僕が中1の夏休みのときです。
相手は19歳の女子大生。
正直、オナニーを覚える前なんですよね。
普段の生活では意味が分かんないんだけど、勃っちゃって硬くなるということは何度かあったんですけど、その先を経験したことがなかったんですよ。
本当に今考えれば純粋なガキだと思う話なんですけど・・・。

それで、初エッチの話はというとですね。
僕、バレー部だったんですけど、夏休みになると強化合宿(遠征)というものが恒例行事であったんです。
男女バレー部共同で、宿舎は同じ宿。
宿の近くの大きな体育館は女子が使用して、男子は5kmほど離れた小さな体育館までランニング(往復)して練習。
女子はOG(女子大生やOL)も参加しての合宿だったんですよ。
中学1年の初っ端の頃なんて、もう男子より女子のほうが全然大人ですよね。
というか、男ってホント幼稚ですよね。
大人になりきれていない僕は前日に練習中にヘマやっちゃって、監督の怒りをかって、「今日の練習には参加しないでいいから宿舎で反省文を書いてろ」ってことになって宿に居残りだったんです。

そんなこんなで宿舎の個室で凹んでたら、童貞を捧げることになるとはこのときは想像もしてなかったOGの女子大生が様子を見にやって来てくれたんですよ。
それで色々と慰めてくれたり励ましてくれたり、色々と話し相手になってくれたんです。
中1のうぶな男にとって、19歳の女性の香水の甘い匂いとか、やっぱりやられちゃうんですよね。
そこに追い討ちをかけるように、少し小さめのブラジャーから溢れた張りのある胸がタンクトップから見え隠れしているんですよ。
それに気づいた瞬間に僕のアソコが我慢しきれなくなって、凄い勢いでカチカチに硬くなったんです。
しかもそのときの僕の服装はTシャツに短パンだったんで、短パンに収まりきれずに顔を出してしまう状況になっちゃったんですよ。
こんなところ先輩に見られたくないから、必死で違うことを考えたり、僕のアソコが先輩の死角に入るようにってやってたんです。
でも、こんなときって興奮を抑えようとすればするほどさらに興奮してきちゃうもので、ますます僕のアソコが勢いづいちゃって・・・。
そうこうしているうちに僕の様子が変だと先輩が気づいたらしく・・・。

「両手を上に挙げて立ち上がりなさい」って言われたんです。

イヤだって拒んでいると、先輩が近寄ってきたんです。
そして・・・見つかってしまったんです。
僕のペニスが勃起していることを。
もう恥ずかしくて恥ずかしくて、顔を真っ赤にしてずっと俯いていたんです。
そしたら先輩が、まるで赤ちゃんを抱き締めるように僕を抱き締めて耳元で囁いたんです。・・・。

「エッチしようか?エッチしたいんでしょう?私も合宿中の禁欲生活で溜まってるの」

でも僕は最初に書いたようにオナニーすら経験のない男なわけで・・・。
どうしていいか迷っていたんだけど、女性に「エッチしたい」って言われて何もしないなんてことだけはやっちゃいけないって本能的に思ったんですよ。
それで僕は顔を真っ赤にして彼女に言ったんです。

「僕、エッチの経験もなくて、仕方が分からないからどうしたらいいのか分からない」

すると彼女が聞いてきたんです。

「1人エッチはしたことあるの?」って。

僕が「ない」って答えたら、僕の目をずっと見つめてるんです。
僕は気まずい雰囲気を作ってしまったことが申し訳なくて、そしたら涙が溢れてきたんです。
すると彼女は僕をさらに柔らかく抱き締めて、「私がエッチを教えてあげる」って言うんです。
そして考える間もなく、僕をまだ敷きっぱなしだった布団に押し倒してきたんです。

そして僕の着ていたものを全部脱がせると・・・。

「今度は私を裸にして、優しくね」って。

僕は言われるがままに、優しくタンクトップを捲り上げ、ブラジャーを外し、そしてジーンズを下ろし、パンティを脱がしたんです。
露わになった彼女の姿に僕のペニスは硬くなりました。
彼女は僕をぎゅっと抱き寄せると、唇を重ねてきて、舌を絶妙に絡ませながら首筋から耳へ、さらに胸へとキスや愛撫をしてくれたんです。

「私にも今以上の優しさで同じようなことをして」

彼女に言われて、僕は自分なりの優しさで愛撫をしました。
彼女の張りのある胸や唇、そして耳まで余すところなく。
すると愛撫をすればするほど彼女が、「あぅん・・・あぅっ・・・」って声にならない声をあげるんです。
不思議ですよね、その声を聞いて僕は思ったんですよ。

(もっと聞きたい)って。

それでさらに胸を揉みしだき、ツンと立った乳首を摘んだり口に含んだり、愛撫を繰り返しました。
彼女にもっと感じて欲しいと思って。
すると彼女が「ありがとう」と言って、体位を入れ替えて僕を布団に仰向けにしたんです。
そして、「大きくなってるね」って、おもむろに僕の胸から順に手を這わせて、僕のペニスを優しくぎゅっと握り締めたんです。
その瞬間、僕は思わず言葉を漏らしちゃいました。

「先輩、触らないでください」

今から考えると、そんなこと絶対に言わないセリフですけどね(笑)
でも彼女は続けたんです。

「今からもっともっと気持ちいいことしてあげる」って。

そして僕に何か考えたり言ったりする時間も与えず、おもむろに握り締めていた手で僕のペニスを上下にシコシコと、速さや力加減を絶妙に変えながらしごき始めたんです。
時には僕のペニスにキスをしたり舌を這わせたり、口に含んだりしながら・・・。
そんなことをされていると、僕は今までに経験したことのない気持ちよさで、思わず声にならない声をあげちゃいました。
そしてついに絶頂に達し、見たことのなかった白い液体を発射しました。
ドクドクと流れ出す白い液体を見ながら、僕は今まで味わったことのない気持ちよさに浸ってしまいました。
彼女は僕に言いました。

「これが射精だよ。溢れ出したものが精液だよ。こういう気持ちいい射精をするのが1人エッチっていうんだよ。気持ちよかったでしょ?これが『イク』って感覚だよ」

そして彼女は続けました。

「シーツが汚れないようにお掃除してあげる」

彼女は僕のペニスや溢れ出した精液をペロペロと舐めて綺麗にしてくれました。
さらに言いました。

「女の子も気持ちよくなると同じようになっちゃうの。女の子の場合は硬くなったおちんちんをここに入れて、お互いにシコシコするんだけどね。それがエッチだよ」

そして僕に覆い被さり、ディープキスをして体位を入れ替えると・・・。

「今度は私を抱いて、私をイカせて」

僕は、今までに経験したことのなかった気持ちよさを上手く言葉で表現できませんでした。
ただただ、「気持ちよかった」としか。
そして彼女の僕を求める目や言葉に僕のペニスは素直に反応して、もう一度この気持ちよさを味わいたいと、彼女を優しく愛撫して、そして彼女が求める場所を激しくピストン運動して、もう一度昇天しました。
同時に彼女もイッてくれました。
僕も彼女のアソコから溢れた液体をペロペロと舐めてお返しをしてあげました。

彼女は、「ありがとう、本当に気持ちよかったよ」って言ってくれました。

さらに、「ご褒美だよ、今度はお口の中に出して」って、僕のペニスを再び口に含み、手や舌でしごいてくれました。

僕はまた白い液体を、今度は彼女の口の中に発射してしまいました。
さすがに量は1回目や2回目に比べると少なかったです。
その後、僕らはみんなが昼飯のために戻ってくるまでの時間を気にしながら、もう一度彼女のリードでエッチをしました。

こんな情けない僕に体を捧げてくれた彼女には感謝の気持ちでいっぱいです。
その19歳の女子大生とは、残りの合宿期間もみんなにバレないようにエッチしました。
本当に気持ちよかった思い出です。