俺が勤めている会社では、パートのオバちゃんの他に、学生のバイトも雇ったりしている。
で、その学生バイトは『高校生も可』なため、職場に女子高生がいたりする、ちょっとおいしい職場なわけだ。

そんなある日、亜美という高校2年生の子がバイトで入ってきた。
亜美はガッキー似のかなり可愛い子で、職場の同僚の男どもはかなり色めき立っていた。
で、みんなあの手この手で亜美に近づこうとしていたが、うちの会社の男性陣は28歳の俺が若い部類に入るくらいの平均年齢の高さ・・・。
そんなオッサンどもが現役JKに相手にされるはずもなく、みんな敢えなく撃沈していた。
俺も何度か話しかけようと思ったが、どうせ相手にされないだろうと思い、一言も話すことなく1週間が過ぎた。

「あの~、ちょっといいですか?」

ある時、亜美の方から話しかけられ、ドキッとしてしまった。
どうやら仕事でわからないことがあったらしく、俺に尋ねてきたのだ。
周りには他の同僚もいたのだが、俺に聞いてくれたのがちょっと嬉しかった。
同僚たちの羨望の眼差しを受けながら俺は亜美に仕事を教え、その流れで一緒に作業することになった。
最初は作業内容についての会話だけだったが、徐々に打ち解けてきて普通の話もするようになった。
俺がさりげなく言った冗談がウケたらしく、亜美はめちゃくちゃ笑顔になった。
その作業がきっかけで亜美は俺には心を許してくれたのか、それからは毎日のように話をするようになり、どんどん仲良くなっていった。

「お前、最近亜美ちゃんと仲いいじゃねーか!!」

同僚が嫉妬混じりに言う。
また別の同僚が亜美に、「社員の男の中で誰が一番いいか?」と尋ねたところ、「中村さん(俺)」と即答したらしい。

(オォ!なんだか知らないがいつの間にか結構いい立場にいるぞ)

そんなある日、亜美との会話の中で「遊園地が好き」ということが判明したため、「彼氏と行ってくりゃいいじゃん」と言ったら、「彼氏なんていないよ」と返された。
何でも、ちょっと前に別れたばっかりで、気を紛らすためもあってバイトを始めたらしい。
元カレのことを思い出したのか、ちょっと落ち込んでしまった亜美・・・。

「変なこと言って悪かったな。何なら、俺と富士急でも行くか?」

ダメ元で言ってみた。
そしたら亜美はいつもの笑顔に戻った。

「マジで!?行きたぁ~い♪」

(「マジで!?」はこっちのセリフだよ!!)

そんなわけで、次の土曜日に亜美と富士急デートをすることになった。

当日、亜美は、白いモコモコのハーフコートにデニムのミニスカ&ブーツという格好でやって来た。
絶叫マシンに乗るのにミニスカ&ブーツって・・・と思ったが、あまりの可愛さと亜美の白い太腿に俺の目は釘付けになった。
遊園地に着いたら亜美の方から手を繋いできてくれて、なんだかラブラブな感じに・・・。
んで、富士急と言えば、やっぱりお化け屋敷。
中にいる間中、亜美は俺の腕にギュッとしがみついていた。
お化けが出てくるたびに亜美は叫びながら俺に抱きついてくる。
そのたびに亜美の柔らかな胸がムニュッて押し付けられて、俺はお化けどころではなかった(笑)

そんなこんなであっという間に1日が過ぎ、帰りの車の中。
亜美は疲れたのか助手席で寝息を立てている。
俺は信号待ちの時にそっと亜美の太腿に触れた。
スベスベの肌、柔らかな感触・・・。

(これが現役JKの触り心地かぁ・・・)

なんて思いながら、手は自然とミニスカの中へ・・・。
そこで信号が青に変わる。
なんてタイミングの悪い。
でも俺はもう我慢できなかった。
国道から逸れて樹海の脇道へ・・・。

車を停めると、俺は亜美の身体を抱き寄せた。
亜美は目を覚ましたが、拒むことはなく、むしろ俺の方へと身を寄せてくれた。
亜美の唇にそっとキスをすると、亜美は目を閉じて俺に身を任せてくれた。
ディープキスへと移行しても亜美は積極的に舌を絡めてきた。
俺の右手は亜美のハーフコートの中に滑り込み、服の上から柔らかな胸を揉む。
亜美は嫌がることなく、それどころか「ンンッ・・・」と淫らな声を漏らした。
俺は亜美の太腿を撫でながら、さっき侵入できなかったスカートの中へ・・・。

「待って!!」

そこで亜美からストップがかかった。

(ヤバ・・・。調子に乗り過ぎたか・・・)

でも、亜美の口から出たセリフは意外なものだった。

「シャワー浴びたい・・・ラブホ・・・行こ?」

(オォッ・・・!!オォォッ・・・!!!まさかこんな展開になるとは!!)

俺は車を飛ばし、樹海を抜けた所にあるラブホに直行した。

先に俺が浴びて待っていると、バスローブを着た亜美が・・・。

(ウォォッ!!!湯上がり美人とはこのことか!!!)

濡れた髪の亜美はめっちゃ色っぽくてエロチックだった。
俺の横にピッタリと寄り添うように座った亜美をベッドに押し倒すと、バスローブの紐を解く。

(これが・・・夢にまで見た亜美の裸・・・なんて綺麗なんだ!)

17歳とは言え、身体はすでに大人だった。
決して巨乳ではないが、張りのある形の良い乳房にピンク色の可愛い乳首がツン。
引き締まったお腹にくびれたウエスト。
そして黒々と繁る柔らかな陰毛・・・。
亜美は顔を紅潮させて、「そんなにじっと見ないで・・・」と言っていたが、そのあまりの美しさに思わず見惚れてしまった。

俺は亜美にディープキスをすると、そのまま首筋から乳房へと口を移動させる。
コリコリに硬くなった亜美の乳首をペロッと舐めると、亜美は「アンッ・・・」と可愛い声を漏らす。
そのまま亜美の乳首を左右交互にチュパチュパ吸いながら、手を太腿から股間へと滑らせる。
生い茂る陰毛を掻き分けて亜美のマンコに指を沈めると、中は熱くトロトロだった。
指で膣を掻き回すとクチュクチュと淫らな音が響き、クリトリスを摘まむとビクッと身体が痙攣する。
そして亜美の可愛らしい喘ぎ声が漏れる。

俺は亜美の両脚を拡げると、鮮やかなサーモンピンク色の若々しいマンコをじっくりと観察した。
そして顔を埋めて、舌で亜美のマンコの味をたっぷりと堪能した。
亜美のマンコからはいやらしい愛液が溢れ、俺はジュルジュルと音を立ててそれを吸った。

「アッ・・・!!ヒァッ・・・!!アハァンッ・・・!!!」

亜美は身体をビクビク震わせながら悶えていた。
そのあと、亜美も俺の身体を舐めてくれた。
可愛い舌でレロレロと俺の乳首を舐め、臍の穴までチロチロと舐めてくれて、そしてギンギンに硬くなった俺の息子を「おっきぃ・・・」と言いながら可愛いお口にカポッと咥える。
フェラはまだ慣れてないのか、たまに歯が当たるようなぎこちなさ。
でも亜美は一生懸命しゃぶってくれた。

俺は亜美の尻が見たかったので彼女の腰をクイッと引き寄せると、亜美もその意図を察したのか俺の顔の上に跨がって69の体勢になってくれた。
桃のようにプリッとした亜美の尻が俺の目の前に現れ、その割れ目からはマンコだけでなく肛門までもがドアップで見ることができた。

(すげぇ・・・亜美のアナルまで見てしまった・・・)

俺はめっちゃ興奮してきて、マンコを舐めながら舌をアナルの方まで伸ばし、亜美の肛門の皺をなぞるようにレロッと舐めた。
亜美は恥ずかしそうに尻を浮かせたが、特に拒否られることなく美少女の恥ずかしい肛門の味までも味わうことができた。
やがて亜美はトロンとした瞳をしながら抱きついてきた。

「入れて欲しい?」

そう聞くと、亜美はコクンと頷いた。
そして正常位で亜美の中に挿入!
憧れの亜美と一つになれた喜びは半端なかった。
亜美の中はトロトロであったかくて、キュウッと締め付けられてめっちゃ気持ち良かった。
俺のピストンに合わせて亜美の喘ぎ声のボルテージも上がってくる。
目を閉じて首を振りながら喘ぐ亜美のよがり顔もまた最高に可愛かった。

「アンッ・・・!!!アハァッ・・・!!!アンッ・・・!!!アンッ・・・!!!イッ・・・イクゥッ・・・!!!イッちゃうぅぅッ・・・!!!」

亜美がビクビクと身体を震わせた直後に俺も絶頂に達し、亜美の胸にドピュッと発射した。
そのまま2人でしばらく荒い息遣いのままベッドに横たわった。
ティッシュで亜美の胸に垂れたザーメンを拭き取るとギュッと抱きついてきて、これでもかってくらいの熱いディープキスをした。

亜美は親には「女友達と遊園地に行く」と言って出てきたらしく、「その子の家に泊まることになった」と嘘をついてラブホで一泊した。

亜美と全裸で抱き合って一夜を過ごし、翌朝にはもう一発。
今度はバックで亜美の可愛い肛門を見ながら貫き、桃尻に発射。
そのあとで一緒に風呂に入って裸でいちゃついた。

そんなこんなで2日間に渡ったJK亜美とのデートは終了。
でも、これってどうなんだろ・・・?
お互いに「好き」とも「付き合う」とかの話もしてないけど・・・。
でも、亜美は車から降りる直前にまた熱いディープキスを俺にしてくれて、満面の笑顔で手を振ってくれた。
そして、その直後に亜美からのメール。

『めっちゃ楽しかった。ありがと、チュッ』

う~ん、これはどういう意味に捉えたらいいのか・・・。

その翌日。
亜美はいつものようにバイトにやって来た。
相変わらずめちゃくちゃ可愛い。

(俺は本当にこの子とエッチしちゃったんだろうか?)

なんだか昨日と一昨日のことが夢のように思えてきた。
俺はなんとなく照れ臭くて、亜美の顔をまともに見れなかった。

「亜美ちゃ~ん、土日は何してたの~?」

同僚のTが馴れ馴れしく亜美に話しかける。
亜美をドライブに誘ってあっさり撃沈した男だ。
亜美はニコッと笑って答えた。

「土曜日に富士急でデートして、そのままお泊まりしてきちゃいました♪」

(やっぱ夢じゃなかった・・・!!!)

Tは愕然としていた。

「デ、デートでお泊まりって!?だ、誰と!?」

亜美はちょっと照れくさそうに言った。

「そりゃ・・・大好きな人に決まってるじゃないですか~」

そして俺の方をチラッと見た。
亜美はそれから半年ほどバイトを続け、受験に専念するために辞めた。
第一志望の短大に見事合格した亜美。
今は保育士になると言う夢に向かって一生懸命頑張っている。
19歳になり、美しさに磨きがかかった亜美には、もう一つの夢があるそうだ。
それは、俺のお嫁さんになって幸せな家庭を築くことだそうだ。

なんだか自慢話みたいになってしまって申し訳ありませんでした。
お陰様で、俺と亜美はその後も順調に愛を育んでいます。
亜美の夢を壊すことのないように、これからも日々精進していきたいと思います。