嫁の友人が家に泊まりに来た時の話。
子供も生まれて手狭になったので、少し広い家に引っ越しをした。
引っ越しをして1ヶ月後、嫁友と庭でバーベキューをすることになった。
嫁友は、そのままうちに泊まればいいやって話になった。

嫁友は開業医。
もちろん頭もいいけど、すんごい美人で、そしてとても気さく。
綾瀬はるかをほっそりさせた感じだが、医者とか美人なのを全く鼻にかけないサバサバした性格だ。
だからめちゃくちゃモテる。

当日、バーベキューの後、みんなで近くの温泉に行った。
しばらくして子供も寝静まったので、俺と嫁、嫁友の3人で改めて部屋で飲み直した。
酒も進み、嫁と嫁友が下ネタを始めた。
嫁はもともと好んで下ネタをするタイプではないけど、この嫁友とはエッチの悩みも含めて何でも話せる仲だと前々から聞いていたので、俺はあまり驚かなかった。
男はイクのは簡単で視覚的にも分かるけど、女はイクのが難しいし、イッたのかどうか自分でも分かりにくい、ってな話までしてた。

初夏の夜だったけど、その日は涼しかったからクーラーは使わず、窓を開けて扇風機だけ回していた。
嫁友はいつでも寝られるようにすでにパジャマに着替えていた。
時折、扇風機の風がパジャマの襟口や袖口を捲るので、火照った嫁友の体を盗み見るうちにだんだんムラムラしてきた。
俺はコタツテーブルの下で足を組み替えるフリをして、嫁友の足に触れてみた。
嫁友はビクッとして足を引いたが、何事もなかったように話を続けてる。
調子に乗った俺はもう一度組み替えるフリをして足に触れた。
今度は嫁友は足を引かなかった。

さらに調子に乗った俺は、そのまま足の指で嫁友の脛辺りを軽く揉んでみた。
やんわりと。
嫁友はその俺の足の指をそっと手でなぞってきた。
俺は心臓バクバクだった。
その矢先、嫁友は立ち上がって台所に焼酎の水を足しに行った。
嫁友はピッチャーに水を足して居間に戻ってきたが、さっきとは少し俺から離れた場所に座った。
その間も嫁友は元カレの話などをしている。

(うわー避けられてる・・・当たり前だよな)

自分の変態的なアプローチをさりげなくかわされた俺は、急に猛烈に恥ずかしくなった。

嫁「俺くん、顔が真っ赤だよ。大丈夫?」

表情が引き攣っていたのだろう、嫁が心配して言った。

俺「ちょいと飲み過ぎたかも(笑)」

とりあえず笑って誤魔化した。
すかさず嫁友も言った。

嫁友「ちょっと変な話をしたから気分が悪いんじゃない?」

少し嘲るような口調だ。
でも怒ってはいない感じ・・・。
俺は何事もなかったようにおどけて言い放った。

俺「綺麗どころ2人がそんな話をしてたら、そりゃ酒も回るって。ちょっと酔いを醒ましてくるわー」

これは本当のことだったし、俺は勝手ながら嫁友の少し見下したような言い草に頭にも来ていた。
(本当に勝手だけど・・・)
言い放った勢いで俺は寝室に引っ込んだ。
1人で寝室に戻ってあれやこれや考えているうちに眠ってしまった。

ふと尿意で目を覚ますと嫁が隣で寝ていた。
時計を見ると夜の2時過ぎだった。
嫁を起こさないよう立ち上がる。
頭がガンガンしたが、寝室を出てトイレに向かった。
磨りガラスの付いたドア越し、廊下に居間の灯りが漏れていた。

(そうか、嫁友が居間で寝てんだな・・・)

嫁友の寝姿を想像して体を熱くした俺だったが、まずは尿意を解決しようと、居間のドアを通り過ぎてトイレを済ませた。
トイレから出た俺は居間のドア前に立ち止まった。
隙間から嫁友が寝ている布団が見えた。
角度を変えて覗き込むと、嫁友が横向きに寝ているのが見えた。
腰にタオルケットを掛けて寝てる。
ゆったりとしたパジャマの足元が捲れて、薄明かりでふくらはぎが白く輝いて眩しかった。

俺はどうしようもない性欲に襲われた。
しかし、この廊下の先の寝室には嫁が寝ていることや、何より相手が嫁の親友であること、さらに(俺には高嶺の花すぎる!)などと考えて、居間に侵入することはやっぱりできなかった。
さっき、やんわりと拒絶されたことも思い出したし。

そこで俺はトイレからトイレットペーパーを取ってくると、また居間のドアの前に立った。
パンツを下ろして、妖しく輝く嫁友のふくらはぎを見ながらムスコをしごき始めた。
嫁友が寝返りを打った、しかし目は閉じている。
廊下は真っ暗だったから、嫁友からは見えないはずだ。
俺は構わずしごき続けた。
しごくうちに、(むしろ嫁友に気づいて欲しい)とさえ思うほど興奮してきた。

がむしゃらにしごいてた最中、嫁友の目が開いた。
というか、いつの間にか開いていた。

(やっべーーー!!)

怖気づいた俺は手の動きを止めた。
しかし、嫁友に見られた興奮で射精してしまった。
立ったまま、ドクドクと・・・。
反射的にトイレットペーパーで尿道口を押さえたが、精液が床にボタボタと落ちた。
嫁友を見ると、嫁友もじっと俺を見ていた。
沈黙に押し潰されそうになって、いっそこのまま居間に入り込んで抱きついてしまおうかとも一瞬考えたりした。
しごいている時よりも心臓がバクバク鳴った。

その時、嫁友は体を起こすと、両手を大きく、ゆっくりとクロスした。

×印だ。

×印を作ったまま、チンコを押さえている俺を見ている。
拒絶のサインだとすぐにわかったが、その仕草はどこか飄々としていた。

(俺を傷付けないようになのか・・・)

さすがは女医と、ちょっと感心したくらい。
そして嫁友はにーっと笑うと、俺に背を向けた。
俺は床に落ちた精液を拭いてから寝室に戻った。

翌日、嫁友が帰る間際、俺に耳打ちするように言った。

「俺くん、嫁を悲しませるようなことをしたら絶対に許さないからね」

美人なだけに凄みがきいていてた。
俺は苦笑いしかできなかった。
けど・・・あのまま襲ってたら、どうなっていたんだろう・・・?