自分が21歳の時に、アパートの同じ階に住んでて仲良くしてくれた奈保美さんという女性がいました。
彼女は、旦那さんと5歳の子供の3人暮らし。
ごみ捨てなどで朝に顔を合わせてると、彼女の方から声をかけてくれました。
そのうちに夕飯のおかずを分けてくれたり、こちらも田舎の送り物をお裾分けしたりしてました。

細身で色白で綺麗な人でしたが、セクシーってわけでもないし、年はひと回り違うし、当時は同年代の女に趣味があったからそういう対象ではなかった感じ。
だから普通に話せたのかなと、今なら思えますが。

そうして1年くらい経ったある時、奈保美さんが旦那さんの転勤で引っ越す話を聞きました。

「寂しくなりますね」

「そうね・・・せっかく孝くんみたいな格好いい子と仲良くなれたのに」

それから1週間くらい経った日の週末の朝、彼女と顔を合わせると・・・。

「今日の夜は暇?」

そう聞かれ、「普通に仕事して終わったら帰って来ますけど?」と返すと、「じゃあ飲みに行っていい?今日は誰もいないし!」と言われました。
オッケーすると「じゃあ後でね」と。

帰宅後、夕飯を済ませたものの21時を過ぎても現れず、お風呂から上がるとチャイムが鳴りました。

「こんばんわ」

現れた奈保美さんも彼女も風呂上がりなのか、パジャマ姿でスッピン。
お酒を持って来てくれました。
ビールを飲みながら話し、1時間が過ぎる頃にはお互いほろ酔いに。
貰ったワインを開けて飲んだりしたら、かなり酔ってきて。

「彼女はいないの?」

「いない」と言うと、「なんで?モテるでしょ?」と奈保美さんに聞かれて、「さっぱり」と答えると、「ヘェ・・・不思議」と。

そんな話をしている中で、「年上ってアリ?」と聞かれて、「アリですよ」と話したら・・・。

「じゃあ30代とかはオバサンかな?」

「経験ないけど、綺麗な人なら」

「私ってストライクゾーンかな?」

「奈保美さんは綺麗だからストライクかな?」

「嬉しいなぁ!私・・・孝くんのこと、好きよ」

突然のことでビックリしました。

「気付かなかった?鈍感だね・・・」

俺の手を掴み、奈保美さんが彼女の頬に当てて、「温かいね」と。
そして顔が近づいてきて・・・キスされました。
甘いシャンプーの香りがして、大人の色気があり、抱き締められると若かった俺はもう我慢出来ませんでした。
押し倒すと彼女からキスをされ、舌を絡められました。
パジャマのボタンを外すと白い素肌と小振りな胸が現れ、俺は欲望のまま貪りつきました。
首筋から胸を舐め回すと白い肌がピンクに染まり・・・。

「アンッ・・・アンッ」

奈保美さんが声を上げました。
下も脱がせるとパンティはすでにぐっしょり濡れていて、脱がせると、「恥ずかしいから」と言う奈保美さんに無視してしゃぶりつくと、「イャン!恥ずかしい!」と言いながらもどんどん溢れてきました。

「もうだめ!孝くん来て・・・」

脚を開かせて奈保美さんに入ると・・・。

「アンッ!孝くんの硬い!」

声を上げるて奈保美さんの中に奥まで突っ込みました。
それほど締め付けは強くはないものの、凄い濡れ方で動きを滑らかにしてくれる奈保美さん。

「アンッ!アンッ!アンッ!」

普段の清楚な感じとはギャップがありすぎる喘ぐ姿に興奮させられました。
見た目よりは肉付きが良くて、柔肌がたまりません。
正直な話、興奮してて5分くらいで出そうになったのを動きを止めて誤魔化してました。
でもそれを何度か繰り返していたら見抜かれてしまい・・・。

「我慢しなくていいよ!孝くん・・・イッていいから」

囁かれながらキスをされ、再び奈保美さんを突きました。
いよいよ込み上げてきました。

「イクよ」

「孝くん!来て!」

激しく突くと抱きつかれ、奈保美さんの中に果てました。

「イャン!ドクドク出てるぅ!」

奈保美さんは声を上げて感じてました。
しばらくそのままぐったりして、起き上がると奈保美さんが、「凄い良かったわ」とキスをしてきました。

「オバサンでガッカリしなかった」

「そんな・・・凄い気持ち良かったです」

「私も・・・もっと早くエッチすれば良かったね?」

横になって話していると、来週末には引っ越すらしく、今日は旦那さんと息子さんが実家に帰って留守だったとか。
彼女が本当に俺のことを好きだったのか、それとも年下と試してみたかっただけなのかはわかりませんが、その晩はそれから3度も奈保美さんと関係しました。

翌朝起きるとすでに奈保美さんの姿はなく・・・。

『思い出をありがとう!凄い気持ち良かったよ!近所の人に見られたらまずいから帰るね』

と書き置きがありました。
そして翌週、彼女はいつの間にか引っ越していました。
今はどこで暮らしているのかもわかりませんが、元気でいることを願っています。