のことや、近親相姦願望が見受けられることを話しました。
母は最初は照れ笑いをしていましたが、だんだん先生の話に夢中になってきたらしく、「息子も元気で困ってるんですよ」なんて話していました。

「浜田君、お母さんのお風呂を覗いたりしたらだめよ」

そう先生にたしなめられて家庭訪問は終了しました。
この時から母は吹っ切れたようで、僕が勃起させていると手でつついてきたり、お風呂に誘ってくれるようになりました。
本当は喜んで母と一緒にお風呂に入りたかったのですが、いざとなると怖気づいてしまい、かなわずにいました。
母は結構興奮していたようで、僕に見せつけるように脱衣所で裸を晒す時間も長くなりました。
また、特に用事もないのに僕の勉強部屋に来て、扇風機の前で「暑いわね」なんて言いながら上半身ブラだけで過ごしたりするようになりました。

初体験の日もそうして母が下着姿で後ろ向きに涼んでいたときでした。
僕は勇気を出して、後ろからそっと母の胸を両手で触ってみました。
母は最初びくっとしましたが、「エッチなんだから」と笑ってくれました。
怒られるのかと心配しましたが、そんなことはなく、「おっぱい見たいんでしょう?」といたずらっぽく微笑むと、夢にまで見たおっぱいを出してくれて、そのまましゃぶらせてくれました。

「ああ、どうしよう、お母さん・・・」

僕は何もしていないのに射精してしまいました。
それを察した母は、「まあ、いいから早くズボンを脱いじゃいなさい」と。
僕は母に促されて下半身裸になり、精液で汚れたちんちんを拭いてもらいました。

「学校でセックスのことを習ったんでしょ。お母さんとやってみたい?」

母はパンティを脱いで股間を広げて見せてくれました。

「さあ、入れてみて」

母は僕の手を取り、指で膣へ導いてくれました。
僕が夢中で指を出し入れしていると、「今度はおちんちんよ」と僕を立たせ、自分の方に引き寄せてくれました。
ずぶりという感じで吸い込まれたちんちんを僕は必死で、さっき指でやったように出し入れしました。
そして僕は母の中に射精しました。
ヒクヒクと母の膣が痙攣し、ちんちんは脈打っていました。