僕と妹が小学生の高学年の時のエロバナです。

僕と妹は小学生まで一緒の部屋で生活をしていました。
空き部屋はあったのですが、なぜか使用していませんでした。
しかし仲が良かったのでお互い不満に思ったことはなく、それが当たり前のように生活していました。
唯一あるとすれば、だんだん妹の体が女の子らしくなってきて、着替えの時の目のやり場に困ったことくらいでしょうか。
そんな小学校最後の冬休みに、少しエッチな出来事がありました。

妹とお使いの帰り道、街路樹の下でエッチな雑誌を見つけました。
少し気まずい雰囲気になったのですが、やはりそこは高学年。
エッチなことにお互い興味津々なので、妹と相談した結果、家に持ち帰ることにしました。
誰かに見つからないように素早く買い物カゴの中に仕舞い、その場から一目散に駆け出しました。
この時、僕も妹も何かいけないことをしてしまったという気持ちと、この後待っているエッチな雑誌を見ることの興奮が混じり合い、心臓のドキドキが止まりませんでした。

そんなドキドキの帰り道、もう少しで家だったのですが、僕と妹はさっき拾った雑誌が気になって仕方ありませんでした。
家の近くに公園があったので、妹に「少し寄り道しよう」と言って夕暮れの公園に寄りました。
もちろん寄り道の理由は、さっき拾ったエッチな雑誌を一刻も早く見たかったからです。
妹も同じ気持ちだったようで素直について来ました。

さすがに人から見える場所は避け、公園の奥にある大型の遊具の陰に隠れるようにして2人で座りました。
僕と妹は、買い物カゴから先ほど拾ったエッチな雑誌を引っ張り出すと、早速ページを捲り始めました。
その中身は・・・僕達小学生には刺激が強すぎな内容でした。
ゆっくりとページを進めていくと、兄と妹が裸でアソコを擦り合わせているページ(カラー)がありました。
お互いに目が釘付けになっていたと思います。
妹は興奮しすぎたのか、顔を赤らめ、息遣いが荒くなっていたのが隣から伝わってきました。
そんな僕もオチンチンが硬く勃起していることに気づきました。

そのページをどれくらい見ていたかは覚えていませんが、明らかに他のページとは比べ物にならないくらいの時間見入っていたと思います。
その後も時間を忘れ、ページを捲り続けました。
でも僕は、さっき見た兄妹がアソコを擦り合っている場面が忘れられず、他のページのことは全く覚えていませんでした。

次第に周りが暗くなり始めたので、雑誌を買い物カゴに戻し、立ち上がった時でした。
妹が僕の股間の辺りを顔を真っ赤にしてじっと見つめていました。
僕は勃起したオチンチンを慌てて手で隠しました。
パニックになりながらも一生懸命に言い訳を考えてみましたが、エッチな雑誌を一緒に見ていた時点で言い訳も何もないと諦め、正直に言いました。

「凄いエッチだったね、勃起しちゃった」

妹は男の子の勃起を間近に見て興奮したのか、急にスカートを捲り上げ・・・。

「わ、私だって、パンツこんなになっちゃったよ」

普段から着替えの時に見慣れているはずの妹のショーツだったのですが、暗がりで見ても分かるほど股の辺りがぐっしょりとおまんこ汁で濡れて色が変わっていました。
お互いの恥ずかしい部分を見せ合った後、急に恥ずかしくなり、何事もなかったふりをして家に帰りました。
その日の夕食は、エッチな雑誌と妹のショーツの映像が頭から離れず、何を食べたのかも覚えていません。

お風呂にも入り、パジャマに着替えて、いつもならこのまま寝るだけなのですが、さすがに興奮が冷めやらず、妹と一緒にさっきの雑誌をもう一度見る約束をしました。
自分の部屋で雑誌を目の前に妹がお風呂から上がってくるのを待っていたのですが、妹は一向に上がってきませんでした。
それから30分くらいした頃、妹がいそいそと部屋に入ってきました。
遅かった理由は教えてくれなかったのですが、僕の前に置いてある雑誌に気付いた妹は早速僕の隣にしゃがみ、一緒に見始めました。

見始めて少し経った頃、急に部屋のドアがノックされました。
父親でした。
僕は雑誌をクッションの下に押し込み、妹は何気ない素振りで明後日の方向を見ていました。
父親にはすぐ寝ると伝え、電気を消しました。

その後、暗がりの中、妹にまだ雑誌を見るかと聞いたら、「見たい」と恥ずかしそうに言いました。
しかし電気を点けていたら、いつまた父親が部屋に入ってくるか分かりません。

すると妹は、「私のベッド(二段ベッドの上)で見よう」と、僕にこっそり言いました。

妹のベッドに行くと、そこには小さなペンライトがありました。
妹の提案で2人で布団をかぶりました。
その中で見れば光が漏れることなく見れます。

妹の布団を一緒に被って、やっと続きを見始めました。
改めて見ると、セックスはもちろん、アナルセックスやフェラチオ、顔射に69、潮吹きにバイブ責め・・・。
初めて見る生々しい行為の数々に僕は興奮しっぱなしでした。
妹も今まで見たこともないくらい顔を赤くして、さらに股間の辺りを手で押さえていました。

おおよそのページを読み終えた頃、特集企画のオナニーのページになりました。
男の人のオナニーのやり方のアレコレ、女の人のオナニーのやり方のアレコレ。

「一緒にオナニーしてみようか?」

思わず口をついた言葉に自分でもビックリでした。

「・・・うん」

もうお互い止まりませんでした。
僕と妹はパジャマと下着を全て脱ぎ、再度布団に潜り込んで、その雑誌をオカズにオナニーを始めました。
改めて見る妹の体。
オッパイが膨らみ、きれいなマンスジには薄っすらと毛が生えています。
妹は仰向けに寝転がって両足を広げ、しきりにアソコに指を這わせていました。
僕は勃起したオチンチンを必死に扱きました。
オナニーを始めて5分くらいした頃から、布団の中にはなんとも言えないエッチな匂いが充満していました。
僕のオチンチンの下の布団は我慢汁でヌルヌルになり、妹の股の布団はビショビショに濡れていました。

もう少しで射精しそうになってビクビクし始めた時、妹が僕の上に急に覆い被さりました。
僕の胸に妹のオッパイの柔らかな感触があり、オチンチンの辺りにはヌルヌルした柔らかな感触がしました。
妹は呼吸を荒げながら必死にアソコを僕のオチンチンに擦りつけてきました。
きっと雑誌で見た兄妹の再現なんだと思います。
ペンライトに映し出される妹のエッチな表情と、オチンチンに伝わる妹のヌルヌルの感触が僕を興奮させて、もう何も考えられませんでした。

僕は妹のオッパイを鷲掴みにしながら必死に腰を振り、オチンチンを妹のアソコに擦りつけました。
僕の我慢汁と妹の愛液が混じり合い、2人の性器とその下の布団は大洪水に。
妹は小学生とは思えない色っぽい喘ぎ声を発し続け、体をビクビクと痙攣させていました。
僕はきっと妹もイキそうなのだと思い、一生懸命に腰を振り続けました。

その時、思いもしないことが起こりました。
あまりにも激しく擦り合わせていたので、妹がイク寸前に僕のオチンチンが妹のアソコに入ってしまったのです。
しかし、妹は痛がるどころかさらに何度も何度もピストン運動を自らし続けました。
妹の虚ろな瞳、喘ぎ続けて涎が垂れた口、ビンビンに硬くなった乳首・・・。
ぬちゃぬちゃといやらしい音を立てながら繋がるお互いの性器を感じた時、僕は絶頂に達しました。
妹の膣内に大量の精子を射精したのです。
オシッコのように止め処なく射精される僕の精子。
目を白黒させながら全身をビクビクを痙攣させて僕の大量の精子を搾り取る妹。
僕と妹は、そのままベッドで疲れ果てて寝てしまいました。
性器を繋いだまま・・・。

翌朝、目を開けると妹の顔が目の前にありました。
少し考え、妹と抱き合ったまま眠っていたことに気づき、そしてまだ性器が繋がったままだと気づきました。
気づいた途端、昨日の妹との行為を思い出し、僕のオチンチンは妹の中で勃起してしまいました。
妹は起きる気配すらなく、少し悪戯気分もあったのでゆっくり腰を動かし、気づかれないように近親相姦セックスを始めました。
その後、妹が起きるまで3回も射精をしました。
すると妹はゆっくりと目を開けて言いました。

「3回は出しすぎだよ、お兄ちゃん。声・・・我慢するの大変なんだから」

その日から僕と妹のエッチな生活が始まりました。