数ヶ月前のことです。
私(36歳)の叔父が病気のために亡くなりました。
通夜と葬儀に参列し、10年ぶりに、叔父が離婚した嫁との間に作った従妹の清美と会いました。
記憶の中の清美は小学校に入ったばかりの女の子でしたが、通夜には学校から直接駆けつけたのか、今どきの女の子らしく、パンツが見えそうなくらいの超ミニのスカート、細い脚、程よい胸・・・と、すっかり“オンナ”の身体に成長した女子高生がいました。
その時はもちろん今まで良くしてくれた叔父との急な別れを悲しむだけでしたが・・・。

四十九日の時、魚釣りが好きだった叔父のお骨を海に散骨しようという話になり、納骨が済んでからみんなで数台の車に分乗して、お墓から2時間ほどの、叔父の毎回通っていた釣りのポイントまで向かうことになりました。
その時の清美の服装は、一応喪服のつもりなんでしょうか、黒の体の線がはっきり分かるワンピで、やっぱりパンツが見えそうなくらいの超ミニでした(笑)

途中、昼食のために、予約しておいた地元の魚介類を味わえるお店に寄り、座敷で昼食をとりました。
その時、清美は私の真正面の席に。
食事中は、親戚が集まった時にはお決まりの昔話とかで談笑しながら過ごしましたが、食事が済む頃には長時間の車の旅の疲れからか、清美は後ろの壁にもたれて、うたた寝をし始めました。
私は他の従妹達や叔父、叔母などと話しながら過ごしてたのですが、ふと清美の方に目をやると、しっかり組んでいた脚が解れ、黒いパンツが!
ドキッとしましたが、他の親戚もいるため、気付かないふりを続け、頑張って談笑を続けまました。

30分ほど経って、私も含め数人がトイレに向かいました。
用を済ませて出てくると清美がいます。

私は小声で、「さっき寝てた時、パンツ見えてたよ・・・」と耳打ちしました。

すると清美は恥ずかしがるどころか逆に、「見れて嬉しかった?」と笑いながら聞いてきました。
この一言から、ダブルスコアほど年齢の離れた従妹のペースです。

私「嬉しかったって言うか、久しぶりに清美みたいな若い子のパンツを見たからドキドキだったよ(汗)」

清美「本当に?見たいならもっと見せてあげようか?(笑)」

私「って、みんなもいるし、マズいでしょ?」

清美「今じゃなくても後からでも見る?(笑)」

私「それ、マジで言ってる?(汗)」

清美「あつ兄にだったらいいよ~」

こんな感じで、すっかり女子高生の清美のペースに嵌ってしまいました。
その日はさすがに他の親戚も一緒だったため、叔父のいつも行っていた足場の悪い地磯を歩く時に時々パンチラを見せてくれる清美を後ろから眺めるくらいで、携帯のアドレスだけ交換して、何事もなく帰りました。

次の日、メールをしてみました。

私『昨日はお疲れさまでした』

清美『私、車の中で寝てたし、全然疲れてないよ~。それに若いし(笑)』

私『そうだね、若いもんねぇ~』

清美『うん。それより、昨日言ったこと、どうする?』

私『昨日言ったことって?』

清美『私のパンツ見る?ってことだよ』

私『マジでいいの?オレ、もういい年だよ?』

清美『私、小さい頃に親が離婚してるからか、年上の男性って好きなんだぁ~』

私『マジで?』

清美『うん。だから、あつ兄のこともいいなぁ・・・って、この前から思ってたし』

私『そっか・・・(汗)』

清美『何、その反応?子供相手じゃイヤなの?(怒)』

私『いやいや・・・そんなこと言ってないけど・・・』

清美『けどって何よ?』

私『年だって倍くらい離れてるし、従妹だし・・・』

清美『だから安心できるんでしょ?』

私『そうなんだ・・・』

清美『今度、いつ会えるの?』

私『平日の夕方からだったら合わせられると思うけど』

清美『じゃあコンビニのバイトが休みの、今週の金曜日は?』

私『余程の急用が出来ない限り大丈夫だと思うよ』

清美『じゃあ金曜日に決まりだね』

私『その日は制服で来るの?』

清美『まさかぁ~、制服だったら、行けるところが限られちゃうでしょ?(笑)』

私『そ、そうだよね(汗)』

清美『金曜日は学校終わったら、あつ兄とデートだ~、楽しみだねぇ~』

私『う、うん』

こんな感じのメールのやり取りをしました。
運命の金曜日になりました。
私は数日前からドキドキして夜も寝れず、すっかり寝不足状態です。
待ち合わせをしていた清美の家の近所のショッピングモールの駐車場に着き、清美にメール。

私『着いたけど』

清美『今、トイレで着替えてるから、ちょっと待ってて』

しばらくすると店の中から大きな紙袋と学校のかばんを抱えた清美が、こちらに手を振りながら出てきました。
この日の清美の服装は、ラフなTシャツに、やっぱりミニのタイトスカートです。
清美は後席のドアを開けると大きな荷物を置き、助手席から車に乗り込んできました。

清美「やっぱり暑いね~」

私「もうすぐ夏休みだしね」

清美「私、夏休みもバイトばっかりだよ~」

私「そうなんだ・・・で、どこに行きたい?」

清美「あつ兄はどこに行きたいの?」

私「どこでもいいけど、ドライブでもする?」

清美「ドライブもいいけど、まだ暑いから、涼しいお部屋でもいいかなぁ~(笑)」

私「いきなりですか?(汗)」

清美「だって・・・あつ兄、結婚してるし、あんまり遅くはなれないでしょ?」

私「ごもっともです・・・よくご存知で」

清美「じゃあ決定~」

私「って今日もちょっと角度を変えれば、パンツ見えちゃうじゃん」

清美「あつ兄だって見たいでしょ?」

私「はい・・・その通りです」

この子にはやっぱり口では敵わないようです。
そんな会話をしながら車で5分ほど走り、新しそうなラブホに到着しました。
清美が選んだ部屋に入り、物珍しそうに大きなお風呂やテレビ、冷蔵庫の中と色々物色し、満足してからソファーの私の横に座ってきました。

清美「嬉しいなぁ~。私、お葬式の時からあつ兄を見てドキドキしてたんだよ~」

私「そうなの?」

清美「う~ん、どこかお父さんに似てる感じがするし~」

私「まぁ、似てるって言えば似てるのかな?」

清美「うん」

私「ちょっとシャワー浴びてくるよ・・・」

清美「は~い」

私は1人でお風呂場に向かい、シャワーを浴びます。
この日の清美のパンツは濃いピンクでした(パンチラで確認済み)。
私がシャワーから戻ると、清美はテレビを点けてAVを鑑賞中です。

清美「ちょっと見て~、これってスゴくない?」

清美が見てたのは男2人と女1人の3Pのシーンです。

私「色んなAVあるからねぇ~」

清美「あつ兄は3Pとかってしたことあるの?」

私「独身の頃に1回だけね」

清美「すごぉ~ぃっ!!!あるんだねぇ~」

私「別にすごくはないけど、興味本位で・・・」

清美「あつ兄はやっぱり色んな意味で大人なんだねぇ~」

私「そう?」

清美「うん。じゃあ私もシャワー行ってくるよ~」

私「あっ、うん・・・行ってらっしゃい」

清美「覗いちゃイヤだからねっ」

私「わかってるし・・・」

清美「あははっ」

私はこの後どんな展開になるのかドキドキして、清美が観ていたAVの内容など全くわからない状態でした。
数分後、ラブホのバスローブに身を包んだ清美がお風呂から戻ってきました。

清美「お風呂、広かったねぇ~。テレビも付いてるし」

私「うん、ラブホだからね」

清美「後で一緒に入ろ~」

私「う、うん(汗)」

相変わらず、こんな感じの会話です。

清美「お茶、飲んでいい?」

私「うん。冷蔵庫にあるよね?」

清美「ありがと~、さっきから喉渇いてたんだよねぇ~」

私「そっか」

清美「ねぇ・・・あつ兄から見たら、私ってまだ子供なんだよね?」

私「全く知らないなら何も思わないだろうけど、オレの記憶にある清美はまだ小学生だからね」

清美「前に会った時はそうだったかも知れないけど、今は?」

私「今は十分大人なんじゃ?」

清美「そう?嬉しい~」

清美はそう言いながら私に抱きついてきました。
私はソファーの上で横に転びそうになりながらも、必死に清美を受け止めました。
上半身が密着して顔が近付いて来たその時、ついに私の中の理性みたいなものが崩れ、清美にキスをしてしまいました。
少しビックリしたような反応だった清美も、キスをしながら目をパチパチさせ、やがて微笑みながらゆっくりと目を閉じました。
ソファーの上で私が下、清美が上という体勢で密着しながら、いつしか自然な流れで舌を絡めながらのディープキス。
1分くらい経った頃、清美は口を外し、はぁはぁと大きく息をしてます。

私「もしかして息止めてた?」

清美「うん・・・私、あんまり経験ないから、どのタイミングで息していいかもよく分かってなくて」

私「適度に息しないと死んじゃうじゃん(笑)」

清美「そんなこと言ったって・・・難しいじゃん」

私「そうかなぁ?向こうに移動しようか?」

2人でベッドに移動です。
今度は清美を寝かせ、私が上から覆いかぶさるようにキス。
清美はきつく目を閉じていますが、可愛い舌を出して受け入れてくれます。
唇から顎先、首へと口づけを移しつつバスローブの紐をゆっくりと解きます。
目の前には、さっきパンチラで確認したのとお揃いの濃いピンクの可愛いブラに覆われた胸が現れました。
ブラの上から優しくそっと揉むと、清美は腰を少し浮かせ、「んっ・・・」と小さく吐息を漏らします。
もうこうなれば、従妹だろうがなんだろうが、そんなのは関係ありません。
私はドキドキしながらも、いつものようにそのまま胸への愛撫を続けます。
ブラの上から手のひらにちょっと余るくらいの清美の胸をゆっくりと、そしてたまに強く揉み続けます。
清美は先程の「んっ・・・」という反応から息遣いも少しずつ激しくなって、時には体中でビクッと反応してくれます。

清美を横向きにして、清美と向い合せになるように横になりました。
背中に手を回しブラのホックを外し、そのままブラを上げ、初めて見る清美の乳首に舌を伸ばします。
まだ高校生だけあって、色もそんなに濃くなくて、大きさも可愛らしい乳首です。
私は片方の乳首をゆっくりと口に含みました。
清美の口から漏れる吐息が今までで一番大きくなりました。
敏感な反応を示してくれる清美が愛おしくて、もっと気持ちよくさせてあげたくなり、一生懸命に乳首への愛撫を続けます。

もう完全に「はぁはぁ・・・」と息をしている清美は、「あつ兄・・・舐めるの上手すぎだって」と口を開きました。

私「そう?気持ち良かった?」

清美「もう、めちゃめちゃ気持ちよかった」

私「清美が可愛い反応するから、もっと見たくなってね」

清美「可愛かった?恥ずかしいけど嬉しい」

そう言いながら清美の方からキスをしてきます。
私もそれに応えていると、清美の目元がニヤッとして、その次の瞬間、清美の手が私のチンコを優しく包みました。
不意をつかれた私は一瞬ビクッとしました。
それを見た清美は・・・。

「あつ兄の、こんなに硬くなってるよ~(笑)それにビクッって反応してくれたし、あつ兄も可愛い~。今度は私の番だね」

清美は上になり、私がしたのと同じように、唇から首・乳首・脇腹と下がっていきます。
私は清美の頭に手をやり、優しく撫で、次の行動をドキドキしながら待ちました。
へそ付近まで清美の口が移動し、清美の両手が私のパンツの両脇に掛かりました。
私はそっと腰を浮かせて脱がせやすいようにします。
パンツを足首まで下げた次の瞬間、清美が片手でチンコを支えながら口にゆっくりと含みました。
口で優しく包み、そのままゆっくりと喉の奥へ奥へと飲み込んでくれます。
フェラ好きの私は、この瞬間にいつもたまらない喜びを感じます。
清美のフェラは特に技という技もなく、ただゆっくりと口の中を行き来するフェラで、はっきり言ってあんまり気持ち良くはありませんが、(女子高生になった従妹がフェラしてくれている・・・)ってことだけで満足です。
しばらく清美の口を楽しみ、また私から清美の胸へ手を当てて優しく揉み始めました。
すっかり硬くなった乳首を手のひらに感じながら手のひら全体で優しく揉み続けます。

やがて清美はフェラをやめて私の隣に寝転びました。
今度は私が胸から下への愛撫する番です。
再び乳首を口に含み、片手ではお尻をゆっくり擦ります。
清美はお尻を触られても感じるらしく、時々腰をクネクネと動かします。
へそからさらにその下まで口を移したところで、両手をパンツに掛けました。
すると清美も脱がせやすいように腰を浮かせてくれました。
ゆっくりとパンツを下げ、片脚だけ脱がせて、脚の間に腕を滑り込ませました。
女子高生にしては薄めの陰毛。
それを親指で優しくなぞり、中指と人差し指で大陰唇周辺を軽くマッサージ。
でもこの段階ではまだ、クリとアソコには直接触れていませんでした。

体勢を入れ替え、清美の脚を大きく広げ、股の間に顔を埋めていきます。
目で確認すると両足の付け根部分までキラキラしていました。
もうしっかり濡れています。
アソコを広げ、その上部に優しくキスをしました。

「あっ・・・」

清美はここで一番大きな声を出し、体中をビクッとさせて反応させます。
私はまた嬉しくなり、そのままクリに口を当て、優しく舌でチロチロと舐め始めました。
清美の声も身体の反応も次第に大きくなっていきます。
私は両方の手で清美の両足をしっかりと押さえ愛撫を続けます。
時には周りを優しく、時にはクリ自体を口で吸い付き・・・。
清美の脚も力が抜けてきたのか押さえておく必要もなくなってきたので、指でアソコを優しく愛撫。
シーツに染みを広げるほどにまでしっかりと濡れそぼりました。

恥ずかしがる清美を四つん這いの格好にして、後ろからアソコをゆっくりと刺激します。
クリからアソコ、時には勢い余ってアナルまで大きく舌を上下させます。
アナルの時は身を捩って反応してくれる清美。
可愛く思い、しばらくその格好のまま舌先での愛撫を続けました。
すると、だんだんと力が抜けてきたのか、いつの間にかうつ伏せ寝の状態になってしまいました。

身体全体で震えて大きくはぁはぁと息をしている清美を仰向けに戻し、ゴムを付けます。
清美に再びキスしながら両手で脚を押し広げ、チンコの先で膣口を探ります。
チンコの先がクリに触れるたびにピクッと小さく反応をする清美。
その反応も楽しみながらゆっくりと清美の中に沈めていきます。
さすがに高校生だけあって膣内は狭く、脚の角度を色々変えながら少しずつゆっくりと奥へと進め、やっと根元まで収まった時に清美の口から、「あぁ~」と大きい息が漏れました。
私はそのまま清美に抱きつき、ゆっくりとピストンを始めます。
清美も私の背中に手を回して反応してくれてます。
しばらくそのままの格好でゆっくり動いていましたが、私は身体を起こし、両手で清美の膝を持って脚の角度を変えながらピストンし、清美の一番反応するポイントを探すことにしました。
清美が一番反応するポイントは、すぐに見つかりました。
声の大きさとピクピクする身体の反応が他の部分とは全く違います。
ピストンに緩急を付け、その部分をじっくりと攻め始めました。

「えっ?何か来る・・・変な感じ・・・」

急に清美が大きな声で言い出しました。
その声を聞いた私はそのままピストンのスピードを上げます。

「えっ?何これっ?イヤッ・・・」

その10秒ほど後に清美はイッてしまいました。
私も清美がイッたのを確認して10秒後くらいにイキました。
繋がったまま、はぁはぁと大きく息をしながらキスをすると、清美は目を覚ましました。

清美「今のってなんだったの?」

私「初めてだったの?」

清美「うん・・・最初は何か来るみたいで怖かったんだけど、物凄く気持ちよくて・・・」

私「イッたんだよ」

清美「えっ?そうなんだ・・・」

私「清美は初めて?」

清美「こんな感じになったのは初めて・・・」

私「良かったじゃん」

清美「友達から話は聞いてたけど、私はまだなんだって思ってたから」

私「ちゃんとイケてたじゃん」

清美「うん、イケちゃったね。めっちゃ気持ち良かった~、ありがと!」

そう言いながら清美は再び私の首の後ろに手を回してキスをしてきます。
私もキスに応えながら、清美の背中に手を回し、お互いに横向きに寝そべった格好に。

私「清美って、初めてはいつ?」

清美「う~ん、半年くらい前・・・」

私「そうだったんだ」

清美「同級生の彼だったんだけど、その人ってあんまり舐めてくれなくて・・・」

私「同級生なら、まだ自分の性欲処理だけで一生懸命な頃なんじゃない?」

清美「そうだったのかも・・・。それなりに気持ちいいって思ってたけど、あつ兄とは全く別ものだったみたい」

私「オレも10代の頃はそうだったのかもね」

清美「もう彼とはお父さん亡くなる前に別れちゃってたから」

私「じゃあ久しぶりだったんだ」

清美「うん・・・そう(照)」

私「でも、気持ちよかったんなら良かったねぇ~」

清美「うん!また会ってくれる?」

私「清美に次の彼が出来るまではね」

清美「あつ兄とのエッチ、気持ち良過ぎるからもう彼なんていらないかも(笑)」

私「おいおい、それじゃあダメでしょ?」

清美「なんで?しばらくこのままがいいもん~」

って感じで高校生の従妹、清美との禁断の関係は、それから約1ヶ月経った今でも続いています。