会社のビル内清掃をしてくれているおばさんがいて、結構美人です。
それに話をしているととても気持ちのいい、しっかりした人だと思いました。
いつの間にか自分の名前を覚えられてしまって、「ショウ君、おはよ」とか言われ、でも自分はおばさんの名前を知らないので、「あ、おはようございます」とだけ返していました。

つい最近まで事務所で徹夜になることが多く、毎日が眠い日々が続いてました。
なので会うたびに、「ショウ君大丈夫?顔色が悪いわよ」と心配してくれました。

「なんとか大丈夫です」と答えて、その場は終わらせてました。

で、この前、徹夜空けの早朝5時くらいに、ふとトイレに行くと早出勤でおばさんがもう来ていました。

「あ、ショウ君、おはよ。大丈夫?」

いつも通りに自分を気遣ってくれて、ここでいつもなら「大丈夫です」と答えるのに、何を思ったか、「最近、徹夜で疲れてくるとチンチンが大きいままなんですよね」と言ってしまったんです。
確かに疲れた時の早朝ってなぜか勃ってることが多いんですが・・・。

(あ、やばー!)

と思ったんですけど、おばさんは軽く笑って、「あらー。じゃあ、あたしが相手してあげる?」なんて言ってきました。

(え?)って顔をしてると、「冗談よ。こんなおばさんじゃ嫌よね」と言って、そのままトイレの個室の掃除を始めました。
自分は吸い込まれるようにおばさんのいる個室に入り、鍵を締めました。
そして後ろから抱きついて乱暴に胸を揉みました。

「何するの、ショウ君!?」

おばさんが振り向くとキスをして口を塞ぎ、強引におばさんの作業ズボンのチャックを開けました。
一応おばさんも抵抗したんですが、男の力には敵わず、するりとおばさんのチャックからパンツの中に指を滑り込ませることができました。
乱暴にしたのが良かったのか、おばさんはすでに濡れていました。
素早くおばさんのズボンのベルトを外しパンツと一緒に一気に下げました。
続いて自分のズボンとパンツも下ろし、おばさんに洋式用便座に手をつかせてバックから入れました。
早朝5時ですから他に誰もいないことはわかっていますが、トイレという密室で犯している興奮から、すぐにイキそうになりました。

「中でもいい?」

そう聞いたら、おばさんはコクっと頷きました。
その瞬間、おばさんの中に2週間分くらいの精子を出してしまいました。
中出しした瞬間、おばさんは「あぁ~」と感じたようにぶるぶる震えていました。
でも一気に冷静さを取り戻した自分はおばさんの顔を見れず、しばらく入れたままでした。
するとおばさんの方から動き始め、するりとチンチンを抜くと、膣から流れてくる精子を拭くと、しゃがんで自分のチンチンを口でキレイにしてくれました。

「これから1日働くんだから、キレイにしてないとね」

優しく丁寧にお掃除フェラしてくれるおばさんを見て・・・。

「ごめんね。こんな事しちゃって」

「いいのよ。嬉しかった。こんなおばさんを相手してくれて」

フェラしながら上目遣いで自分を見るおばさんにまた興奮して、今度は自分が便座の上に座り、「自分の上に乗って」と言いました。
おばさんはズボンとパンツを片足だけ外し、自分に跨がってきました。
座位の形で挿入すると、さっきの立ちバックの時より深く入った感じがしました。

「あはぁ~」

おばさんが感じているのを見て嬉しくなり、グイグイと下から責めました。
するとまたイキそうになったので・・・。

「また中に出すよ」

「うん、いっぱい出して」

おばさんはしがみついてきました。
腰を振りながらおばさんにキスをしました。
そしてイク瞬間、おばさんの腰を押さえつけて精子を全部、おばさんの奥に射精しました。
ある程度ビクビクが納まってきたのでチンチンを抜いたら、精子がダラ~っと流れてきて、おばさんはそれを指ですくって自分の口に入れました。
そして、またしゃがんで口でチンチンをキレイにしてくれました。
自分がおばさんに謝ると、おばさんは自分を女扱いしてくれて嬉しかったと言ってくれました。

この時、おばさんの携帯メールを教えてもらいました。

『今度はホテルでしませんか?』

『こんなおばさんでよかったら』

『今度は本気で愛し合いましょう!いっぱい中出しもするよ』

『体力は持つかしら?ショウ君ならいつでも中出してもいいからね。私も中出しされたいわ』

これからは中にバンバン出してやろうと思います。