妻が義兄(妻の姉“故人”の夫)にセックス漬けにされてしまっています。
まるで調教でもされているかのように、呼び出されれば何時だろうとすぐに義兄のもとに向い、どこであろうと義兄の求めるままに扱われ、性処理の玩具のようにされてしまっています。

そもそも、そうなってしまった理由は私の借金にあります。
信用していた友人の保証人になってしまった私はまんまと裏切られ、友人は失踪。

(保証人になるなんて、なんて私は馬鹿なことをしたんだ)と思いました。

残された私は家族を抱えてどうすることも出来ず、義兄に借金を申し込みました。
親戚のよしみということで、義兄は気前よく肩代わりをしてくれたのです。
私の住んでいる場所は山間部の田舎町で、温泉もあり、義兄も近所で旅館や土産物店などを手広く経営していて、正直、この町で一番財産を所持していると思います。
そんな義兄に最初は何とか無理をしながらも少しずつ返済していたのですが、安月給のため次第に返済が滞りがちになると、徐々に義兄の態度は怖く冷たいものになっていったのです。

「何だ、今月も払えんのか!」
「この程度の金も払えんのか!」
「お前はつくづく情けないやつだ!前から思っていたが、お前のように情けない男だと、さぞ嫁さんも苦労するだろうよ!」

それは事実ではあるのですが、巨漢で厳つい顔をしている義兄はまるでヤクザのようで、目の前で凄まれると、その迫力に身が縮みあがってしまいます。
義兄は私を散々罵った後、声のトーンを低くしました。

義兄「そう滞ってばかりだと、こっちにも考えがある。もうお前1人で返済は無理だろ。嫁さんと2人で返済したらどうだ?」

私「しかし妻を働かせるのは・・・うちはまだ子供も小さいですし」

義兄「それは心配いらん。嫁さんが働いてる間、子供はうちの旅館で預かる。女将でも仲居でも手の空いてる者に見させるから」

義兄はそれが決定事項であるかのように私に言いつけました。
断ろうにも私に言い返す権限はなかったのです。
義兄は、「嫁さんには自分のアシスタント的な仕事をしてもらう」と言いました。
ただオドオドするだけの私は義兄の強い言葉に頷くことしか出来ませんでした。

その日の晩、妻にその話をしました。
当然ながら幼い子供のことを心配し、難色を示した妻でした。
しかし妻の心配は、それだけではなかったのです。

妻「お義兄さん・・・ちょっと苦手なの。なんて言うか・・・。親戚の集まりとかで顔を合わすたびに・・・目つきが怖いというか・・・じーっと見られてる気がするの」

この時、妻の身を案じたのですが、断れる状況にないのは妻自身も承知していたため、一応義兄の提案を呑むことにしました。
この時に感じた背中を撫でるような一瞬の冷たさが、その後の後悔へと発展するのです・・・。

早速翌日から妻は義兄のもとへ仕事に出かけることになりました。
朝は子供を義兄が経営する旅館へ預け、夕方引き取って帰ってきます。
そんな日々でしたが、1週間も経つと妻の帰りがだんだん遅くなり、子供は旅館でご飯を食べ、私が仕事帰りに子供を迎えに行き、家に帰って風呂に入れ、寝かしつける・・・という生活に変わっていきました。
私は妻に申し訳ないという気持ちではばかられて、妻の帰りが遅くなる理由や仕事の内容などを聞き出すということは敢えてしませんでした。

しかし、それからも妻の容貌は少しずつ変化していったのです。
化粧は入念になり、普段は全く穿かなかった丈の短いスカートで仕事に出かけ、夜遅くに帰宅すると一も二もなくシャワーを浴び、そのままベッドで就寝。
会話もほとんど交わさなくなりました。

ちなみに妻は義兄のアシスタントということで、旅館や土産物屋などでの仕事が主のようです。
土日も働き、休日は平日で週に1回。
当然、普通の会社員の私は仕事の日です。
妻の変化に騒ぐ心、そして焦りから何回か妻の身体を求めました。
私も男ですから当然性欲も溜まります。
しかし義兄のもとへ仕事に行って以来、一度も応じてはくれなかったのです。

「疲れてしまって、とてもそんな気分になれない」と・・・。

そんな妻の態度が私の心の中で疑念をより一層大きくしたのです。

義兄は義姉を早くに亡くし、この寂しい町で44歳の若さながら独り身。
妻は37歳。
女としての魅力をたっぷりと備えて、これからがまさに女盛りといった雰囲気でフェロモンを振りまいています。
そんな男女が四六時中一緒に行動すれば、おのずと・・・。
つい、そう考えてしまうのです。

ある日の夜、いつものように子供を寝かしつけると、私もいつの間にか眠ってしまい、ふと目が覚めると、そこに妻が帰って来ました。
そして妻はいつものように、シャワーを浴びるために脱衣所に入りました。
妻は私が起きたことに気付いておらず、脱衣所の扉を開けっ放しにして服を脱ぎだしました。
何気に見ていた私は、服を脱いだ妻を見てはっと息を呑み、心臓が張り裂けるのではと思うくらいの激しい動悸に襲われました。
なんと妻が見せた下着姿は、お尻がまるで隠れていないTバックと、乳房の半分以上が露出したようなブラジャーで、何か目的がなければ絶対に着用しないだろうと思われるセクシーランジェリーだったのです。

(こ、こんないやらしい下着をなぜ?)

真っ先に頭に浮かんだのは義兄の顔でした。
こんないやらしい下着を身に着けるなんて、理由があるに違いない・・・。
きっとそうなんでしょうが、私には妻に問いただすことは出来ませんでした。
調べようにも、どう調べたらいいのか・・・。
妻を尾行するくらいしか思いつきません。
浅はかだとは思いましたが、意外にもあっさりと不倫を突き止めることが出来たのは、そもそも義兄には隠す意思があまりなかったのでしょう。
バレても構わない、どうせ私などにバレたところで一捻りで潰すことなど容易いと、そう思っていたからだと思います。
実際、義兄には膨大な借金がある上、軟弱な私は、狡猾で凶暴で野獣のような義兄に刃向かえることなど出来はしないのです。

ある日、私は仕事に向かう妻を尾行しました。
行き先は義兄が事務所として使っている義兄の自宅です。
義姉が亡くなるまで義兄夫婦が住んでいたこの家は昔風の造りで、敷地は広いものの田舎町なのでセキュリティなど皆無です。
門を入っていった妻の後から少し間を置いて私も入りました。
私は玄関横から裏手に回り、植木に身を隠してカーテンが開いている出窓に近づき、中を覗き込みました。
そこはリビングになっているようで、応接セットなどが置いてあります。

少しして義兄に続いて妻がリビングに入ってきました。
私はドキドキしながら見ていました。
妻と義兄はソファに向かい合って座っています。
何か話しているようですが、声までは聞こえません。
そんな目で見ているからでしょうか、2人はとても親密そうに見えます。
向い合う妻と義兄の間にあるテーブルには書類のようなものが置かれ、それを2人で覗き込むように見ているのですが、顔の距離がやたらと近いように思います。
顔を上げた時、2人の顔の距離はほんの数センチ。
これを見ただけで心臓がバクバクしてきます。
いつキスしてもおかしくない距離なのに、少なくとも妻の顔は嫌がっているようには見えません。
あれだけ嫌がっていた義兄の厳つい顔と僅か数センチの距離だというのに、笑顔で話ができるものなのでしょうか。

しばらくはそんな感じで、傍から見ればいかにも仕事の打ち合わせをしている風に、いつでも言い訳できるような雰囲気を2人は装っていました。
すると義兄が煙草に火を点け、ソファの背もたれにもたれかかりました。
妻の顔と距離が離れたことに、ほっとしたのと同時に、なぜかそれとは逆の残念な気持ちも、私の中に存在していたのです。
妻を寝取られることに性的興奮を覚える・・・。
新たな性癖が芽生えた瞬間でした。

そして妻と義兄の疑惑が決定的となる瞬間が訪れました。
義兄は煙草を吸いながら妻に何か言いました。
妻はゆっくり立ち上がると、義兄の前で服を脱ぎ始めたのです。
義兄はニヤつきながらその様子を眺めています。
服を脱いだ妻は、先日の晩に風呂場で見たものとはまた違う、いやらしい下着に身を包んでいました。
しかもガーターベルトまで。
私にも見せたことのないセクシーランジェリー姿を妻は堂々と義兄の前で晒したのです。
これで義兄と妻がただならぬ関係であることは明白になりました。

義兄は妻に何か言いました。
すると妻は妖艶な笑みを浮かべ、義兄に向かってTバックのお尻を突き出したのです。
義兄はニヤつきながら煙草を消すと立ち上がって、お尻を突き出したままで物欲しそうな顔を向ける妻のお尻を両手で鷲掴みにしました。
激しく揉みしだくような手つきで繰り返し妻の巨尻を堪能すると、立ち上がってズボンと下着を脱ぎました。

(なんだ、あのデカさは!)

すでに義兄は、若者と変わらないような角度で大きく勃起させていました。
体つきに相応しく、遠目でもわかる巨大なペニスが確認できました。

(あんなモノで妻は・・・)

妻は義兄の巨根の虜になってしまったに違いありません。
妻はさらに潤んだ目で義兄を見つめています。
その巨根を挿れて欲しいと言わんばかりに。
すると義兄は妻の穿いているTバックを剥ぎ取りました。
そして妻の巨尻を掴みつつ、巨根を掴んで妻に宛てがい、腰を前に突き出したのです。

「ああっ!」

ガラスを通すほどの妻の大きな喘ぎ声が聞こえてきました。
あの巨大なペニスを一気に飲み込むほど、妻は濡れていたということでしょうか。
そして義兄のサイズのを飲み込めるくらい、すでに何度も関係を持っていたということでしょう。
義兄は大柄で引き絞まった全身の筋肉をさらに引き締めるように全身に力を込め、腰を振って妻にぶつけているのです。
欲望ごとぶつけるような巨根の抽送を繰り返すたび、ガラスを通す妻の喘ぎ声は大きくなっていきます。
背中を反らして仰け反る姿勢で快感の悦びを表す妻。

「イク!イク!」

はっきり聞こえる妻の声を何度も聞きました。
大柄な義兄は、ぐったりした人形を扱うようにひょいと妻をひっくり返し、今度は正常位で貫きました。
妻の両足を開けて、結合部がよく見える姿勢で上から下へ叩き込むような凄まじいピストンで妻を責め抜いていました。
また妻は絶頂を知らせる声を何度も上げました。

程なくして義兄もビクビクして、どうやらイッたようです。
妻の膣からズルズルと義兄の巨棒が抜けていく様子は今でも鮮明に覚えています。
ゴムは嵌めていませんでした。
大きく開いた妻の両足の真中から、白いものがダラダラと流れ出てくるのが見えました。

義兄と妻の関係は現在も続いています。