私が中2の頃の話です。
親父の上司になった工藤という人が、仕事を終えると頻繁に家に来るようになった。
最初は家が親父の会社の近くにあるから寄っていると思っていたのですが・・・。
母は、最初こそ機嫌良く接待していましたが、毎週のようにやって来る工藤にだんだんイライラするようになり、親父に「もう連れて来ないで」と言うようになっていました。
親父にしてみれば、上司を無下に断るわけもいかず、毎週ということはなくなりましたが、2週間に一度はやって来ていました。

ある土曜日のこと、工藤は珍しく手土産持参で、大きな鞄から日本酒を取り出して「結構高かったんだぜ」と言い、母には化粧品を、私は2千円が入った袋をもらいました。
母は愛想笑いしながらお礼を言っていましたが、台所にジュースを取りに行った私に、「こんなのいらないから、もう来ないで欲しい」と愚痴っていました。
工藤は酒をどんどん父に勧め、父は上機嫌で飲み干していくうちにベロベロになっていました。

その夜、23時過ぎくらいにトイレに起きた私が自分の部屋を出ると、両親の部屋から少し明かりが漏れていました。
母は真っ暗にしないと寝られない人で、寝るときはドアを必ず閉めていたので、おかしいなと思いそっと覗いてみると、ベッドの上で眠り母の寝顔を見ているパンツ1枚の工藤の姿がありました。
工藤は母の大きな胸元を凝視していました。
そっと母のパジャマのボタンを外すと、2個目を外した辺りで母がモゾモゾと動き、慌ててしゃがみ込む工藤。
母は眠っていました。

工藤は自分の鞄をゴソゴソと漁ると、何か棒状のものと小型の物体を取り出すと、棒状の物を母のベッドの上に置き、小型の物体のスイッチを入れました。
ブゥゥゥゥンという機械音が聞こえてきて、工藤はその物体をパジャマ姿の母の胸に当てました。

「ウゥゥン・・・」

母は寝返りを打つように反対側に身体を向けるも、再び工藤はボタンを外しにかかりました。
さすがに違和感を感じて母は飛び起きました。

「な、何?誰!?・・・何してるんです!」

慌てて乱れたパジャマの胸元を隠す母が工藤をキッと睨みつけると、パンツ姿の工藤はそのまま母に襲いかかり、母の口を塞ぎにかかりました。

「イヤァ、イヤァァ・・・」

逃れようと暴れる母に馬乗りになった工藤は小型の物体、ローターを母の胸元に当てました。

「ヒャァァ!な、何!?」

ビクリとして母が一瞬暴れるのを止めた隙に工藤は母のパジャマに手を掛け、荒々しく脱がしていきました。

「やめてぇ」

母の言葉も空しく、薄明かりの中で母はブラとパンティ姿にされ、ベッドの隅で身を縮めながら「来ないで!」と言うも、工藤は母を無理やり押し倒して唇を奪ったのです。
キスをされながらも逃れようと首を左右に振る母と、逃すまいとする工藤。
暴れるうちに母の肩紐が落ち、工藤が無理やり両手でブラを外すと、母の巨乳が弾みながら工藤の目の前で踊りました。

「イヤ!主人に言いますよ・・・出てって!」

慌てて両腕で胸を隠す母。

「あれだけ飲んでたら朝までグッスリですよ・・・いやぁ、想像してた以上に大きいですね!その割には乳輪もでかくなくて俺好みですよ」

工藤はそう言うとパンツを脱ぎ、母の前に大きくなったチンチンを見せつけました。
思わず顔を背ける母を見て反応を楽しむ工藤。

「知ってますよ。あいつとはご無沙汰なんでしょう?俺があいつの分までたっぷり可愛がってあげますよ」

「イヤ、来ないで!!イヤ!」

工藤はベッドの上に置いてあった棒状の物を左手に、先程のローターを右手に持ちながら母に寄って行きました。
母は「イヤ、イヤ~」と言いながら逃げようとするも、すでにベッドの角に追い詰められて逃げ場はありませんでした・・・。
工藤が左手に持った棒状の物体のスイッチを入れると、棒はクネクネ動き回り始めました。

「奥さん、これが今からあなたのおまんこに入るんですよ。どうです、立派でしょう?」

工藤が持ってきた物はペニスの形をしたバイブでした。
バイブを母の身体中に触れていくと、母は気味悪がり、「やめて」と訴えます。
そんな言葉で止めるはずもなく、母の腹から下腹部の方に移動させていく工藤。

「イヤァ、イヤァ!」

そんな言葉も工藤には届かない・・・。
再び母に覆い被さると無理やり母の脚を広げ、バイブを母のパンティの上で動かし、母の反応を楽しんでいます。
拒絶の声をあげながらも、時折身体をビクッと震わせる母。
工藤はローターのスイッチを再び入れると母の右胸に当てました。
ブゥゥンというモーター音を響かせて母の乳首に震動が伝わると・・・。

「ンアァァ、イヤァ、イヤァ」

母が髪を振り乱してイヤイヤをするも、工藤はなおも続け、揺れる母の左胸にキスをし、乳首を舌で転がして弄んでいます。
母は工藤の背中を叩き、足をばたつかせていましたが、バイブとローターに加え、工藤の愛撫で力が入らず、ビクビクと反応しながら上擦った声で悶えだしていきました。
工藤は乳首に吸い付き、唾液まみれにしながら吸い立てます。

「ンアァァ・・・ハァ、ハァ、ハァン」

抵抗する力をだんだん奪われていくかのように母の動きが鈍っていきました。
工藤は左手のローターのスイッチ止めると、左手を母の下腹部に持って行き、パンティの上から愛撫しました。
バイブで震動を与えられていた母のパンティはグッショリ濡れていたようでした。

「あらら、こんなに濡らしちゃって・・・奥さん、そんなに良かったですか?」

「ち、違う・・・違うわ!」

母は工藤の背を叩いて否定しましたが、工藤が母の手を掴んでパンティの上まで移動させて擦りつけ・・・。

「これでも濡れてない?ほら、自分でちゃんと確かめて!」

工藤が母の腕を振ると、母の口から吐息が漏れました。
母の腰が宙に浮いた瞬間を逃さず、工藤は母のパンティに手を掛けると、そのまま脱がしました。
抵抗する間もなく母はパンティまで脱がされ、薄明かりの中で裸体の全て晒しました。

「やめて、お願い・・・主人には言わないから許して」

「ここまでしてやめるわけがないでしょう。さあ奥さんのおまんこをじっくり拝見させてもらいますよ」

母の両足を抱え、おまんこに顔を埋める工藤。
工藤の愛撫を受け、母の股間から卑猥な音がネチャネチャ聞こえだしました。

「ハァァン・・・アァ、アァ、アァ」

首を振ってイヤイヤをするも悶える母の口から吐息が漏れます。
工藤が舌を這わせているのか、指で掻き混ぜているのか、はたまたバイブを挿入したのか、母は腰をくねらせながら喘ぎました。

「アフゥゥ・・・ハァン、ハァ、ハァ、アァァン」

工藤がチンチンを握って母のおまんこに擦りつけて反応を楽しんでいます。

「奥さん、おまんこに何が当たってるか分かる?」

工藤の質問に無言で激しく首を振る母。
工藤はそのまま母のおまんこを一気に貫きました。

「アァァ・・・アァン、アァン、アァァン」

ゆっくりした動きから徐々に腰の動きを速める工藤。
ギシギシ軋むベッド。
それに合わせるように母の口から吐息が漏れていきます。
母は工藤に悶える顔を見られながら、嫌っていた工藤におまんこを貫かれ、徐々に快楽の虜へと堕ちていきました。
キスされ、舌を絡められても工藤を拒否することなく、受け入れて舌を絡める母。
ついに荒い呼吸をする母の両手が工藤に首に回りました。

「ハァハァハァ、奥さん、奥さん!」

「アァァ、気持ち・・・いい!久しぶりなのぉ、こんなの・・・久しぶりなのぉ!」

母は豹変したように工藤を受け入れました。
工藤は勝ち誇ったように母は起こすと、対面座位の体勢に変えてベッドを軋ませ続けました。
工藤のチンチンが母のトロトロおまんこを刺激します。
工藤が何かを囁くと母は頷き、2人は結合を解くと母は四つん這いになってお尻を工藤に向けて上げました。
工藤は母のお尻を愛撫し、今度は後背位で貫きました。

「アァァン、いい・・・工藤さんのオチンポ・・・いいのぉ!!」

狂ったように尻を振りまくる母。
時折工藤を見る視線は艶やかでした。

「アッ、アッ、アァン、アッ・・・ンハァァァン」

工藤に両胸も揉まれると舌を出して一層激しく悶える母。
ベッドが軋む音がますます激しさを増していきます。

「最高だよ、奥さん・・・なぁ、俺のチンポとあいつのチンポ、どっちがいい?」

「あなたのオチンポがいい!」

工藤は嬉しそうに腰の動きを速めます。

「アァ、変になっちゃうぅ!いい、いい、イッちゃう・・・イッちゃう!」

「俺もだ・・・奥さん、中でいい?」

「いい、どうでも・・・いい・・・、ああ、イクゥゥゥゥゥ!!」

母が絶叫すると同時に工藤の動きが止まりました。
2人はヒクヒク痙攣し、母は四つん這いのままベッドに沈み、工藤も母の尻にしがみついて荒い呼吸を続けています。
少しして工藤が母のおまんこからチンチンを抜くと、母の股間を撫でるように愛撫しました。
母は工藤の方に向き直ると、工藤のチンチンを咥えました。
工藤は母の巨乳を弄りながら嬉しそうに母のフェラを味わっていました。

私はそっとドアを閉め、自分の部屋で母をオカズに抜きました・・・。
何も知らない父が哀れに思えました。
母も女だったと思い知らされた1日でした。