金曜日の昼間に突然、学生の頃の佐藤先輩から携帯に電話が入りました。
佐藤先輩は地方から東京の大学に出てきて、今は地元の会社に就職していました。
急に東京に出張してくれと言われて、今東京に来ているとのこと。

「久しぶりにお前と一緒に飲みたくて」と言ってきたので快諾し、「もし良ければ僕のうちで飲んで泊まっていってください」と言うと先輩はとても喜んでいました。

そのことを携帯で妻に伝えました。

妻には、「今晩、大学時代の先輩が泊まりに来るから準備しておいてくれ」と。

仕事が終わり、8時前には家に着いて軽く食事を済ませ、風呂も済ませました。
風呂上がりにビールを飲んでいると妻が、「ねぇ、今日来る先輩ってどんな人なの?」と聞いてきたので・・・。

僕「学生の頃に世話になったんだ。結構かっこいいよ」

妻「へ~、楽しみ~」

僕「もう結婚して子供もいるけどね」

実は学生の頃、先輩とつるんで、よく女の子と遊んでいました。
佐藤先輩は背が高くかっこいいので、普通に飲みに行ってもすぐに近くの女の子たちと仲良くなって、そのままホテルへ・・・っていうのが何回もありました。
でも気に入った女の子にはかなり強引に迫ったりするので、ちょっと困ったこともありました。
今は結婚して子供もいるので、さすがにもう落ち着いたと思いますが。

そんな話をしてるうちに先輩が来ました。
時間は9時半くらいでした。
妻を紹介すると先輩は恐縮しながら「お世話になります」と挨拶していました。
先輩を食事の準備が整ったテーブルに案内して、妻のいるキッチンにビールを取りに行くと、妻は小声でニコニコしながら、「すごいかっこいい人ね、佐藤先輩って」と言っていました。
僕は「そうだろー」と言いながら冷蔵庫からビールを3本取り出し、それから3人で飲み始めました。
妻はいつもはあまり飲まないのですが、なんだか学生の頃に戻ったように、いつもよりたくさん飲んでいました。
3人でお酒を勧め合っているうちにみんな大酔っ払いです。

僕「先輩、今のうちにお風呂入ったらどうですか?」

先輩「お、そうだな、じゃお風呂お借りします」

先輩がお風呂に入りました。
先輩がお風呂に入ってる間にリビングの隣の和室に先輩が寝る用の布団を敷きました。
先輩のために用意したパジャマを風呂場に持っていき、「先輩、パジャマここに置いときますよ」と言うと、先輩は「ありがとうな。ひろし(僕)、お前の奥さん綺麗だな」と言ってきました。
僕は、「先輩の奥さんには敵いませんよ」と言ってリビングに戻りました。

そして妻に、「今、先輩が、奥さん綺麗だなって言ってたぞ!」と言うと・・・。

妻「嬉しい。最近そんなこと言われてないから」

少し照れていましたが、満更でもない感じです。
それからしばらくして先輩は風呂から上がり、また3人で飲みながら楽しく話していました。
いつの間にか午前1時を回ろうとしていて、もう眠くなったのもあって、そろそろお開きにしようと言いました。
先輩も疲れていたのでしょう、「そうだな、そろそろ寝ようか」と。
後片付けをして、先輩は布団の敷いてある和室に、妻と僕は寝室に行きました。
妻はまだお風呂に入ってなかったので、お風呂に入りに行きました。
お風呂から上がってきたら妻とエッチしようと思っていたのですが、いつもよりたくさん飲んだお酒が効いてきたのか、ついうとうとしてしまいました。

気が付くと、しばらく寝てしまったようでした。
時計を見ると30分くらい経っていました。
まだ妻がお風呂から帰って来ないので風呂場の方に行くと、中から妻の声が聞こえてきました。

妻「ああん、ダメです、ホントにやめてください。ああ、主人が起きてきますから・・・」

僕は心臓の鼓動が急に激しくなるのを感じました。
すぐに中で何が起きているかわかりました。
脱衣所の床にはさっき先輩に貸したパジャマと妻のパジャマが落ちていました。
風呂場のドアは半透明で曇りガラスのようになっているので、なんとなくですが中の様子が見えます。
すぐに止めに入ろうとしましたが、そこに以上に興奮している自分がいることに気づき、もうちょっとどうなるか様子を見てみようという気持ちになりました。
あそこもピン立ちの状態でした。
先輩が妻の後ろから抱きついて、Cカップのオッパイを揉んでいるように見えます。
そして先輩の手は妻のアソコを刺激しているようです。

「あ、あぁー」

妻の体がピクンピクンしています。
くちゅくちゅという音も聞こえます。
すると妻は立った状態で自ら股を開いて、先輩がアソコを愛撫しやすいようにするではないですか。
僕は思わず自分のモノをしごき始めていました。

今度は先輩と妻が向き合う格好になりました。
先輩がしゃがんで妻のアソコを下から舐めるようです。
さっきよりも妻の喘ぎ声が大きくなりました。
ものすごく興奮している自分がいました。
今度は先輩が立ち上がりました。
妻はしゃがむように上から肩を押されたようです。
妻の目の前に先輩の大きくなったチンチンがあります。
すると、なんと妻はいきなり、「主人のより大きい!」と言いながら舐め始めました。
普段、あまりフェラチオをしてくれないのに、自分から舐め始めるとは・・・。

曇りガラスなので妻の頭が上下しているのしか見えませんが、ほんの2、3分で先輩はイッてしまったようでした。
先輩も妻も、これで終わりみたいな感じで体にお湯をかけ始めたので、すぐにお風呂から上がってくると思い、急いで寝室に戻って、ドアを少し開けて様子を見ていました。
すると腰にバスタオルを巻いただけの先輩が出てきました。
その後、先輩に手を引かれてバスタオルを体に巻いただけの妻が出てきました。
そしてそのまま、先輩の布団の敷いてある部屋に2人で入ってしまったのです。

すぐに部屋の中から妻の、「もうこれ以上はダメです」と言う声が聞こえてきました。

続けて、「あぁ、あっ、ダメです、主人が起きてきちゃいます」と。

僕は和室の襖のところまで来ていました。
襖が2センチくらい開いていました。
妻は全裸で仰向けになり、両足を大きく開かされてアソコを先輩に舐められています。
声が大きくなるのと同時に腰が浮いているのがよく見えました。

突然、一気に先輩が大きく覆い被さったかと思うと、先輩の大きなちんちんが挿入されました。
妻の体が仰け反ります。

妻「あああー。お願いだからゴムをつけてください」

妻に言われても、先輩は生のままでピストンを続けます。
妻はもう我慢できなくなったらしく、家中に聞こえるくらい声が大きくなってしまっていました。

妻「あ、あああ、いっぱい、チンチンがいっぱい」

こんな卑猥な言葉を初めて聞きました。
すごく興奮してしまいました。
妻が他の男と目の前でセックスして、しかもよがっているんです。
妻は自分から先輩の腰に脚を絡めています。
まるで恋人同士のように結合しながらキスもしています。
今度は妻が四つん這いになり、お尻を高く上げて後ろから先輩が突き刺しました。

妻「あぁーすごい!奥まで突いて~、もっと~ああああぁぁー」

ちょうど真横からの角度だったので、先輩のチンチンが出し入れしているのがよく見えました。
出し入れするたびに妻のアソコが閉じたり開いたりして、中からエッチな汁が出てきているようです。
先輩はこれでもかというくらい妻のアソコめがけて打ち付けています。
パンパンと部屋に音が響いて、よく見ると妻のアソコの下のシーツはびしょ濡れでした。

先輩「そろそろイクぞ」

妻「中には出さないで!お願い!」

でも先輩は返事をしません。
そのままピストンを続けます。

先輩「いくぞ!・・・中に」

妻「嘘でしょ、やめて~、あぁー」

妻が言い終わる前に先輩は妻の中に果ててしまったようです。
でも、それで終わりではありませんでした。
先輩はイッたのにも関わらず、そのままピストンを続けています。
妻の様子が変わってきました。
ピストンするたびに、さっき先輩が妻の中に出した精子がダラダラとおまんこから垂れています。

妻「あああぁぁ、だめぇ~、い、いくっぅううう」

妻はイッてしまいました。
妻はピクンピクンと痙攣を繰り返しながら先輩にしがみついています。
僕は興奮したまま部屋に戻り、1人でオナニーしてました。
ものすごい量が出ました。
情けない話ですが、最高に興奮した一夜でした。