大学生の時にたまたま友人と立ち寄った飲み屋で、ホールの中央辺りにいたサラリーマン風の男と、その知り合い風の女の子が突然、野球拳を始めた。
どういう経緯でそうなったのかは知らないが、男のほうはもうノリノリ。
逆に女の子のほうは馬鹿にされて苛立ってるような表情で、睨みつけるような目を相手の男に向けている。
そのアンバランスさも奇妙な光景に映った。

俺たちが気がついたのは野球拳の1ターン目が始まった直後で、初めに1勝したのは女の子のほうだった。
2ターン目に入り、男のほうはさらにでかい声で「や~きゅ~う~す~るなら・・・」と歌い始めたので、1ターン目にはまだ気づいていなかった客も驚いて、それぞれが完全に手を止め、2人の様子に注目し始めた。

2ターン目は女の子が負けた。
羽織っていた上着を怒ったように自席に投げつけ、さらに怒りに燃えるような目で相手の男を睨み続けている。
周りはいつの間にか完全に2人に釘付けになった。
心底楽しそうに振舞う男と、ますます怒りを強めながらも野球拳を放棄しない女の子。
まだ20歳前後の年齢で、俺たちとそれほど年が違わないようだ。

酒の勢いもあり、男性客は男を応援している。
その様子にますます怒りを露わにする女の子。
その対比があまりにも興味深く、俺も男を応援し始めていた。

その後、女の子が驚異的な勝率を誇り、男のほうは靴下とトランクス1枚まで追い詰められる。
観衆は男が負けるたびに大ブーイング。
しかし女の子のほうは余裕が出来たにも関わらず、相変わらず苛ついた表情を浮かべている。
にっこりしたらかなり可愛い子だと思う。

そこで変化が発生した。
ニヤニヤして余裕しゃくしゃくだった男が急に真剣な表情になり、気合いを入れ始めたのだ。
もちろんジャンケンなんて気合いを入れたからといって結果が変わることはない。

「お前を素っ裸にしてやるぅ~」

男が叫ぶ。

観衆が「うぉ~~~~!」「やれやれぇ~!」と囃し立てると、女の子はそこで初めて事態の深刻さに気がついたかのように周りを見回し、『えっ、何これ?』というような困惑の表情を見せた。
女の子は先ほどまでの表情とは明らかに違っていた。
男を追い詰めているにも関わらず、周囲は敵だらけ。
たぶんそう思ったのだろう。
苛ついた表情は完全に抜けて、絶対に負けられないという真剣な眼差しに変わっていた。

そして次のターンが訪れる。
男が歌うと店中のみんながその歌に合わせて、「アウト!セーフ!よよいのよい!」と合わせ、大合唱が始まった。
残念ながら男は靴下を両方とも脱がされてしまい、トランクス1枚になった。
一方女の子は、上着、靴下、ストッキングまでは脱がされたけれど、ブラウス、スカート、そして下着などが丸々残っている。
それでも男はまったく動じていなかった。
いや、酔っ払っていて、どうでも良かったのかもしれない。
しかし周囲を味方に付けて、ますますご機嫌だ。
もう1回も負けられないというのに、これまでと同じ調子で歌い始めた。
すると今度は立て続けに男が勝ち始めた。
最初にブラウスを脱いだ女の子。
ブラジャーと短めのスカート姿になったが、その肌があまりにも美しく、周りから「おぉ~~~!」という賞賛の声が上がった。

俺はたまらなく興奮してきた。
なんと運の良いことだろう。
次のターンも男が勝った。

「でかした!お前の払いは俺が全部持つ!」

などとエロ親父どもの声が飛び交う。
女の子はオロオロしながらもスカートの横のジッパーを下げ、顔を赤らめながら仕方なさそうに脱ぎ始めた。
その顔は完全に『どうしよう?』という表情だ。
スカートを脱ぎ終わり、残りはブラジャーとパンティーだけだ。
純白の下着が目に眩しい。

ますます盛り上がる観衆。
そして大合唱のまま次のターンが始まった。
結果は大逆転!
男が気合いで出したグーに対し、一瞬遅れたタイミングでチョキを出してしまった女の子。
店中、大歓声!
気がつけば厨房の料理人までホールに出てきてしまっていた。
女の子は今にも泣きそうな顔で仕方なくブラのホックを外したが、どうしても自分で脱ぎ捨てることが出来ない。
すると男が言った。

「おいおい、今さら『脱げません』なんて言わないだろうな?お前が提案してきたんだぞ?」

周りが一瞬シーンとなり、「なんだって!」と驚きの声が上がる。
どうして野球拳になったのか、細かい経緯は不明なままだが、提案したのが女の子だということに周囲はもちろん、俺も心底驚いてしまった。
それを聞いてしまうと、『ちょっと可哀想なんじゃないの?』と思い始めていた周囲の反応は一変した。

「ぬ~げ!ぬ~げ!」

脱げ脱げコールが始まる。
周りを見回して一瞬怒ったような表情を見せつつも、女の子は泣きそうになりながらようやく腕を離し、ブラジャーを自席に放り投げた。
一瞬見えた胸はそれほど大きくなかったけれど、色素が沈着していない美しいピンク色の乳首だった。
周りから大歓声が起こる。

「オネェちゃん、勇気がある!」
「偉い!」

男のほうはまたニヤニヤしながら、「あっといっちまい!あっといっちまい!」と手を叩く。
それに周りも合わせて、「あっといっちまい!あっといっちまい!」と大合唱を始める。

女の子は片手で胸を隠しながら最後の勝負を始めた。
そして結果は・・・最後の勝負も男が勝った。
そそくさと脱いだ服を着始める男。

女の子はその様子を恨めしそうに眺めながら、「もうこれで勘弁して」と嘆願したのだが、男は満面の笑みを浮かべながら、「それは出来ない相談だな。なぁみんなぁ?」と周りの連中を煽った。

男はネクタイを締めてジャケットを羽織ると、「それじゃあ脱いでもらおうか?」と切り出した。
女の子は仕方なさそうに左手で胸を隠しながら右手でパンティーを脱ぎ始めた。
先ほどまでの騒ぎが嘘だったかのようにシーンと静まり、物音一つ立てる者はいなかった。
その状態でノロノロと下着をずり下げる女の子。
その表情は今にも泣き出しそうだったが、手を顔に当てることは出来ない。
なにしろ片手で胸を隠し、もう片手でパンティーを脱がなければならないのだ。
少しでも表情を見られないようにするためか顔を背けていた。
しかし場所はホールの真ん中だ。
どこに向けようが誰かには見られてしまう。
そして顔も体も恥ずかしさで真っ赤になりながら、パンティーを脱いだのだが、今度は膝に引っかかってしまい、うまく脱げずにオロオロし始めた。

その段階で男が近寄り、「焦れったいなぁ~、俺が脱がしてやるよ」と言うと、乱暴に両手でパンティーを掴み、「これで素っ裸ぁ!」と叫びながら一気に全てを全部ずり下ろしてしまった。

飲食店の真ん中で、20歳そこそこの女の子が素っ裸。
それを沢山の客に見られながら両手で大切な部分を隠し、泣き顔すら隠すことが出来ない。
俺はその表情に激しく萌えてしまった。

「やれやれ。野球拳で俺と勝負するなんて10年早いよ」

男が声をかける。
そして、「皆さん、お騒がせしました!これで彼女は約束通り素っ裸です!よく見てやってください」と声を張り上げる。

「よくやった!」「お前は最高だ!」などと男に賞賛を浴びせ、最高に盛り上がった。

「もう服を着てもいいぞ。ただし俺は助けてやらない。自分で着な!」

男が女の子に声をかけた。
そのとき、脱ぐよりも着るときのほうが大変なんだと思った。
大切な部分が見えないように隠しながら服を着ることは極めて難しいのだ。
女の子はしゃがみ込むこともせず、潔く立ち姿勢のままで恥ずかしさに耐えながら両手を胸と股間に当てていたのだが、男の声がかかるとまずはパンティーを穿き始めた。
もちろん両手を使わなければ素早く穿くことは出来ない。
一瞬だが、完全に素っ裸の体を見られたのはこの瞬間だ。
プルプル揺れる胸が無防備に衆目に晒された。
それでも構わずにパンティーを穿くと、急いでブラジャーを取り素早く身に着けた。

(ブラジャーってこういう風につけるんだ)と俺は思った。

全ての衣服を身に着けると、シクシクと子供のように泣きながら店を出る女の子。
良いものを見せてもらったという気持ちと同時に、ちょっぴり彼女のことが可哀想で、複雑な気持ちになった。