元ナンバーワンヘルス嬢のマミさんと同棲して、事実婚状態で過ごしていた。
そしてお互いの両親に挨拶も終えて、ついに結婚した。
マミさんは結婚が2度目で連れ子(彩花)もいることもあって、親族とごく親しい友人だけを招いて結婚式を挙げた。
いいムードで結婚式を終えることが出来た。
それからは普通に一緒に暮らし始めた。
結局、マミさんの家に一緒に住むことになったが、そもそもマミさんの家で同棲していたので何も変わらない感じだった。

結婚式の夜、家に帰って彩花ちゃんを寝かしつけると、マミがウエディングドレスを着てくれた。

「トオルちゃん、こんな私と結婚してくれて本当に・・・本当にありがとう。彩花と2人で生きていくと思ってたから・・・嬉しいよ・・・」

泣きながら言うマミ。

「俺こそありがとう。こんな冴えない男と一緒になってくれるなんて、ほんとマミは変わり者だよw」

「そうだねwトオル、愛してる。浮気しても何しても、最後に私のところに戻ってくれたらそれでいいから・・・お願い、ただそばにいて・・・それだけでいいから・・・」

よほど前夫との離婚がダメージだったんだろう。

「約束するよ。それに絶対に幸せにするつもりだよ。マミも彩花もね」

「ありがとう・・・ねぇ、してあげる・・・」

そう言ってウエディングドレスのまま俺の前に跪いて、ズボンを下ろしてきた。
ウエディングドレス姿のマミにこんな事をされると、ものすごく興奮する。
妙な背徳感がある。
純白のドレス姿の女性を汚す感じがするからだろう。

「本当、何回見ても見惚れるよ、この造形美」

そんなことを言いながらカリを舐め始めてくれる。
ベール越しに、いやらしく舌が動くのを見ているとドキドキする。

「もうダメだ、我慢できない。トオルちゃんの極太チンポは理性を壊すね」

そう言いながら、マミは後ろ向きになってスカートを捲り上げた。
純白のガーターベルトに可愛らしいショーツ。
自分がウエディングドレスフェチだったことを知った。
そしてショーツの紐を解いて、はらりと床に落すマミ。
白い手袋をしたままアソコをクパァと広げる。
天然物ではないが、パイパンのアソコがエロい。
それなりに色も沈着していているが、ウエディングドレスとのコントラストで余計にエロく見える。

俺はマミのアソコにチンポを押し当てて、「自分で入れていいよ」と、意地悪く言ってみた。
するとマミは怒るわけでもなく、上機嫌で・・・。

「はぁーい。いただきます」

そう言って、一気にお尻を押しつけてきた。
ズボズボッという音がしそうなくらいの勢いで、一気にチンポを咥え込むマミ。

「お、おおぉお、ごぉ・・・ンヒッ!来た来たコレコレぇっ!えぐるぅ・・・あ、ひぃあぁ、ン、ぎもじいいっっ!トオルぅっ!ヤバいぃ、イクぅ・・・」

そう言うとガクガクガクッと腰を痙攣させる。
マミは初めてヘルスの個室で結ばれた時から、異常に感度が高い。
入れただけでイクのはいつものことだ。
だが、嘘かも知れないが、俺とする前までは、どちらかというと不感症に近かったらしい。
やはり仕事で日常的に不特定多数の男達にアソコを舐められたり触られたりしていると、そうなってしまうのかも知れない・・・。
昔のヘルス時代のことを思うと嫉妬や悲しみが湧き起こるが、思いの外男性経験が少なくて純情だったマミが、今は俺だけを見てくれているので気にならなくなってきた。
それに、俺だって浮気をしてたし。

最近は会っていなかったが、浮気相手だったキョウコが結婚式に来てくれたので、久々に会った。
やはり可愛いと思った。
マミとは初対面だったが、にこやかに話をしていて、ちょっとヒヤヒヤした。
その直後、マミに言われた。

「キョウコちゃん、可愛いね。トオルがヒロシ君(親友でキョウコの旦那)の所に遊びに行きたがるわけだ。ダメだよ、友達の奥さんに変なことしたらw」

釘を刺された。
女の勘の良さは侮れない。

ウエディングドレス姿のマミとスカートを捲り上げた状態で繋がっているのは、本当の意味での結婚式をしている気持ちになる。
俺は、まだガクガクしているマミの腰を両手で掴んで、手でマミを引きつける動きと腰を突き出す動きを同時に始めた。
俺のチンポで突き殺すくらいの勢いでピストンを始めると、マミが喘ぎ始める。
ベール越しにとろけた顔が見え隠れする。

「ひぃぃんっ!おっ!オッ!オッ!オオぉっ!お、おおぉぉおおぉぉおおお、トオルちゃん、すごぃ、それ・・・もっと・・・強くぅ・・・ヒッ!ヒッ!ヒィッ!グ、るぁぁぁつっ!」

自分でやっていてもマミの中が壊れてしまうのではと不安になるくらいのストロークだ。
俺の長いチンポが抜けそうになるまで引かれて、子宮を押し潰しながら奥まで挿入される。
その動きをかなりのスピードで繰り返す。
ベッドに胸から突っ伏して腰を上げた状態のマミ。
ウエディングドレスと純白のガターベルトが艶かしい。
今日が初夜というわけでもないのだが、俺は新鮮な気持ちでマミを突きまくっていた。

「ん゛ん゛ーーーーっ!!!お、おお゛お゛ぉーーーーーっ!!ダメ、トオル、死ぬ、あぁ、愛してるよぉ・・・ダメだ、漏れる、イヤぁぁっーーっ!」

そう言うと、いつものことだがマミがおしっこを漏らし始めた。
ウエディングドレスにかからないように、俺が上手くスカートをコントロールする。
強いアンモニア臭が立ちこめる中、床にシミが出来ていく。

「やっぱりダメ・・・また我慢出来なかったよぉ・・・ゴメンなさいぃ・・・」

羞恥と快感でグチャグチャになった顔がベールから覗いている。
いつものことなので、ベッド脇に備え付けてるタオルでマミを拭き、床も拭き終えると、ベッドに仰向けに寝転がった。
何も言っていないのにマミが俺のチンポを舐め始める。
マミの本気汁で白く染まったチンポを、丁寧に愛情を込めて綺麗にしていく。

「本当にコレ、凄いよ・・・ねぇ、もう入れてもいい?ていうか入れるからw」

そう言うと勝手に跨がってきた。
ウエディングドレスが邪魔な感じだが、結局着たまま跨がって挿入した。
花嫁姿で騎乗位になり、スクワットでもするかのように姿は、エロい中にも神聖な感じもするので不思議だ。

「うぅあぁ、子宮にっ、う、アァッ!ゴンゴン当たってるぅ、トオルぅ・・・赤ちゃん欲しいぃ、トオルぅ、あぁ、ぐうぅ、子宮に・・・直接注いでぇ・・・」

ラテンダンサーのように腰を前後上下に振りながら、そんなことを言うマミ。
彩花ちゃんは可愛くて懐いてくれているが、やっぱり俺の種の子供が欲しい。
マミは今はピルも飲んでいないし、子供を作ろうと2人でいつも話している。
ずっと生で中出しを続けているが、意外と妊娠しないものだと驚いている。

顔がとろけて、太ももがビクビクと震えているマミ。
動きが少し鈍くなってきた。
イキすぎて疲れているようだ。
マミをウェディングドレス姿のままベッドに寝かせると、正常位で重なった。
ベールが捲れてマミの可愛い顔がよく見える。
可愛い顔がとろけて、目の焦点が怪しい感じになっている。
リズミカルに正常位で腰を振ると・・・。

「おぉーっ!だめぇーーっ!おチンポ、いいっ!あぁっーっ!おチンポすごいぃっ!おおっ!お、あっぁっ!おチンぽぉ、好きぃっ!ううぅあぁうぅ・・・」

YUKIみたいなロリ顔のマミが淫語を叫んでイキまくるのはギャップがあって凄くエロい。
突然、マミが俺の首の後ろに両手を回し、引きつけて抱きついてくる。
そしてキスをして舌を突っ込んでくる。
もうイク寸前のようだ。
俺も、もう限界が近い。

「トオルの、硬くなってきた、イクの?イッてぇっ!中でイッてぇっ!ああぁあぁああ゛あ゛ぁっ!」

そう言いながらマミの両足が俺の腰に巻き付いてくる。
大好きホールドをされると多少動きづらくなるが、スパートをかける。
ウエディングドレスのマミに中出しをするのは格別な思いが湧き上がる。
俺はキスをしたままマミの中にたっぷりと放出した。

「んんーーっ!!!」

マミがキスをしたまま呻いた。
しばらくそのまま抱き合っていた。
マミはウェディングドレス姿なので、抱き締めるとゴワゴワしたが、幸せだった。
そのまましばらく抱き合っていた、マミは幸せそうな顔だった。

「トオルちゃん、本当に上手になったよね。前はおちんちんだけ凄かったのに、テクニックまでついてきたら、もう無敵だよね。いまだにトオルちゃんとセックスするのが楽しみでしかたないよw」

そんな嬉しいことを言いながら、白い手袋をしたままの指で乳首を触ってくる。
レースの肌触りが妙に気持ちいい。
マミとの結婚生活は、こんな感じで始まり、セックスも今まで以上に回数が増えて内容も日に日に濃くなっています。