自分は31歳で、30歳の彼女と付き合っています。
もう付き合いはじめて4年目かな。
そろそろ結婚もと考えるけど、なかなか踏み切れない自分がいます。
それでも最近は彼女の実家に遊びに行き、両親とも仲良くなって、そろそろ年貢の納めどきかなって思っていた時のことです。

ある日、彼女の家に遊びに行ったら、彼女の両親に「泊まっていったら」って言われたので泊まることになりました。
彼女の部屋に入ると、彼女を後ろから抱きました。
彼女の家でエッチをするのはこれが初めて。

彼女に「ばれちゃうよ」って言われたけど、ベッドに押し倒して、「大丈夫、そんなに激しくはしないから」って言いながら挿入しました。

それからというもの、彼女の家に泊めてもらった夜は毎回、セックスを楽しんでいました。

事件はここからです。
彼女には15歳も年の離れた中学2年生の妹がいます。
ある日の朝、彼女のアルバイト先から電話があり、出勤して欲しいとのことで急遽バイトに行きました。

「寝てていいよ。バイトから帰って来るまで留守番してて」

10時頃に起きて、キッチンのテーブルに座ってテレビを点けました。
すると彼女の妹の由美が2階から下りてきて・・・。

「お兄ちゃんおはよう!お腹空いてない?」

「もうペコペコ」と言うと朝食を作ってくれました。

「お姉ちゃん、バイトでしょ」

「そうなんだよ、だから退屈。由美は何か予定あるの?」

「昼から友達と買い物に行くよ」

なんて会話をしながら一緒に朝食を食べました。
ちょっと距離が近くなり、ソファーに2人で座ると、「由美は彼氏とかいるの?」と聞いてみました。

「いないよ」

「彼氏欲しくないの?」

「欲しいよ!お姉ちゃんみたいに優しく抱かれたいな」

「お姉ちゃんみたいにって・・・夜の話?」

「うん、そうだよ」

「えっ、見てたの?」

「だって最近激しいから、隣の私の部屋までエッチな音が聞こえてるよ」

さすがに恥ずかしくなりました。
で、なんとなく聞いてみたんです。

「エッチしたいの?」

由美は、「そんなんじゃないよ」と恥ずかしそうに言いました。
なんとなくいける気がして・・・。

「試してみる?」

すると由美が、「うん」って素直に言いました。
欲望のままに由美をベッドの部屋に連れて行き、服を脱がせました。

「まだ経験ないの?処女?」

「うん、ないよ」

「教えてあげようか?」

「うん」

「オナニーは?」

「したことあるよ」

「じゃあ、まずは足をM字にしてオナニーを見せて」

「恥ずかしいよ」

「そうしないと由美を気持ちよくしてあげられないんだよ」

「分かった」

すると由美は俺のチンポを触り、「お兄ちゃん、大きくなってるよ」と言いました。
なかなかエロいJCです。
由美はオナニーをはじめ、だんだん由美のマンコが濡れてきました。

「見せてくれたご褒美をあげようか」

「うん、ご褒美ちょうだい」

由美はマンコをヒクヒクさせながらおねだりしてきました。
彼女の妹のマンコにゆっくり宛てがいます。

「痛い」

彼女は初めてエッチに緊張していました。

「大丈夫。お兄ちゃんが優しく教えてあげるから」

由美の脚がゆっくり開きました。
迷うことなく、由美の処女マンコを一気に貫きました。
最初は痛がっていた由美ですが、もうオナニーを知っているせいか、だんだん俺のチンポに馴染んできました。
だんだん腰の振りを速くしていきました。
由美は可愛い声を出して感じています。

俺は、「由美、由美」と言いながら激しくマンコを突きました。

「お兄ちゃん気持ちいい、もっと突いて」

「うん、そろそろイクよ!」

我慢できずに中で出してしまいました。
でも由美は笑顔で、「もう~、子供できちゃうよ」って。

「でも、お兄ちゃんとエッチしたかったし、大好きだからいいの!」

この1回の体験で、俺は彼女よりも妹の由美を好きになってしまいました。
まあ三十路の彼女よりも10代の若い女の子のほうがいいに決まってはいますが・・・。

しかし、姉妹丼をしてしまい、この先のことを考えると色々面倒なことになりそうですが、すぐには妹との関係をやめることはできそうにありません。