俺が小2の時に、俺の面倒をよく見てくれていた3つ上の幼馴染のお姉ちゃんが引越しすることになった。
当日、俺の家にあいさつに来たとき、俺は号泣した。
寂しさもあったが、俺はお姉ちゃんが好きだったから余計に涙が出てきた。
お姉ちゃんは目に涙を受べながら俺を慰めてくれて、ほっぺたにキスをしてくれた。
それからお姉ちゃんとは会っていなかったが、俺が高1の時のことだった。

「あれ~、ユウキ君?」

俺の名を呼ぶ声が聞こえ、振り返るとお姉ちゃんが笑顔で手を振りながら立っていた。

「あぁ~久しぶり」

それは8年ぶりの再会だった。

「ユウキ君、大きくなったね」

「お姉ちゃんこそ」

「学校の帰り?」

「うん。お姉ちゃんは?」

「私も大学の帰り。今一人暮らししてるの」

「え~そうなの」

「今日って暇?暇なら家に遊びに来ない?すぐそこだから」

「うん。暇だから別にいいよ」

「良かった~」

こうして2人でお姉ちゃんの借りているマンションの部屋に向かった。
お姉ちゃんの部屋に入ると何とも言えない、いい匂いがして、いかにも女子大生の部屋という感じがした。

「ねぇ、何飲む?」

「別に何でもいいよ」

お姉ちゃんは俺にジュースを出してくれた。
久しぶりにお姉ちゃんと色んな話をした。
そして勢いで昔からお姉ちゃんが好きだったことを告げると、まさかな答えが・・・。

「私もユウキ君のことが好きだったのよ」

「本当に!?」

「うん。だから前にキスしてあげたでしょ」

「あれはそういう意味だったの?」

「気づかなかった?私、今でもユウキ君のことが好きよ」

「ありがとう。俺もだよ」

「ねぇ・・・もし良かったらでいいけど、やっちゃわない?」

「何を?」

「もちろんセックスよ」

「それってマジで言ってる?」

「こんなこと冗談で言うはずないじゃない」

「いいけど・・・」

「じゃあ脱いで」

「脱いでって言われても」

「もしかして、まだやったことないの?」

「うん・・・」

「じゃあ私から脱ぐね」

お姉ちゃんはTシャツを脱ぎ始め、スカートも脱いで下着姿になった。

「揉んでみて」

お姉ちゃんの胸をブラ越しに揉んだ。
大きくて柔らかくていい匂いがした。

「ブラ、ずらしてもいい?」

「もちろん」

俺はお姉ちゃんのブラをずらして、今度は直で揉んだ。

「舐めてみて」

言われた通りに舐めた。
ペロペロ舐めてると、お姉ちゃんは気持ちよさそうだった。
そしたらお姉ちゃんは俺のズボンとパンツを一気に脱がしてしまった。
俺の勃起したチンコが現れた。

「お姉ちゃん?」

「ユウキ君も気持ちよくしてあげる」

お姉ちゃんは俺のチンコを手で持ち、咥えた。

「大きいね」

お姉ちゃんは口の中で舌を器用に使って舐め回してくれた。
お姉ちゃんは俺のチンコを咥えながら自分でパンツを脱いだ。
69の体勢でお互いに舐めあった。
お姉ちゃんの濡れたマンコを夢中で舐め尽くした。

「そろそろ入れて」

そう言うと、お姉ちゃんは仰向けに寝た。
俺はお姉ちゃんのマンコにチンコを当てて、穴を探して入れた。

「お姉ちゃん、痛い?」

「大丈夫だよ。ユウキ君、腰を振って」

俺は言われた通りにした。

「お姉ちゃん、気持ちいい?」

「うん」

「俺、お姉ちゃんと出来て嬉しい」

「私も」

「お姉ちゃん・・・俺、もう出る」

「いいよ。私の中に出して」

「本当にいいの?」

「うん、出して」

「じゃあイクよ」

俺はお姉ちゃんの中にたっぷり出した。

「いっぱい出たね」

「うん」

「気持ちよかったね」

お姉ちゃんは俺のチンコをまた咥えて、全部吸い出してくれた。

帰る時間になり、服を着た。
そのときお姉ちゃんはディープキスをしてくれた。
ディープキスは5分ほど続き、「また遊びに来てね」とお姉ちゃんに言われ、俺はぼーっとしながら歩いて家に帰った。