俺は隆弘。
大学4年生になり、だいぶ時間もあることから、バイト時間を増やしてもらっている。
某有名ファーストフードでバイトを始めて4年目を迎える。
その間、店長は3人は代わり、3人目が若い女性店長になった。
年は28歳で、なかなかの美人。
俺はバイトの中で、気がつくと一番古株になっていた。
だから店長は何かあると一番に俺に話をしてくる。
店が終わってから飲みに行くことも多く、だいぶ仲良くなっていた。

そんなある日、店長と酔っ払った勢いで、怪しいハプニングバーに行った。
店内はちょっと暗い感じになっていて、スナックのような感じだが、奥にカーテンで仕切られた部屋みたいところがあり、なんとも怪しい雰囲気を出していた。

「初めて来たけど結構怪しいですね」

「そうね、でも暗いほうがドキドキしない?」

「ですね、なんかエッチな気持ちになりますね」

とりあえず飲み物を頼み、話をしていると、奥の方から何やら喘ぎ声が聞こえた。

「店長、奥で何かやってますね」

「そうね、いやらしい声がするね」

すると店長みたいな人が話しかけてきた。

「おたくらカップル?」

「いえ、仕事仲間です」

「こんな店は初めて?」

「ええ、そうですけど・・・」

「ここは自由にエッチしてもいいんだよ、すべてが自由」

「もう、何言ってるんですか、私達は・・・」

店長は少し焦ったように言った。
誘ったのは俺だけど、行ってみたいと言ったのは彼女の方である。
辺りを見渡すと何組かのカップルがいて、キスをしている人や話をしている人、そしてカーテン越しにはエッチをしている人など、みんな自由にしているみたいだった。
俺も店長もだいぶ酔っていて、店長に彼氏がいないのもわかっていた。

「店長、手を握ってもいいですか?」

「なんか変なことしようと思ってるんでしょう」

「いえいえ、でもこんなとこ来て、いちゃいちゃしないのはおかしくないですか?」

「そうだけど・・・」

構わず手を握ると、店長は抵抗するどころか、逆に強く握ってきた。

「店長、向こうの席に行きませんか?」

「いいわよ」

手は握りっぱなしでカーテンのあるボックス席みたいなとこに行き、俺は店長を抱き寄せ、キスしてみた。
最初、店長は驚いた表情をしていたが、体に力は入っていなかった。

「店長、前から好きだったんですよ」

「私もよ。でも口説くのならもっと別の場所にして欲しかったわ」

店長はニコッとしてまたキスをした。
俺達はこんな店にいてもしょうがないので店を出た。
店長のマンションに行くことになった。
正直、ドキドキした。
彼女と別れて1年近く女性との体験もなく、右手が恋人だった。
でも、たった今、彼女ができた。
それも6歳も年上の。

店長の部屋に入ると大人の女性の匂いがして、俺の下半身は少し反応した。

「とりあえず座って。なんか飲む?」

「ビールで・・・」

もう俺はそれどころではなかった。
股間が熱くなって、気持ちがどんどん高ぶっていた。
今すぐ店長を押し倒しても不思議ではなかった。

「隆ちゃん、すごかったね、あのお店」

「そうですね、でもあのままいたら押し倒したかもしれないです」

「そうなの、でもそれでも・・・」

店長が急に黙りこんだので俺はすぐに店長の横に行き、キスをすると店長は舌を入れてきた。
すでに息遣いが荒くなっていた。

「隆ちゃん愛してる、今日は思いっきりいじめて」

普通は「抱いて」だと思うのですが、「いじめて」と言われると、なんか変な趣味があるのかと勘違いしてしまう。
後でわかったことだが、それは勘違いではなかった。

店長の表情はいつもの仕事の時とだいぶ違って見えた。
勢いがあるというか、とにかく何かが違う。
いきなり店長は俺を押し倒した。

「今日は覚悟しないさい」

「え、・・・」

一瞬、恐怖を感じた。
店長は俺の上に乗り、俺の股間を思いっきり掴んだ。

「まだ大きくなってないじゃないの」

「い、いや、今からですよ」

「あなた、私が嫌なの?さあ、答えなさい」

店長からビンタを食らった。

「ちょ、ちょっと、何するんですか?」

「なんなの、口答え?不満なの?」

「い、いえ・・・」

店長は俺のズボンを脱がすと半立ちのペニスを見て・・・。

「案外大きいわね、さあ、立たせるわよ」

どこから出してきたのか、ローションを手に付けてペニスをしごき始めると、すぐに勃起し、気持ちよくなってきた。

「気持ちいいの?ちゃんと言いなさい」

「は、はい、気持ちいいです」

だんだんとシコシコされるスピードが速くなり、俺は射精しそうになった。

「あっ、店長、も、もうだめです、あ~っ」

「まだよ、出しちゃだめ、我慢しなさい」

「で、でも、だ、だめっ、あっ、イクっ、あああ~」

俺はそのまま射精して、店長の手にいっぱい出してしまい、店長の服にも精子を飛ばしてしまった。

「だらしないわね、男でしょ、それとも早漏なの?」

店長のこんなに強い口調は仕事でも聞いたことがない。
仕事中はどちらかというと、やさしいお姉さんみたいで、親身になってみんなの相談なんかも乗ってくれるのに・・・。

「さあ、全部脱ぐ、そして立ちなさい」

「あ、はい・・・」

俺が服を脱ぐと店長も服を脱ぎ始め、クローゼットから黒い服を出して着た。
そう、ボンテージファッション。
正直、鳥肌が立った。

(女王様!?だからハプニングバーなんかに行きたいって言ったのか・・・)

気付いたが、時すでに遅し。
店長はムチを握ると、俺のお尻をムチで一撃。

「あっ、痛っ、ちょ、ちょっと痛い」

「奴隷のくせに、私の言うことを聞きなさい」

あまりの痛さに、店長のおっぱいとかお尻を見て勃起していたのに、一瞬で縮んでしまった。

「あら、小さくなっちゃったじゃない、私ってそんなに魅力ない?」

「いや、そういうわけじゃ・・・」

またムチで一撃。
その後、俺はぶら下がり健康機に手錠で繋がれ、さらに一撃。
涙が出そうだった。
でも、もう逃げることはできない。
手錠が外されると、今度は首輪を付けられ、四つん這いにさせられて一撃。

「店長、もう無理です」

「無理とか禁句よ」

「いや、しかし・・・」

「わかったわ、また大きくしてあげる」

ローションで手コキされて勃起させられた。

「さあ、仰向けになりなさい」

店長は顔の上におまんこを近づけて命令する。

「舐めなさい。私を気持ちよくするの」

俺は一生懸命にクリトリスを舐めた。

「ああ~っ、気持ちいいわ~、ああ~っ、ああ~っ」

「店長、気持ちいいですか?」

「ええ、いいわ、もっと吸いなさい、そう、もっと!」

わざと音が聞こえるように吸った。

「あああっ、いいっ、いいわっ、いい・・・あああ~っ」

やっと顔面騎乗位から開放された。
店長は俺に馬乗りになり、ペニスをおまんこに挿入した。

「あああ~っ、大きいっ、いいっ、いいわ~っ、もっと突くの」

「ああっ、こうですか?」

「あっ、あっ、あっ、だめ~っ、ああっ、いい、イク、イク~っ」

店長は絶頂を迎えた。
俺も気持ちよかったが、安堵のほうが大きかった。

(やっと開放される)

そう思った。
でも、これは始まりだった。
結局、朝まで・・・体中をムチで叩かれた。
俺は店長がシャワーを浴びている間、「帰ります」と声をかけ、逃げるようにマンションを出た。

翌日の夕方、更衣室で着替えていると店長が入ってきて、俺の股間を握り、「今日も頼むわ、大好きよ」と言ってキスをしてくれた。

(なんだ、この変わりようは・・・)

その日、俺は仕事が手につかず、ミスを連発した。
店長がドSだったなんて、いつもの笑顔からは考えられない。
何年も彼氏がいないわけだ。
卒業するまで俺は店長の奴隷だった。
ドSなことを除けば、店長は本当に素敵な女性だった。
手料理も美味しいし。
結婚すればいい奥さんになるだろうと思うが、やっぱりムチで叩かれるのは、その道のマニアの人にしか分からないだろう。