姉と弟の関係です。

とりあえずスペック。
私:姉、大学4年、就活負け組。
157cmくらい、細身、Cカップ。
誰に似てるかは分からん。
前にナンパ野郎に、パフュームのあーちゃんとか、綾瀬はるかに似てると言われて、(どーせアゴがしゃくれとるよ!)ってイラッとしたことはあるw

弟:高校2年、170cmちょい、骨太、弱小サッカー部。

就活がうまく行かなくて、毎日暑いし、中小企業もあんまり回るところが残ってなくて、それどころか3年のインターンが始まってて、すごい絶望的な気分だった。
で、内々定組でビアガーデン行って飲んだんよ。
結構夜遅くまで飲んだ。

去年内定が出なくてわざと留年した先輩(今年も内々定)が、すごい酔って絡んできて、「俺を慰めてくれ~」ってベタベタしてきた。
トイレに逃げたら、ドアを叩いて鍵を開けようとガチャガチャしたりして怖かった。
電車組の子らは「終電あるんでー」って、サッと逃げちゃって。
私は自転車組だったから逃げ遅れて、先輩も残ってて、どうしようって思ってたら弟から電話があった。

(神よ!)

そう思って、その場で電話に出たら、先輩が、「男か?俺というご主人様がいながら、なんだ!」とか怒りだして・・・。

(ウゼー!この酔っぱらい!誰が主人じゃボケ!)

わざと「あっ、お父さん?」って親の電話のふりをした。
そしたら先輩はちょっと静かになったw

弟「親父じゃねーし。ねーちゃん酔うとるん?」

私「うん、ごめんなさい」(←父親のフリで会話)

弟「いや、謝らんでええけど・・・帰りどうすんの?」

私「迎えに来てください!」(←即答)

そしたら先輩が、「いやいや、まだ飲もうや!お父さんには俺が話するから!」ってケータイを取り上げようとしたから、「やめてください!」って逃げようとしたらケータイを落とした。

蓋が外れて電池が飛んで、電話が切れた。
腹が立ったから、わざと大きい声で、「先輩ひどーい!」って言って、電池を回収してトイレに逃げて、弟のケータイに電話した。
繋がってすぐ、「ねーちゃん、大丈夫か!?」って、ものすごく心配された。

私「先輩がな、酔って絡んでくるんよ・・・。怖いから、お父さんか弟君、迎えに来てくれん?」

弟「分かった。親父はビール飲んどったから俺が行くわ。◯◯町(繁華街)で飲んどるん?」

私「うん。◯◯塾の近くのファミマにいるから」

トイレから出たら別の男子がいて、「先輩ヤバイから先に帰った方がいいよ」って言ってくれたから、会費をその子に渡してササッと店から出た。
で、自分の自転車に乗って待ち合わせのファミマに行って本とか立ち読みしてたんだけど、弟が来ない。
あ、よく考えたら車の免許持ってないから、もしかしなくても歩きかw
電話したらやっぱり歩きだった・・・。

「怖いから早く来て」って言っておいたw

でも最近、就活のことでイライラして弟によく八つ当たりしてたから、あんまり頼み事を聞いてもらえる状態じゃないのは分かってたので、自業自得乙wって気分。
歩きだからまだ時間かかるよなーって立ち読みを続けてたら、店に誰か入ってきた。

「おい、私子、何しとんなー!?」

・・・先輩だった。

「勝手に帰りやがって、どういうつもりなら!俺から逃げたんか!」

なんかもうすごい酔ってんの。
店の中で大声出して、迷惑になるから駐車場に連れ出したら、二の腕を掴まれて・・・。

「一緒に来い。ええとこ行こうや」

「やめてください!家族が迎えに来るから待ってるんです!」

「嘘つけ、自転車があるやろうが!」

って停めてた自転車をガーンって蹴られた。
慌てて起こしたらカゴが変な方向に曲がってて、「先輩、ひどい。いい加減にしてください」って言ったら頭を叩かれた。
平手だったからそんなに痛くなかったけど、ショックでびっくりした。

「飲み会で先輩より先に帰ってええと思うとるんか!」

怒鳴られた。
いや、終電組は私より先に帰ったしって思ったんだけど、反論したら逆ギレするから黙ってた。
サラリーマンの男の人とかが近くを通ったけど当然知らんぷりして助けてくれないし、なんでこんな人に怒鳴られないといけないのって困って黙ってたら、また二の腕を掴まれた。
すごい気持ち悪くて、反射的に振り払ったら顔を叩かれた。
バシーンって。
よろけて、サンダルだったから足首がちょっとグキってなって、どうしようって思った。
走って逃げれないって。
そしたら涙が出てきた。

「なに泣きよるんなら!」

先輩が怒って、ほんとに意味分かんない。
店の中に逃げて警察を呼んでもらおうってドアの方に行ったら、また腕を掴まれた。

「おい、私子!」

交差点の方から大きな声がして、振り向いたら弟だった。

(うわ、何この神展開)って、ほんとびっくりした。

ダーッて走ってきた弟が私の腕を掴んでグイッと引き寄せて、先輩から離してくれた。

「なんならお前?」

先輩がちょっと怯んだ。
弟は背はそんなにないけど筋肉バカなんで、ひょろい先輩よりは強そうに見えたw

「私子に何したんですか?」

そのとき私は恥ずかしながら涙を流してたんで、弟はびっくりしたのか、先輩を睨みつけてそう言った。
高2男子が大学4年に!
ねーちゃんの方がびっくりだよ。
つか、私のことを「ねーちゃん」じゃなく名前で呼び捨てとかあり得ないし。

「いや、別に・・・」

って先輩がヘラヘラしながら言ったら弟が、「私子のこと殴りましたよね?」って言い出して、私は弟まで殴られて喧嘩になったら怖いから、「もういいから帰ろう」って言った。
先輩がうざかったから、「ここで揉めたら警察呼ばれますよ」って言ってやった。
そしたら先輩はあっさり帰りやがった。
人を殴って謝りもしない。
教務課にチクろうかなって思った。

先輩が見えなくなってから・・・。

「ねーちゃん、大丈夫か?」

弟が心配そうにしてたから、「うん、平気」って言って、弟に自転車を運転してもらって2人乗りで帰った。
弟の腰に手を回してくっついてたんだけど、すごい汗かいてて、聞いたら「走ってきた」って。
いい奴w
家に着いてガレージに自転車を置いたら、急に気が抜けて涙が出てきた。
弟が明らかに困ってて・・・。

「ねーちゃん大丈夫か?どっか痛いんか?」って頭撫でてきた。

なんかいい奴だなぁ、こいつw
怖い思いをしたから、どさくさに甘えようと思って弟に抱きついた。
今年の頭くらいから急に背が伸びてるから、(おー、なんか男っぽいなー)って妙に感心した。
密着して、(さすがは筋肉バカ、胸板が厚いなー)とか思ってた。
弟は頭撫でてくれたり背中をトントンして、「大丈夫か?」ってしてくれた。
ほんといい奴!
高校生男子すげー!とか感心してたw
あんな先輩と比べたら100倍くらいかっこいいw

「弟君、ありがとう」

私にしては珍しく素直にお礼言ったら、「べっ、別に・・・」だってw
なんだそのツンデレな反応。

私「でも、ねーちゃんのこと呼び捨てにしたよね」

弟「あれは、なんか先輩に絡まれてたから、なんか違う男のフリした方がええんかなって・・・」

私「違う男?」

弟「か、彼氏とか・・・?」

なんで疑問形?
あと、骨盤のところに妙な感触がある・・・。

(勃ってるw)

びっくりしたけど、なんか可愛いなーって思って、わざともっと抱きついて胸(あんまないけど)をムニムニ押し付けたりしてみた。
弟はびくってなって、ちょっと腰を引いた。

弟「も、もう家に入ろうや」

私「やだ。まだ涙出とるし」

弟「蚊にかまれる」

それは嫌だから、しぶしぶ家に入った。
12時過ぎてたから両親はもう寝てた。
ささっとシャワーだけ浴びようと思って、ついでに弟に、「一緒にシャワー浴びる?」って聞いたら、「アホか酔っぱらい」って。
で、シャワー浴びて、暑いからマッパで台所をウロウロしてた。
そのまま2階に上がって(このときは一応バスタオルを巻いてた)弟に、「シャワー使いなよ」って声をかけた。

「いや、もう寝るから給湯器切っていいよ」

「でも、汗かいてたから入りな」

ってノックもせずに部屋のドアを開けたら、弟がベッドの上でマッパになってた。

「うわ!」

慌てて膝抱えたけど、なんかティッシュが散乱してる・・・。

「ちょっと!閉めて!」

ドアを閉めた。
あ、部屋の中に入ってからねw

弟「ねーちゃん!」

私「静かに。お母さん起きるよ」

弟、真っ赤になって涙目。
可愛い。
あと、やっぱり筋肉バカ。
腿が超太かった。

弟「ちょ、何なん?意味わからんし」

私「さっき勃っとったもんなー、弟君」

弟「うるせぇな。仕方なかろうが」

私「出したん?」

弟「は?」

私「勃っとったやつ、出したん?」

弟「お、女のくせに『勃った』とか『出した』とか言うな」

私「えー、あんた知らんの?女の子でもフツーに言うし」(←嘘)

弟「嘘ぉ・・・」(なんか←悲しそう)

私「え、ほんまに知らんの?弟君、彼女いないん?」

弟「仕方なかろうが!うち男子校だし」

私「童貞なん?」

弟「なんでねーちゃんにそんなこと言わんといけんの」

マッパで膝を抱えたまま怒る弟。
やばい、情けなさすぎて可哀想で可愛いw
その後、なんかぐだぐだ言って、最終的にアソコを見てやった。
へにゃってなってたんだけど、指で触ったらだんだん大きくなって、弟が「やめて。マジやめてください」って涙ぐんだ。
さらに情けなさすぎて可哀想で可愛いw

私「出してあげようか?ねーちゃんにされたら嫌?」

先っぽをナデナデしながら聞いたら黙ってたので、ちょっと扱いてから、「やめようか?」って聞いたら、「鬼だ」とw
うん、ねーちゃんSなんだよねw

弟のちんちんは結構大きかった。
勃起してる状態で、昔の彼氏よりちょっと長さがある感じ。
太さは同じくらい?
というか、一緒に風呂に入ってた小学生の頃のリトルぞうさん状態からすると、『どうしてこうなったw』と言いたい。

(いつの間に形が変わるんだろ?不思議だなー)って思いながら扱いてたら・・・。

弟「おっぱいに触らせてください」

敬語かよw

私が「いいよ」って言ったら、恐る恐るバスタオルの上から触ってきた。
でも、ほんと“触れてます”って程度で遠慮がち。
そりゃそうかw

「弟君、可愛いね」って言ったら、「何それ」ってムッとしたんだけど、バスタオルをずらして、直に胸に触れるようにしたら黙った。
手のひらでむにゅってされて、手が熱くて気持ちよかった。

弟「俺が可愛いからこういうことするんか?」

って言うから「うん」って言ったら、「ひでえ」だって。
ちんちん扱きながら胸を揉まれてて、カチカチになってきたから、(そろそろかな?)って思ってたら、いきなりベッドに押し倒されて、乳首に吸い付かれて、思わず「あんっ」て声を出したら、弟が「ウッ」って射精した。

(わ、若い・・・)

で、その日は後片付けして、とりあえず自分の部屋に戻って寝た。
夜中に弟がまだゴソゴソしてるのが分かった。

(あー、また自分でしてるー)って思いながら寝た。

<続く>