俺の心の葛藤を見透かしてか、俺の下で沙希が呟いた。

「この事は2人だけの秘密にしますから・・・お願い・・・」

(そうそう、バレなきゃ何も問題ないって。秘密にしてくれるって言ってるし。遠慮なくやっちゃえよ!)

勢いづく下半身。

(バレるバレないの問題ではない!美喜と森との信頼関係の問題だ。今ならまだ間に合う。戻れ。やめるんだ)

その一方で、まだ頭の片隅に残る理性も頑張る。
だけど体の大半は下半身の毒に侵されつつあった。
頭で必死に制止しても、結局は体がそれに従わない。
とうとう俺は半分パニック状態のまま俺は、沙希の乳にしゃぶりついた。

「秘密にする」

沙希のその一言が俺の背中を押したのは確かだ。
沙希のおっぱいを激しく吸った。
もう片方のおっぱいを理性のきかない右手で揉みまくる。
決して大きくはないが形が良く、手触りも張りがあるといった感じの乳房。
そのツンと立った頂点には小さくて可愛い薄茶色の乳首、それを舌で転がすと沙希は・・・。

「ん・・・ぅ・・・んん・・・」

か細い声をあげる。
沙希の可愛い喘ぎ声は俺の下半身の毒の侵攻を早めた。
唇に包まれて乳首がコリコリとしてくる。
沙希の胸から徐々に下腹部へと唇を這わせる。

(何やってるんだ、俺は!)

そう思いつつ、俺の顔面はついに沙希のマンコに達した。
沙希も抵抗なく股を開く。
俺はクンニを始めた。
頼まれたわけでもないのに。
なんだかんだで沙希の体の隅々まで見たい俺。
くそ、俺だって男だ。
沙希で妄想をしたことないと言えば嘘になる。
ただ大方の男ならする最低限レベルの妄想だ。
眼前に広がる現実・・・。

(ここまで考えたことはない)と、戸惑いながらも体はよく動く。

俺はすでにヌラヌラと濡れている縦の裂け目に沿って、アホみたいにぺちゃぺちゃを舌を這わせる。
舌先でマンコが解れていくのが分かった。
指で大陰唇をぱっくり開き、ピンクの内部を露出させ、また舐める。
こんな美しい女の子でもマンコはやはりグロテスクで、いやらしい香りがする。
弄るほど液体が溢れてきて、俺の変態度が増した。
クリトリスを思いっきり舌で刺激したら・・・。

「ぅぁあ~・・・ぅう・・・」

沙希の声のトーンが一際大きくなった。
俺の舌の動きに応える沙希の喘ぎ声、その喘ぎ声にまた俺も応え、ひたすら舌を動かし、指で弄くりまわす。
なんてことだ・・・。
いつの間にか俺は積極的に沙希を喜ばそうとしているではないか。
鼻先を沙希の薄い陰毛がくすぐる。

「ぅぅううん・・・」

俺が舌のピッチを速めると、沙希は一声唸り、体を仰け反らせた。
そして沙希は、「ハァハァ」と息を荒げながら俺の顔を股間から引き離し、今度は自分が身を沈める。
そして俺のジャージとトランクスを下ろし、股間に顔を埋めてきた。
沙希は俺のペニスをパクッと咥えた。
亀頭部だけを口に含み、舌でチロチロと鈴口を刺激してくる。
その間も手で竿を軽くしごいている。
そしてペニスを深く咥え、じゅぽじゅぽと音を立てながら頭を上下運動。
なんとも濃密なフェラだった。
森が執着するわけだ。

「うう・・・沙希ちゃん、これ以上はマズイよ・・・」

口では一応そう言った。
しかしチンポは沙希の口に預けっぱなしだ。
フェラをする沙希のいやらしい顔を俺は見ながら・・・。

(森の彼女だぞ!そして美喜への裏切りだ!許される行為じゃない!)

この期に及んでまだ理性は言う。

(いやいや、いい眺めじゃねえか。人の女に奉仕させるなんて最高だ)

下半身優位。
理性を圧倒。
沙希はペニスを咥えながら、たまに上目遣いで俺を見つめる。
その視線が俺をまたぞくぞくさせたのも事実。
罪悪感はあるのだが、それより気持ちよさが勝っている。
それにしてもこの口で一体どれだけの男を喜ばしてきたんだろう。

おもむろに沙希はチンポから口を離した。
そして俺の唇に吸い付いてきた。
沙希の舌が俺の唇をこじ開け、侵入してくる。
お互いの汚いところを舐めた舌同士が絡み合った。
かなり長い時間、キスをした。
途中、沙希に促され、俺も上スウェットを脱いで全裸になり、また沙希と抱き合い、激しく濃いキスをした。
直接肌と肌が触れ合う心地よさ。
もう理性は何も語りかけてこなかった。
完全に俺は沙希の誘惑にも、下半身の誘惑にも負けた。

床に直に横たわる沙希に覆い被さる。
そして愛液の滲む膣に勃起したチンコをあてがった。
その時、沙希が一言呟く。

「◯◯さん、何もかも忘れさせて下さい」

忘れたいのはこっちだ。
森、美喜・・・頭を過るが振り払い、俺は沙希の中に一気にずぶっと挿入した。

「・・・ぅん・・・」

沙希は喉の奥を鳴らした。
挿れた後の俺はセックス覚えたての馬鹿みたいに、ただただ快楽に任せて一心不乱に腰を振った。
挿れてから、(あ、ゴムしてない)と気付いたが、どうでもよくなっていた。
今さら戻れない。
ペニスに纏わりつく生の快感が気持ちを昂ぶらせる。
沙希の体にはキラキラと汗が滲んでいた。
2人とも体が熱くなっていく。
俺が腰を打ち付けるたび、沙希は細い上体をクネクネとよじらせながら・・・。

「・・・ん・・・ぁあ~、んん・・・ぁああぁ・・・」

年齢に似合わず艶っぽく喘いだ。
俺は少々乱暴に沙希のおっぱいを鷲掴みし、きれいな形をぐにゃぐにゃに崩すように揉みまくる。
沙希の体を持ちあげ対面座位。
その間も沙希は自ら腰を動かし、激しくキスをしてくる。
再び舌と舌が絡み合う。
俺は鼻息荒く、沙希を強く抱き締めた。
その後、今度は沙希が上になった。
俺の上で腰を動かす沙希。
徐々にその動きは激しくなっていく。
沙希は腰を、陰毛を擦り合わせるように前後に、時には膣の中をチンコで掻き回すように動かした。

「ぁあ・・・◯◯さん・・・ぃい・・・もっと・・・」

俺の名前を呼びながら、上から放心状態で求めてくる。
激しく動き続ける沙希の腰は休むことを知らない。
俺は下から両手を沙希の腰から胸へ、そしてまた腰へ、体のラインをなぞるように落ち着きなく撫で回した。
つい俺も情けない声が出てしまう。

「沙希ちゃん・・・沙希・・・ハァハァ・・・」

その声で、沙希はなんとも淫靡な笑みを浮かべた。
そして俺を見下ろしながら腰の動きを一旦緩める。
なんだか焦らされているようだ。
また俺は、「沙希ぃ~・・・」と恥ずかしい情けない声で訴える。
沙希は満足げな表情で、また腰の動きを速める。
この緩急のつけ方・・・男を知っている。

(イキそうだ)

はっきり言って、騎乗位でここまで興奮したのは初めてだった。
沙希の腰使いと、膣の締め付けが絶妙だったのに加え、下から見上げる最高の眺め、そしてこの背徳の状況が俺を興奮させていたのだろう。

「・・・沙希、俺もうダメだ」

そう言うと沙希の腰の動きにスパートがかかる。

(中で出すのはマズイ。どうしよう・・・?)

俺はそう思い、イキそうなのを我慢したが、高まる射精感の中、あまりの気持ちよさにタイミングを計れない。
そして沙希の動きは止まらない。

「ううっ・・・」

とうとう俺は沙希の下で、そして中で果ててしまった。
ぱぁっと股間が熱くなるのを感じる。
すごい気持ちよさだ。
俺がイッた後も沙希はしばらくチンコを抜かずに、俺の上でウネウネと艶かしく腰を動かし続けていた。
何か全部吸い取られてしまうかのようだ。
下半身の毒をすべて放出してしまうと、俺の中には罪悪感だけが取り残された。

(やってしまった・・・)

俺を信じて相談を持ちかけてくる森の彼女と。
長年互いに支えあってきた美喜以外の女と。
しかも中で出すなんて最低最悪だ。
ヤバイことにならないだろうか。

「ゴメン。中で出しちゃった・・・」

俺がそう呟くと沙希は真顔で・・・。

「◯◯さんの赤ちゃん、できたら産みたいな」

(!!!!!!)

俺は言葉を失った。
血の気が引いた。
そんな俺を見て沙希はフフッと笑い・・・。

「冗談。たぶん大丈夫だから安心して。たぶん、ね」

やるだけやっといて無責任かもしれないが、妊娠はヤバイ。
ここは、「たぶん大丈夫」という沙希の言葉にすがるしかなかった。

沙希とはその後も何度か密会した。
一度やってしまうと堰は切れてしまい、二度も三度も同じと、快楽を重ねてしまった。

(バレなきゃいいんだ・・・上手くやればいいんだ・・・)

しかし、事が終わった後はいつも激しく後悔する。

(こんな関係、もう終わりにしなきゃ)と思いつつ、またやってしまう・・・その繰り返しだ。

あんな美形で綺麗な体の女は、まるで麻薬のようだった。