先週の土曜日のことです。
息子が通ってる幼稚園のPTA総会で、近くのレストランバーを借り切って、保護者と子供、総勢40名近い集まりでした。
子供もいるので夕方からの開始でしたが、近くで子供が襲われる事件があった直後で活発な意見交換がなされ、時計を見れば10時前でした。
私は妻と参加していたのですが、子供がもう帰りたいと言い出したので、妻と子供は先に帰しました。

残ったメンバーを見ると酒好きのメンバーばかり。
男7人、女6人、内夫婦は3組。
タクシーで顔馴染みのバーに移動して飲み直そうということになりました。

タクシーで隣に座ったのは、息子の初恋相手エリカちゃんの母親、ユキさん(34歳)でした。
ユキさんは身長も高く、整った顔立ちです。
妻から聞いたのですがユキさんは『ベリィ』だか『クラッシィー』で読者モデルをしたこともあるスタイルのいい美人なお母さんです。
うちの息子が愛情表現の一種と思うのですが、エリカちゃんを何度か泣かしたことがあり、私はタクシーの中で謝りました。

「子供のすることですから、どうぞ気になさらなくて結構ですよ」

そう言ってもらえて少し気が軽くなりましたが、スリットの深いスカートから網タイツ柄のストッキングが見えてセクシーでした。

最後のタクシーに乗ったので、バーに入ったらカウンター端しか空いておらず、そこでユキさんと飲むことになりました。
普段、ユキさんはあまり飲まないらしいのですが、私がキープしているプレミア焼酎に興味を示し、一緒に飲むことになりました。
話が進むうち、エリカちゃんは実家に預けてきている、ご主人とは年が離れていて(17歳差)糖尿病であるとういことが判明しました。
カウンターチェアに足を組んで座っているので柄タイツが悩ましくハァハァものです。

ボトルがほとんど空いてしまい、時計を見ると1時近く。
何組かは帰ったようですが、まだ数人は残ってました。

すると突然ユキさんに、「山田さん(私)ところは週に2回くらい?」と聞かれました。

「は?週2回ってなんのことです」(←わかってはいましたが)

「アレですよ、夜の・・・」

「週2なんてハハ・・・年に2回もないくらいですよ」(←実は月に2回くらい)

「さっきも言いましたけど、うちのは50越えてるし糖尿だし、しばらくご無沙汰なんですよ」

ユキさんの手が私の太腿を触ってます。

「今夜はエリカはいないし、うちの人も泊まりだし、家で1人で寝るのは淋しいわ・・・」

そういうことならと、マスターにタクシーを呼んでもらい、残っているメンバーにバレないように店を出ました。
タクシーの中でスリットから手を忍ばせ、ユキさんの敏感な部分を弄りました。

ユキさんは耳元で、「ダメ、今はダメ、ドライバーさんにバレるから」と言いました。

耳元に息を吹きかけながら小声で、「今はダメだけど後からならいいの?」と聞くと、「後からゆっくりイジメて」との返事。

(イジメて?ユキさんってM?!)

タクシーを降りてユキさんの豪邸に入ります。
玄関だけで我が家のリビングくらいはあります。
玄関でユキさんを押し倒しました。

「こんな所じゃ嫌、お風呂に入ってから」

リビングに通されましたが、我が家(マンション)以上に広いです。
ソファーに座って待っているとユキさんがヘネシーのボトルと氷のセットを持って来てくれました。

「お風呂に入ってる間、これでも飲んでて下さい」

そう言ってリビングから消えました。
30分近く経ってバスロープ姿のユキさんが現れ、「こちらにいらして下さいます」とバスルームまで案内されました。

「女は色々用意があるのでごゆっくり」

(用意?何の用意だ?SMか?)

シャワーブースが別にあり、全体で10畳以上、もちろんジャグジーバスです。
用意するのにどれくらい必要かと悩みましたが、バスルームのインターフォンが鳴って出てみると、「お風呂から出られたら階段を下りて地下の部屋にお越し下さい」とのこと。

(地下室のプレイルーム・・・)

考えただけでも先走りそうです。
バスルームを出るとバスロープが用意されてました。
パンツを穿こうか悩みましたが、結局パンツを穿かずに着てみました。
バスルーム出て隣のドアが開いていたので開けてみるとランドリールームでした。
バスケットを見てみるとワインレッドのTバックを発見。
あの部分が濡れてます。
イジメるネタに使えるかと思い、自分のパンツと一緒に持って行きました。

リビング奥の階段を下りると左右に扉がありましたが、左にはガレージと表示がありましたので、右の扉を開けました。
でも真っ暗です。

「ユキさん?どこですか?」

「そのまま真っ直ぐ来て下さい」

指示通りに進むとベッドと思われる物に膝が当たりました。
するとピンスポットのような照明が照らされ、黒のビスチェにガータストッキング姿がユキさんが現れました。
化粧をし直し、くっきりした顔にエロいランジェリーが似合います。
4人は寝られるかと思うほどの大きいベッドにダイブし、ユキさんに飛びかかりました。

「山田さん、イジメて下さい。主人は下の子供が出来てからして全然くれないの」

イジメると言っても初体験なのでどうしたものかと思っていると、「これでイジメて下さい」とベッドヘッドの引き出しから黒のバイブを手渡されました。

「四つん這いなってお尻をこちらに見せなさい」

イジメるという行為が知的で難しく思い、次はどうしようかと悩みました。
指示通りにユキさんを四つん這いにさせ、バイブを突き刺してスイッチをON。

「あぁ~、いいですグリグリして下さいいい~」

突き刺したまま引き出しを探してみると、ローターが3個、バイブが2本、さらにアナルビーズも発見。
全部取り出してベッドに並べ、「ユキ、次はどれをして欲しいの?」と聞くと、挿れているバイブより細いのを手に取りました。

「これをお尻にお願いします」

「お尻に欲しいのか、いやらしいなユキは」

私もバスロープを脱ぎ、ユキの頭を股間に近づけ、「しゃぶりなさい、ユキ!」と命じました。
咥えさせると69の体勢にし、ローターをクリに宛てがいます。
アソコから溢れるように女汁が出てきて白く濁ってきます。
責められながらのフェラですが、咥えながら舌で裏スジを責められ、私もたまりません。
そこでバスロープのポケットに入れていたTバックを取り出しました。

「ユキはいやらしいな。こんなに濡らしていたんだね。ほら、白くなってテカテカになってるよ。したくてしたくてたまらなかったんだろ?」

「イヤ~、こんなの持ってきて恥ずかしい」

「今はもっと濡れてるよ。ほら、自分で触ってごらん。オナニーしてるところを見てあげるから自分でしてごらん」

ワインレッドのTバックをユキの頭に被らせ、オナニーをさせました。
そしてベッドサイドにあったユキの携帯をカメラモードにしました。

「写真はやめて~、撮らないで~」

「やめてもいいけど、イジメるのもやめちゃうよ」

「イヤ~、イジメて、もっとイジメて!」

恥ずかしい写真を数枚撮りました。
ベッドの下の引き出しを開けてみると、縄と鞭とギャグボールがありました。
しかしSMは未経験ですし、子供の頃から結んだりすることが苦手なのでどうしようと思っているとユキさんが、「あれに私を張り付けて~」と言いました。
ユキさんが指差した方を見ると、名前はわかりませんが、SMホテルで見かける『×』の形をした手足を拘束する道具がありました。
バイブを差したままユキを立たせて移動し、手と足を縛ります。

「お仕置きして下さい、鞭でお仕置きして下さい~」

ユキが叫びます。
鞭で数回ユキを叩くと、「もっと~、もっとイジメて~、お願い~」と絶叫。
『×』が回転することに気が付き、半回転させて数度叩きました。
SMって体力勝負だと思いました。

疲れてきたのでユキを『×』から外し、上半身だけベッドに寝かせ、バックから挿入しました。
アナルに入れていたバイブを再度突き刺すと・・・。

「あぁ~いい~、イクぅイクぅ」

ちんことバイブを入れ替えようと思いましたが、さすがに生アナルはちょっとと思い、そのまま続けました。
次にベッドに私が寝て騎乗位の体勢になり、「ユキ、もっと腰を使って」と指示。
激しい腰使いにすぐに辛抱たまらなくなってきました。

「出そうだけど、どうして欲しい?」

「お口に頂戴。飲ませて、お願い」

抜いた瞬間に咥えさせました。
咥えた瞬間、大量に出て、口からこぼれるほどの量でした。

その後、シャワーを浴び、再びリビングに戻ってユキさんにSMのことを聞いてみました。
旦那さんとはそういったパーティで知り合ったらしく、もともとM気味だったが結婚して旦那さんに調教されたとのこと。
新築の際にプレイルームを作ったものの、回数自体が減ってしまい、ここ数年は全然使ってなかったとのことでした。