高校生の時に仲良しメンバー男2女3で集まってた時になぜか胸の話になった。
A君が「何カップあるの?」と聞いてきて、一緒にいたさやは「Cカップあるよ」と言い、唯も「私もC」とか答えて、雰囲気的に私も言わないといけなくなったから仕方なく、「ん~Dかな?」って答えた。
そしたらA君とB君は、「服の上からじゃあCとかDとか分かんないよな」とか言い始めた。

「見栄張って嘘ついてるだろ~」

って言われたから否定してたら、「チラッと見せて確認しよう」って流れになった。
なんかちょっとエッチな雰囲気になってたし、みんな興奮してたからか、少し大胆になってた。

A君とB君が見てる前で、さやと唯と一緒にシャツのボタンを胸元まで開けて、全部じゃないけど谷間が見えるくらいで見せてあげたら、「ヤバい、みんな意外とあるんだな」ってA君はかなり興奮した感じで、B君も「いつもは制服だからあんまり分かんないけどスゲー」とか言いながら見てた。

でも2人が、「さやと唯と同じにしか見えないけど、本当にDカップなの?」って聞いてきた。
ブラを見せるだけでもかなり恥ずかしくて緊張してたから、ハッキリ「あるよ」とはなかなか言えずにいたら、さやが「じゃあみんなでシャツ脱げばいいんでしょ」って言いながらボタンを全部外してブラだけになった。

「さや、ヤバい」

「すげぇ~エロい」

かなりテンション高めで2人は盛り上がってきて、唯も恥ずかしがってたのに、「仕方ないなぁ」みたいな感じでシャツ脱いだ。
さやがピンクで、唯が白のブラだったのは今でも覚えてる。
それからまた私に注目が集まったから、緊張してるのがバレないようにさらっとシャツを脱いでブラだけになったら、「本当だ、マジおっきいなぁ」ってA君に言われた。

これでやっと終わるかなって思っていたら2人が、「ここまできたら少しでいいから触りたい」とか言い始めて、さやと唯は「さすがにそれはダメ」って拒否ってたんだけど、かなり真剣にお願いされたから、仕方なく1人ずつA君とB君に触らせることになった。
この時点でタイミング逃したから断れなかったし、急な展開に本当かなり緊張してて、まともに考えられなかった。

結局触らせなきゃ終わらない状況だったから仕方なく、でもみんなの前じゃ恥ずかしいから、もう1つの部屋で順番にすることに。
最初はさやが入って、A君が続いて入った。
なんか待ってる間がすごく長く感じて、(早く終われ~)って思ってた。
それからA君が出てきて、「B、マジで感動するぜ」とかなりテンション高めで話して、B君も嬉しそうな顔ですぐ部屋に入っていった。
その後A君が、「本当に柔らかいのな」って言いながら唯と私の胸チラチラ見てくるので、なんか恥ずかしいのとのぼせるような感じでふわふわしてた。
唯が「大丈夫かなぁ?」って小声で聞いてきたけど、なんか声も出なくて、とりあえず頷いてるしか出来なかった。

それからさやとB君が出てきて、今度は唯とA君が部屋に入った。
さやは、「あいつら触りすぎだし」と顔を赤くしながらシャツを着てた。
B君は何も言わなかったけど、さやが着替える様子を見てニヤついてたのがなんかいやらしかった。
またしばらくしてA君と入れ替わりでB君が入っていって、その後2人で出てきた。
唯もさやの時と同じ感じで、顔真っ赤ですぐに着替えてた。

とうとう自分の番が来たので緊張してるのを悟られないように部屋に入ると、寝室らしくベッドがあったので、とりあえず端っこに座るとすぐA君が入ってきた。
A君は「やっぱ一番大きいよな」と言いながら隣に来て、ブラの上から触ってきた。
いきなりだったからびっくりしたけど、A君はさやと唯ので慣れてきてたのか、かなり大胆に揉んできて、「一番柔らかいし、凄いなぁ」って言いながら、さらに後ろに回り込んで両手で掴んできた。
恥ずかしすぎて黙ってると、おっぱいを触りながら抱きついてくる感じでかなり密着してきて、A君の荒い息遣いが近くで聞こえるのがちょっとヤバかった。

しばらくその状態で触られて、もう興奮と緊張で時間とか分かんなくなってたら、B君が入ってきた。

「A、長すぎ!俺の番だろ~」

そう言ってもA君がやめないので、B君は私の前に来て、2人で触り始めた。
それでやっと「やだっ!」って声が出せたんだけど、2人は無視して触ってる。
A君は後ろから触りながらスカートの下に手を入れてお尻まで触ってきたから、「ちょっと!」って止めようとしたら、いきなり変な感じがしてビクってなった。
(えっ?)って思ったら、B君がブラの中に手を入れて乳首を触ってた。
しかもやめずにどんどん触るので、思わず出そうになる声を我慢するので精一杯だった。
我慢して俯いていると、前にいるB君の股間がすぐ近くにあって、それは明らかに大きくなっていて、本当にどうにかなりそうでやばかった。
さすがにみんなが居たからそれ以上はなかったけど、もしもさやと唯が居なかったら、2人にやられちゃってたかもしれない。