私は色んなチャット広場でネットナンパをするちょい悪オヤジです。
奈良県在住の涼子という人妻に出会いました。
彼女は三十路で2人の子持ちママ。
仲良くなるにつれ夫の愚痴を聞かされるようになり、その愚痴の内容はかなり衝撃的なものでした。
DV夫らしく・・・。

『背中が痛い』
『離婚したい』
『旦那なんて嫌い』
『もう3年もセックスしてない』

捲し立ててきました。

(あ~、頭がおかしい女が来たよ・・・)

メンヘラだなと思っていたのですが、出会い系ではないノーマルのチャット広場なので、そんなのにも付き合います。
普通のチャットの攻略法は“焦らず”が常套手段なので、テレビを観たりしながら適当に相槌を打ち、相手の情報を聞き出して心配してるふり。
そしてメル友になり、その後は挨拶から世間話、DVの相談などを3ヶ月ほどしていました。

涼子から『またDVされた!もういや』というメール。
子供のこともあるから離婚は難しいのだそうです。
そこで俺は、『ストレス発散しないと頭おかしくなっちゃうよ。一緒にお昼ご飯食べて映画でも観ようか?』と誘いました。
最初は警戒してなかなか『はい』とは言いませんでしたが、彼女も切羽詰まってたのか、結局了解しました。
そんな感じで会うことに。
顔も知らないので、会って飯食ってバイバイ・・・なんてことも結構あるけどね。

8月の暑い日でした。
京都駅で待ち合わせ、涼子が来ました。
顔は・・・中の上ですかね、まぁアリかなって感じ。
色白と言うより青白い感じの肌で、(薄幸感、ハンパね~)と、笑いそうでした。

「初めまして!」

軽い挨拶をして、「今からバイバイするまでは家庭のことは忘れてね。デートだから!」と手を取りました。
彼女は恥ずかしいと言って逃げようとしましたが、離しませんでした。
その後は昼食をとり、映画は観ませんでしたが、ぶらぶらしたりお茶を飲んだりして時間を潰し、夕方になりました。

「そろそろ送らないとね」ってことで車に乗り込み、奈良方面へ。

わざと高速には乗らず下道で向かい、手は繋いだままでいました。
脇道に入り涼子の手の裾を捲ると、予測通り青アザが。
その青アザに、「可哀想に・・・」と言いながらキスすると、彼女は泣いていました。

(今日はイケる)と確信しました(笑)

その後、すかさず唇にキス。

「ホテル、行こうか?」

彼女は小さく頷き、「はい・・・」と。
確定です(笑)

近くにあった古いラブホへ行く途中、涼子は少し震えていました。
処女か!ってツッコミそうになりましたが、まぁセックスレスで3年処女なら仕方ない。

先にシャワーを浴びてベッドで待っていると・・・。

「電気消して」

アザを見られるのが嫌だそうです。
少し暗くしたらベッドに来ました。
ベッドに寝かせてキス。
舌を絡ませるだけで息が荒くなり、耳を舐めると喘ぎ声を出しました。

「もう濡れてんじゃないの?」

そう言って股に指をやると、ヌチャ・・・。

「もうびちょびちょだね」

恥ずかしがって顔を背けました。
少しイジメてやろうと思い・・・。

「キスだけで濡れるんだぁ、涼子はスケベやなぁ」

「久しぶりだから・・・」

感度のいいCカップのおっぱいを吸いながら、指は彼女のびちょびちょマンコへ。
彼女の粘度の低いマン汁は洪水のように溢れてきて、彼女の下着とシーツを濡らしました。
またイジメたくなり・・・。

「3年分溜めてたんじゃないの?そんなに気持ちいいの?」

「・・・」

「気持ち良くないの?」

涼子が「気持ちいい」と言うまで繰り返し聞きました。
たぶんMです。
その後、びちょびちょマンコをわざと大きな音を立てて舐め・・・。

「俺のも気持ち良くしてよ」

彼女の体を起こして口の前にチンコを持っていき仁王立ちフェラ。
彼女の頭を持ち、深く入れてやりました。

「そろそろ入れて欲しい?」

「・・・」

「自分から『入れて欲しい』って言うまでこのままだよ」

「入れて・・・欲しい」

「いっぱい突いてあげるからね」

その後は体位を変え、休憩後また激しく鬼突き。
何度も何度もイカせたので、最後は白目を剥いてガチイキ。
私的にはあと1、2回出したかったのですが、初めてなのでこのくらいで許してやりました。

今は月2~3回ペースで会っています。
この頃はメールの内容も変わっていて、『早く抱いて欲しい』とか、家族問題よりもただの欲求不満な主婦って感じのメールが多くなっています。
たまに、単なるヤリマン奥さん?と思ってしまう時がありますが、夫のDVによる青いアザが私を現実に引き戻します。