働いてた店のバイトの子を持ち帰りました。
その子が店に入って1ヶ月後くらいに、気の合う仲間で飲もうかとなって、冗談半分で誘ったらたまたまOK。

「やっぱり野郎とおばちゃんだけじゃ盛り上がらないよね」と喜んだ。

その子は20歳の大学生。
大人しい感じの子。

普通にみんなでワイワイ騒いで飲むも、その子はイマイチ盛り上がらない。
俺はその子を楽しませようと、1人でガンガン飲んでバカ話をして場を盛り上げました。

いい加減ベロベロになった俺が、「アキちゃんって、うちのお店じゃ誰がタイプ?」と聞くと、「ん~・・・」と悩んでる様子。

別にその子には気があったわけじゃないけど、「じゃあ俺にしときなさい!」と。
その頃から俺の思考回路がおかしくなってきていた。
その日は6人で飲んでたんだけど、俺だけすっかり出来上がってしまい、「ハイ、じゃ、次の店に行きましょう!」と勝手に決めて、会計もすぐに済ませ彼女を連れて一番先に店を出るも、「消えよう!」と連れを待たず、俺の行きつけのお店へ直行!!
戸惑いながらも強引過ぎる俺の誘いを断れず、ただついて来る彼女。
店に着く頃には、俺の頭の中はヤルことしかありませんでした。

しかし、このテンションでは口説き落とすまでもたないと、軽めのカクテルを飲みながら落ち着いた会話に徹する俺。
何杯目かのカクテルを飲んだ時、次に何を飲もうか悩んでる彼女に、「どんなお酒が好きなの?」と聞くと・・・。

「ウイスキー以外ならなんでも大丈夫なんですけど」

彼女もだいぶ酔ってるようで、これはチャンスとばかりに・・・。

「たまにはウイスキーを飲んでみれば?」

「え~、でも~、記憶がなくなるんですよ、ウイスキーだと」

「そっかぁ~、でもちょっとなら大丈夫じゃない?俺も同じの飲むからさ」

そう言ってCC(カナディアンクラブ)の水割りとロックを注文。
目の前に2つのグラスが並んだ。

「どう?」

先に飲ませる俺。

「水割りだから全然平気でしょ?」

「そうですね。これ飲みやすいかも」

(ふふふ、CCは癖のないウイスキー、罠にかかったな)

今度はロックを一口飲ませる。

「あっ、さすがにこれはキツいです」

これも俺の罠。
ロックの後に飲む水割りはかなり飲みやすく感じたようで、間もなく2杯目を注文。
すでに彼女の目はトロ~ンとしていた。

「あ~もう眠いです。帰ります」

もちろん、そのまま帰すわけがない。
店を出る頃にはすっかり出来上がって1人じゃ歩けない状態の彼女。

「すぐ近くに俺の部屋があるから、ちょっと休憩してったら?」

「ふぁ~い」

マンションのエレベータに乗り込む。
数十秒の密室。
迷わずキスをする俺。
ちょっと抵抗するが、身体に力が入らない彼女。
程なく自分の階に着いて、彼女を支えながら部屋へ向かう。

「もう限界です。寝ます」

布団へ滑り込む彼女。
にやけた自分の顔が想像できた。
部屋には俺と気持ちよさそうに眠る彼女の2人だけ。
ポケットからタバコを1本出して、彼女の寝顔を見ながら至高の一服。
ど~れと服を脱ぎ、彼女の横へ寝る。
軽くキスをしても、服の上から胸を揉んでも、反応はない。
なんか虚しい気分。

1枚、1枚、彼女の服を脱がせて全裸にした。
蛍光灯の下、まじまじと20歳の裸体を舐めるように観察。
そっと乳首を口に含む。

「あっ・・・」

彼女の口から声がこぼれる。
右手はもう片方の乳首を円を描くように撫で回す。

「あっ~、えっ?」

どうやら彼女が目を覚ましたようだが、まだ半分夢の中。
全身を舐め回し、ついに彼女の秘めた部分を見ようと膝を立たせ、そ~っと足を開かせる。
綺麗なピンク色。
指で触るとちょっと湿った感じ。
迷わず顔を埋めた。
とりあえず早く入れたかったので唾液で濡らそうと思うも、飲み過ぎで喉がカラカラなせいか唾液がなかなか出ない。
台所へ行き、水を1杯飲んだ。
部屋へ戻ると彼女は足を開いたまま寝ている。
俺はまた彼女の秘部へ顔を埋め、これでもかと舐め回す。
時折漏れる、彼女の愛くるしい声。

十分に濡れきった秘部を前に、野獣と化した俺はゆっくりとゆっくりと入っていった。
酔っているせいか彼女の内部は驚くほど熱かった。
すでに歯止めのきかない俺は勢いに任せて、突いては出し突いては出しを繰り返すことに没頭していた。
その時、「へぇっ?」と彼女が目を覚ますも、次の瞬間には喘ぎ声に変わっていた。
今まで無反応に近かった女が急に喘ぎ声を出すものだから余計に俺は興奮してしまい、耐えきれずに彼女の腹の上へ勢いよく熱い液体を吐き出した。
それと同時くらいに彼女はまた夢の中へ・・・。
気がつくと俺も寝てしまったようで・・・。

目覚めると、隣には全裸の20歳の女。
すぐにしゃきっとした目でじっくりと彼女を見る。

(んっ?)

彼女のお腹に拭き残した俺の体液を発見。
もう一度ティッシュで拭いてあげる。
ついでにあそこも拭いてあげようとしたら、ティッシュに赤い液体が!

(んっ?えっ~!まさかの処女?)

考えてみれば、彼女は大人しい感じの子で、誰が見てもマジメな子。

(ヤバイ、これはヤバイ)

確認のため、もう一度彼女の足を開かせてじっくりと観察。

(あちゃ~)

どうやら激しく指で弄り回したせいか、入り口の部分に爪で引っ掻いた感じの傷があった。
悪いことをしたなと思いながら傷口を舐める俺。
ここで2ラウンド開始のゴング。
さすがに時計は3時を回っており、彼女は目を覚ますことはありませんでしたが、時折漏れる可愛い声には興奮しまくりでした。

「矢島さん、矢島さん!」

「んっ?」

彼女に起こされるも寝ぼけ眼で理解できない状態の俺。

「私、用事があるので帰りますね」

「分かった、気を付けてね」

普通に彼女を帰し、また眠りにつく俺。

2日後、彼女がバイトの日。
ちょっと照れた感じで俺に挨拶してきた。

「この前はすみませんでした。ちょっと飲み過ぎました」

う~ん、いい子だ。
当時、俺にはちゃんとした彼女がいたのですが、結局この子とは3ヶ月ほど付き合いました。
後で気づいたのですが、彼女は名器の持ち主で、素面や軽く酔った状態でエッチすると、本当に三擦り半くらいでイッてしまう具合の良さ!
中でなんか動いてる感じ。
これがミミズ千匹ってやつなのかな?
とにかく、後にも先にも彼女以上のおまんこはない!
それと彼女の乳首って綺麗な円錐形で、エッジの部分が舌にかかってすごく気持ち良かったです!