今日もシャワーを浴びながら、嫁に後ろから乳首とチンポを責められています。
力が抜けて座り込んじゃうけど、嫁にチンポ引っ張られて立ち上がる、また責められる、この繰り返しです。
泣いたらイカせてもらえます。
風呂場でイカされるので、最近は嫁に入れてません。

結構きついです。
確かに最初は気持ちいいけど、後半は頭がボーっとして、よく覚えてないんです。
寸止めを繰り返されて、いつの間にかイッちゃったりもします。
そういう時って、射精の感覚がないんですよね。
イッたのにまだチンポが立ってたりするし、よくわかんない感覚。

昨日は久々(1ヶ月ぶりくらい)にセックスさせてもらいました。
やっぱりベッドの上で抱き合うのが一番です。
昨日もいつものような風呂場で後ろから責められたけど、1回目は結構すんなりイカせてくれました。
そういう時はだいたい『セックスするよ』の合図なんです。

嫁が「ベッドで待ってて」と言って、髪を乾かしてから俺が待ってるベッドに入ってきます。
昔はこの時点でチンポはビンビンだったけど、最近は立て続けに風呂場でイカされてたからか、チンポはまだ平常でした。
ベッドに入ってきた嫁は明かりを暗くして、太ももで軽く俺のチンポを撫でながら、俺の乳首を舐めたり、指で弄ったりしてきます。
嫁の舌が俺の乳首から、首筋、口、耳と順番に責めてきます。
もう俺はビンビンで頭がボーっとしてきました。
仰向けに寝ていた俺は上半身を起こされ、嫁は俺の背中側から耳を舐めながら乳首を責めてきました。
うちの嫁は背中側からの責めが多いです。

声を出すのを我慢すると怒られるので、俺はガンガン声を上げていました。
すると両手で乳首を弄っていた嫁の片方の手が俺のチンポを触り始めました。
風呂場ではすぐにイカせてくれましたが、ベッドでは結構焦らされました。
もう我慢の限界だった俺が、「だめ、イッちゃうよ」と言うと・・・。

嫁「えっ!もうイッちゃうの?まだ入れてないのに駄目に決まってんじゃん!」

俺「でも・・・もう・・・我慢できないよぉ、お願いぃ」

嫁「しょうがないなぁ、じゃあ入れてあげるけど、少しは我慢できるの?」

俺「うん・・・頑張るから・・・お願い・・・」

こんな会話のときも嫁の手は止まらないので、俺は半分涙ぐんでいたと思います。

嫁「そんなこと言って、いっつも入れたらすぐにイッちゃうじゃん!」

俺「あぁ、もうダメっー、イッちゃう・・・」

嫁「しょうがないなぁ、じゃあ入れるよ!」

嫁が俺の上に跨がってきます。
嫁が俺のチンポをマンコに誘導しようと握ったとき、・・・恥ずかしながらイッてしまいました。

嫁「ハァ・・・。結局これじゃん!!」

俺「だって・・・」

嫁「だってじゃないでしょ!!!」

俺「・・・」

恥ずかしながら俺は、嫁にコンドームをつけてもらう時と、入れようとしてチンポ握られたときにイッちゃうことが結構あります。

(あんなに焦らされなきゃ、そんな事もなくなるのに・・・)と思ってるけど、嫁には言えません。

嫁は俺の腹の上にこぼれた精液をきれいに舐めてくれ、そのまま乳首を舐め始め、フェラもしてくれました。
再びチンポが硬くなってきました。

嫁「今度は手遅れになる前に入れちゃうよ」

俺「うん」

さすがに3回目になると俺もちょっとは冷静です。

嫁「ちゃんと目を開けて!こっち見て!」

俺は入れられる瞬間とイク瞬間と体を舐められてるとき、つい目を閉じてしまうので嫁に怒られます。
嫁は俺に跨がって腰を振りながら、ずっと俺の目を見つめています。
目を逸らしたりすると怒られるので頑張って見つめ返しますが、すぐにイキそうになっちゃいます。

俺「イク・・・」

嫁「まだっ、だめっ、あぁ、だめっ」

入れてるときは嫁もあんまり余裕はなさそうな感じです。
嫁が腰の動きを速めてくれたのでイッちゃいました。

当然、嫁はまだ満足してないので今度は俺が口でする番です。
俺は早漏だし、たいしたチンポも持っていませんが、嫁に教え込まれたので、クンニだけは天下一品です。
あくまでも嫁曰く・・・ですけど。

嫁「口でやってくれるよね?」

俺「うん」

嫁はチンポを抜いて俺の顔に跨がってきました。
俺にはこれでしか嫁を満足させられないので頑張りました。
しばらく舐め続けていると嫁がグッタリしたので、たぶんイッたと思います。
嫁は満足すると、いつも終わった後に俺を抱き締めて頭を撫でてくれます。
俺は嫁の胸の谷間(特に巨乳ではないけど)に、顔を埋めてじっとしています。
この時が俺の一番大好きな時間です。

長文失礼しました。