ノーマルだった彼女を1年くらいかけて調教し、俺の趣味である他人棒を与えることに成功した。
ネットで募集した単独氏をホテルに呼んで彼女を抱かせる、ということを何回か行なっていたが、さすがにそれもマンネリだなと思った。
屋外でのセックスを経験させたいと思ってたこともあり、まずはその前のステップとして漫画喫茶を選んだ。
掲示板で募集をかけると、中止する可能性も示唆したにも関わらずメールがたくさん来た。
その中で何人かに絞って、また連絡することにして一旦切り上げる。

数日後の昼過ぎ、彼女にメールして返信を待ち、今晩の予定を押さえた。
最初は楽しげな絵文字を交えた返信だったが、この件を切り出すと返信は来なくなった。
今までの経験からすると、この程度のことは想定内のことだったので特に方針を変えることはない。
プレイを持ちかけた時に、いわゆる素の状態だと、羞恥心と理性が邪魔をして対応が出来ないのだと思ってる。
実際にプレイが始まり、しばらくするとスイッチが切り替わったみたいにプレイに没頭し、ベテランの単独氏をして“ちょっと考えられない”くらいの落差のあるプレイになる場合が多かった。

やりとりの流れを無視して、彼女を拾いに行く時間と場所を指定し、『わかった?』と送信すると、しばらくしてから『はい』と書いただけのメールが来て、今日のプレイが決定した。
さっそく掲示板で募集していた人達にメールをする。
ドタキャンを考えて3人にしたのだが、3人から『行きます!』と返信があったので、彼女は3人の相手を務めることになった。
大まかな時間と店名を3人に送信し、続けて彼女にメールを出す。

『今日は漫画喫茶で。時間差で3人なんでよろしく』

案の定、彼女からの返信はなかった。
退社時間になると俺は車で待ち合わせ場所まで向かった。
時間ぴったりに到着すると、仕事帰りの彼女が待っていた。
彼女は助手席のドアを開け、無言で座席に座った。
何回か1人で利用したことのある漫画喫茶に車を向ける。
彼女から口を開き、努めて日常の会話をしているように思えた。

駐車場に到着し、あらかじめ用意していた小物を入れたバッグを持って漫画喫茶の店内に向かう。
少し遅れて彼女が俺の後ろをついてくる形になった。
この店はちょっと薄暗い照明で、通路には所々監視カメラがあるのは知っていた。
受付でカップルシートを選んで席への移動中、監視カメラの位置を確認。
カップルシートエリアの部屋は通路側の席だった。
カップルシートエリアの入り口には監視カメラはあるものの、部屋の天井付近にはなさそうだ。
隣には先客がおり、あまり音は出せないのを指差して伝えると、彼女はこくんと頷いた。
入室してネットに繋ぎメールをチェックすると、すでに入室していた人がいたので連絡をとった。
彼女は漫画を見ながらこちらには関心がない風を装っている。
ここまでは俺たちは普通の利用客だった。

メールで簡単な打ち合わせを行ない、部屋番号を教え、5分後に来るように伝える。
彼女に用意を促すと、俺の目を少し見て、諦めたように服を脱ぎだした。
スカートを脱ぎ、ブラも取り、ブランケットを羽織る。
その下はパンティ1枚になった。
持参したアイマスクで彼女の目を隠し、準備は完了した。

きっかり5分後、足音が部屋の前で止まる。
遠慮がちに引き戸が開いて、目と目で挨拶をする。
3人掛けの席ではあるが、3人入るとかなり狭い。
彼女を膝立ちにさせる。
単独氏も同じ格好で向き合う形になった。
目で合図して単独氏にブランケットを取ってもらうと、彼女の裸が露わになった。
俺はその様子を撮影しながら続きを見守ったが、予想外の状況に単独氏が戸惑って進まない。
募集の条件は単に『裸を見せるだけ』としてあった。
選んだ3人には念の為、ゴムの持参をお願いしていた。

声を出せないので『胸を触っていい』とジェスチャーで指示すると、躊躇いがちに手が伸び、彼女の胸を触り始める。
彼女の体がびくっと動き、唇を噛んで顔が下を向く。
そこでペースを掴んだのか単独氏が胸をさらに愛撫し始め、ついに舌が這うと彼女は単独氏の頭に手を回し天を仰いだ。
半開きになった唇がエロい、俺もフル勃起だ。
単独氏はその唇に吸い付き、少しすると彼女の頬が微妙に動く。
舌を絡めるのを許したようで、しばらくキスが続いた。

やがて彼女の腰に手を回し、クッションを背に置かせて単独氏は彼女の腰からパンティーを抜き取る。
膝を押し広げ、限界まで開脚させてしばらく観察した後、おもむろに彼女のアソコに吸い付いた。
手で胸を愛撫し、クンニを続ける単独氏。
さすがに彼女も感じてくるのを抑えられなくなってきている様子だ。
部屋は彼女の押し殺した声と3人の熱気で異常な雰囲気になってきた。

持参していた小型のバイブを単独氏に手渡すと、メールであらかじめ伝えてあった通り、彼女の弱点のクリトリスを攻め始める。
そしてバイブでのリズミカルな抽送が始まると彼女の上気した顔が一層赤くなる。
俺も彼女の胸やクリトリスを愛撫しながら撮影し、3P状態で彼女を一緒になって弄ぶ。
隣室のカップルが気づいているかはわからないが、ここまで来て途中でストップさせる気は俺にはなかった。

彼女の頭側に移動して、「どう、欲しい?」と聞くと、無言で彼女は頷いた。

「ちんちんが欲しいの?」

さらに聞くとまた頷く。

「じゃあ『お願いします』って言いな」

そう耳元で囁くと、「お願いします・・・」と掠れた声を出す。

そして俺の耳たぶをこりっと齧り、耳の中に舌を差し込んで舐め回してきた。
完全にスイッチが入った彼女を確認し、俺自身ギンギンになりながら、単独氏にゴムを装着するようジェスチャーで伝える。
単独氏は狼狽しながらもカバンの中からゴムを取り出し、装着し始めた。
クッションにもたれながら肩で息をする彼女は俯いたままで、股間は愛液が垂れているのか蛍光灯の光を薄っすらと反射して光っている。

単独氏の準備が整う。
俺の目を『本当にいいの?』という感じで見たが、頷いた俺を見て挿入を始めた。
唇を噛んで挿入に耐える彼女。
いじらしいくらいに声を押し殺して喘ぐ。
それを見ながら俺は彼女の乳首を弄って彼女を追い込む。
見たこともない表情で彼女が喘ぐ。
やがて単独氏の抽送が速まり、彼女も終焉を予期したのか一層顔が上気する。
単独氏の動きが緩やかになり、彼女の中で果てた。
単独氏は少し余韻を味わった後、汗を拭っておしぼりで顔と身体を拭きはじめる。
俺は荒く肩で息をしている彼女を撮影していた。
単独氏は全裸でアイマスクをしたままブランケットに包まっていた彼女に、「ありがとうございました」と声をかけ、俺に黙礼しながらそっと出て行った。

コーヒーを飲んで彼女を落ち着かせていると、先程の単独氏からメール着信。
確認すると『まさかの連続でした!』から始まり、彼女の裸体を含めた美しさ、俺へのお礼と、『まさか挿入まで出来るなんて』という感嘆と感謝の気持ちがこれでもかと書き綴られていた。

「ほれ、見てみ」

彼女に文面を見せると、途中で顔を伏せて照れ笑いしながら画面を手で隠した。
その後、時間を置いて2人を受け入れさせたのだが、1人目でスイッチの入った彼女は結局全員とセックスをしてしまい、漫画喫茶を出る頃にはすっかり夜中になっていた。

「俺の相手もしてくれよな」

俺は彼女を帰宅途中のコンビニの駐車場の隅に連れ込んだ。
最初は拒んでいたが、まだ余韻の残っている彼女を陥落させるのは簡単だった。
結局、全裸にして立ちバックでハメながら写真撮影。
こうして次のステップのはずだった屋外セックスも経験させた。
予想外の収穫に気を良くした俺は帰りの車の中で今後の調教のプランを考えていた。