4年前に肝臓癌で6歳年上の夫が他界しました。
享年59歳でした。
還暦を迎える前に逝ってしまったので、夫のことを考えると無念でした。

私たち夫婦には1人娘(結子)がいますが、すでに嫁いでいますので、現在は夫の遺してくれた1軒家に1人で暮らしています。
娘はセラピストをしてるのですが、私にはどんな仕事かよくわかりません。
ただ毎月第3週は3日間程度、地方に出張があり、家を空けています。
実はその出張が、夫を亡くした私にとって人生の最大の楽しみになっているのです。

と言うのも、3年前に娘夫婦に孫が生まれ、娘が出張のときに世話をお願いされているので、私は娘夫婦のマンションに3日間泊まることになっているのです。
孫はとても懐いてくれていて、可愛くて可愛くて。
もう孫のためなら何でもしてあげたいと思っています。
夫を亡くした今では孫の成長が私の生き甲斐であり、孫が夫の生まれ変わりだと思っています。

娘が出張の間は、孫の世話だけではなく、娘の旦那の世話もしています。
朝食、夕食の支度やお風呂の支度やら、まるで家政婦さんのように。
娘の旦那は結婚当初もよく飲み歩いていて、午前様は当たり前で朝帰りもしょっちゅうという人。
娘を心配させていたのは知っていましたので、正直あまりいい印象はありませんでした。
ところが子供が生まれてからは一切飲みに行かなくなり、仕事が終わるとまっすぐに帰って来るようになったとのこと。
子供が生まれると、こんなにも変わるものかと思っていました。

ただ先日、娘が出張中で私が世話に泊りに来ていたときのことです。
娘の旦那は会社の歓送迎会だったらしく、ベロベロに酔って帰ってきました。
私は孫を寝かせつけ、居間のソファでテレビを観ていました。
旦那は玄関からふらつきながらヨロヨロと私のところに来て、「お義母さん、ただいま帰りました。久しぶりに外で飲んだので酔ってしましまいた」と言って、私の横に座り、ソファにもたれて今にもその場で寝てしまいそうでした。

「こんなところで寝ないで、ちゃんとお布団で寝てくださいよ。ほら、しっかりしてください。もうお父さんなんだから・・・」

お酒臭い旦那の背広を脱がせ、スラックスを脱がせました。
さらにネクタイを外し、Yシャツにトランクス、靴下とちょっと情けない姿でしたが、そのまま起き上がらせて、寝室まで肩を抱え連れて行きました。

「明日起こしますので、このままぐっすり寝てくださいね」

そう言って毛布を掛けてあげようとした、その時です。
娘の旦那が私をベッドに誘い込むかのように抱きついてきたのです。
そしてあっと言う間に私の唇を奪い、パジャマの下から手を入れて乳房を揉んできたのです。
もちろん抵抗しましたが、あまりに突然のことで声を上げることすらできませんでした。
娘の旦那は体を入れ替えると私に覆いかぶり、私の乳房に吸いついては揉んできました。
私はかなり強い力で娘の旦那の頭を何度も叩きましたが、一向に止めるどころか、私に体重を乗せるとパジャマのズボンの中に手を入れてきました。

「何してるかわかってるの、やめなさい・・・」

ようやく声を上げて思いとどまらせようと何度も繰り返し言いつけました。
しかし、やめるどころかパンツの中に手を入れてきて、とうとう恥部を弄り始めました。
その指が陰核を刺激すると自然と力が抜けてしまい、体に電流が走りました。
もちろんまだ抵抗する意思はありましたので・・・。

「あなた、こんなことして・・・わかってるの?やめなさい・・・娘や孫はどうするの?」

そう罵り、それで思いとどまってくれることを祈っていました。

「今やめてくれたら何もなかったことにしてあげるから・・・」

そうも言いました。
それでも娘の旦那はやめず、私の腰を持ち上げるとパジャマのズボンと下着を引っ張って一気に脱がし、あろうことか両足を開き、恥部を舐めてきました。

「こんなことしてただで済むと思ってるの?これ以上したらあなた終わりよ」

きつく言いつけている間も陰唇、陰核を舐め回し、私の脅し文句も無駄でした。
もちろん抵抗はしていましたが、亡くなった夫はこんなに私の恥部を舐めてくれたことはなかったとふと思い返し、こんなにもクンニが気持ちいいものかと思ってしまいました。
執拗に舐め回されているうちに体の力がどんどん抜けていき、呼吸が荒くなっているのがわかりました。
そしてどんどん恥部が熱くなり、娘の旦那の唾液なのか私の愛液なのかわかりませんが、舌を動かすたびにピチャピチャといやらしい音がしました。
そのときはもう娘の旦那の頭を叩くのはやめてしまってました。

もう私が抵抗しないと思われたのでしょうか。
娘の旦那はそそくさとトランクスを脱ぐと、亡くなった夫とは比べ物にならないほど長くて太い勃起したペニスがブルンと飛び出してきました。
まさに目を疑うばかりの大きさでした。
巨大なペニスを見た私は思わず体が硬直してしまっていたのですが、「お義母さん、いいですよね?」の声に、はっと我に返ったときには、すでに娘の旦那のペニスが恥部の入り口を弄っていました。

「やめて、やめてちょうだい。あなたこんなこと・・・して・・・」

言い終わる前にカリ部分が入ってきたと思ったら、一気に根元まで挿し込んできたのです。

「あぁ、い、痛い」

思わず叫んでしまいました。
今まで閉じていた膣口が一気に押し広げられて、本当に裂けるのではないかと思ったほどでした。

「お義母さんのキツイですね。結子のオマンコよりキツイくらいですよ」

私の膣内を味わうかのように娘の旦那はゆっくり出し入れしてきました。
しばらくすると徐々に膣が広がり、恥ずかしい話ですが、気持ちよくなってきていました。
そしてあろうことか娘の旦那の背中に手を回し、必死に抱きついていました。

(ああ、気持ちいい・・・)

亡くなった夫とのセックスでも、こんなに気持ちいいと思ったことはありませんでした。
いつも数分挿入して終わりでしたから・・・。

ペニスの出し入れが速く激しく、さらに深くなってきて、とうとう私は身震いして昇天してしまいました。
初めての経験でした。
頭はボーっとして、意識がどこか遠くに飛んでしまった感じになっていました。
その間もペニスの出し入れが続いてしましたが、太い上にさらに長さもあるので子宮の入り口を刺激されて私はおかしくなりそうでした。
こんな男に娘が惚れた理由がわかったような気がした瞬間でした。
その後も何度も昇天して体がフワフワして、もはや自分の体ではないような気がしました。

目を開けると、すべてが終わっていました。
娘の旦那曰く、私は失神してしまっていたようでした。
いまだに信じられない自分がいましたが、もはや私も娘に顔向けできる立場ではなくなってしまったことを悟りました。
さらに追い討ちを掛けるように娘の旦那は言いました。

「お義母さん、本気で感じちゃって、すごい大きな声で喘いでたので子供が起きちゃうんじゃないかと思ってヒヤヒヤしましたよ」

恥ずかしいし情けないし・・・ショックでしばらく起き上がれませんでした。

「お義母さん、あんなに感じてたんだから、もう怒りませんよね?」

あっけらかんと言う娘の旦那に、私は何も言い返せませんでした。

「結子がいないとき、またしましょうよ。いいですよね?」

ニコッとしながら言われると、いいとも悪いとも言えませんでした。
天国の夫にも娘にも孫にも顔向けできず、苦悶しています。