中学生の頃だったと思うが、隣の奥さんが近所のおっちゃんとエロいことをしてるのを見た。
夏休みだったかな。
時間は23時頃。
俺は夜更かしをして、自宅の2階のベランダで飼っている文鳥に餌をやってた時に目撃したんだ。

ガキの頃は夜更かしに憧れていて、しばらく外を眺めて夜の空気を楽しんでた。
すると隣の奥さん家の裏のアパートの方から物音と人影が。
人影は隣の家の低い柵を飛び越え入っていった。
泥棒かと思い、隠れて見ていると隣の裏口が開き、一瞬奥さんが見えた。
すぐに人影は中に入っていった。

俺は親にも伝えず、ベランダから下りて隣を覗きにいった。
下心ではなく、純粋な興味から。

隣の雨戸は閉まっていたが、小窓は薄いレースのカーテンだけだったので中は見えた。
中を見ると、リビングのソファーにおっちゃんが座っていた。
当時、隣は3人家族だったが旦那は土日しか家におらず、平日は隣は奥さんと3歳くらいの女の子だけだった。
ソファーに座っていたおっちゃんを、俺は知っていた。
家族はいなかった。
バイク好きで、近所のガキから「レーサーのおっちゃん」と呼ばれていた人だった。

おっちゃんはおそらくテレビを観てたと思う。
奥さんがリビングに入ってきて、おっちゃんの隣に座り、飲み食いを始めた。
そんな平凡な風景を20分くらい見てたが、なんせ田舎だったので蚊が多く、痒いわ、暗くて不気味だわで、帰ろうとした時に驚くべきものを見た。
奥さんが皿を持って立ち上がった時に、おっちゃんが奥さんのお尻に顔面を擦りつけたのだ。
俺は何をしてるのか理解できなかったが、とにかく意味不明な興奮を感じた。
奥さんは笑ってお尻を突き出した。
おっちゃんはお尻をパフパフした後、奥さんのワンピースを捲り上げた。
下着は穿いてなかったと思う。
いきなり肌色のお尻が露わになり、おっちゃんはまた顔を擦りつけた。
俺はただただ驚き、興奮していた。

お尻丸出しになった奥さんはソファーに乗り、四つん這いになった。
おっちゃんはソファーの下からお尻を掴んで顔を埋めていた。
小窓からは奥さんのお尻とおっちゃんの頭しか見えなかった。

しばらくその状態が続き、奥さんがソファーに座り直した。
するとおっちゃんは赤ん坊が抱かれるように奥さんの膝の上に寝転がった。
おっちゃんは寝転がりながら奥さんの胸を触りだした。
奥さんは微笑みながら服を脱ぎ、おっちゃんに授乳しだした。
奥さんは何か話しかけたり、おっちゃんの頭を撫でたりしながら、右乳を与えては次に左乳を与える。
時には両方いっぺんに押しつけていた。

おっちゃんが従うようにしゃぶり続けていると、奥さんがおっちゃんの股間を撫で回し始めた。
擦るように上下に手を動かした奥さんは、おっちゃんに話しかけ、おっちゃんの短パンの裾から中に手を入れた。
もぞもぞと動かして、チャックから男性器をグイッと引き出した。
当時の俺の腕くらいあるんじゃなかろうか思うような異常な大きさのモノが登場した。

奥さんはそれを擦りながら授乳を続けていたが、ピタリと止めて、おっちゃんに話しかけた。
すると今度はおっちゃんソファーに座り、奥さんがソファーに膝をついてキスし始めた。
おっちゃんは両手で奥さんの胸を揉み、奥さんも両手でおっちゃんの男性器を触りながらのキス。
俺は行為よりも奥さんの裸に夢中だった。

キスが終わると奥さんは顔をおっちゃんのモノの前にもってきた。
そのまま口をモノに近付け、ペロペロと舐め始めた。
フェラを知らない当時の俺には衝撃的な光景だった。
舐めだした奥さんはソファーから床に降り、膝を床につきながらおっちゃんのモノをパクリと咥えて頭を振って動きだした。
奥さんはおっちゃんに頭を両手で掴まれていた。
印象的な画だった。

奥さんは全裸、おっちゃんは服を着ている。
まるで奥さんが奴隷のように見えた。
おっちゃんはコップを片手に持ってしばらく奥さんを見下ろしていたが、奥さんがズボンを下ろして下半身裸になった。
おっちゃんはソファーで四つん這いになった。
見たくもないケツが見えた。

次に奥さんがおっちゃんのケツを両手で掴み、四つん這いになった。
このとき初めて、女のアソコを見た。
距離があったからハッキリとは見えなかったが、グチョっとした何かとお尻の穴が見えた。
奥さんはおっちゃんのケツに顔を埋めながら、お尻を振っていた。
それが終わると奥さんは仰向けになり、おっちゃんの股の下に頭だけ潜った。
たぶん咥えてたんだと思う。

しばらくしておっちゃんが立ち上がり、上を脱いだ。
奥さんは立っているおっちゃんにお尻を向け、テンポよく振っていた。
おっちゃんは奥さんのお尻をパンパンと平手で打ち、自分のモノを握った。
握ったモノを奥さんのお尻に当て、しばらくグリグリした後、挿し込んだ。
同時に奥さんが仰け反った。
俺は怖くなった。
それでも見ていた。
おっちゃんは激しく奥さんのお尻に下半身を打ち付けた。
しばらくして奥さんが小窓の方を向いて四つん這いになった。
顔を上げたので俺は隠れた。

またちょっとしてからそーっと覗くと、おっちゃんがソファーに座り、奥さんが跨がって向かい合って激しく動いていた。
その日、俺は初めて射精した。