33歳の主婦です。
先週の土曜日に同級生の結婚式があり、遠い場所だったので主人に子供をお願いして1泊で出席しました。
子育てに忙しく家を空けることなどなかった私は凄く楽しみにしていました。
私は近くのビジネスホテルに泊まる予定でした。

式に出席していると声をかけられました。
振り向くと主人の同僚の方でした。
聞けば、奇遇にも新郎と同級生とのこと。
式が終わり2次会に移動というとこで私がホテルに戻ろうとすると、主人の同僚の吉岡さんに、「一緒に行きましょう」と誘われ、断れずに2次会に出席しました。
お酒も進み、吉岡さんは私の横に座って楽しく過ごしました。
そのとき主人から電話があり、2次会に出てることを告げ、そろそろホテルに帰ることを言うと、主人も子供2人の世話に疲れたようで、「もう寝るよ」と言って電話を切りました。

私は次の日、朝一で帰るので、「そろそろ帰ります」と言うと、吉岡さんが「送ります」と言ってホテルまでついて来てくれました。
吉岡さんはお酒が飲めないので車で来ていて、車で送ってくれることになり、助手席に乗ると話が弾み、「少しドライブしましょう」と夜景の見えるところに連れて行ってくれました。
有名な場所で、とても綺麗で感動しました。

「こっちに穴場がありますよ」

そう言うと吉岡さんは私の手を握り、山道のようなとこを通り、開けたとこに出ると、さっきよりもっと綺麗な夜景が眼下に広がっていました。
酔いもありましたが、少し暗い場所なので、吉岡さんの手をギュッと握って話をしていました。

「ひょっとしたら熊とか出るかもなぁ」

いきなり握っていた手を離され、「ちょっと怖いです」と言って私が吉岡さんの上着を掴むと、「じゃあこうしましょう」と私の肩を抱き、ギューっとされると私はドキドキしてしまいました。
吉岡さんの胸に顔をつけてる状態で、「もう少し夜景を見ましょう」と言われましたが、景色なんて見る余裕はありませんでした。

(主人じゃない男性と、こんなことをして・・・)

そう思うと余計にドキドキしてきました。
酔っていたせいか、吉岡さんに腕をまわして抱きつくような格好になりました。
すると吉岡さんは、「よし」と私にお姫様抱っこをしてくれて、私が吉岡さんの首に手をまわすと頬がくっつくくらい顔の距離が縮まりました。
会話がなくなりました。
目を見つめながら舌を絡め合いました。
吉岡さんは私のワンピースを脱がし、ブラを外し、硬くなった乳首を弄ったり舐めたりしました。
吉岡さんは背中を舐めながら後ろから手を回して乳首を両方の手で愛撫してくれて、そのまま下着を膝まで下ろすとお尻を舐めてきます。

「そこは恥ずかしい」

思わず言うと、「じゃあこっち」と、びしょ濡れのアソコを舐めだしました。
ねっとりと舐められて、私はすぐにイッちゃいました。
恥ずかしくなり、吉岡さんに抱きつきました。
またキスされ、アソコを弄られて感じてしまい・・・。
今度は私が吉岡さんの服を脱がしました。
吉岡さんのアソコはそそり立つという表現がピッタリなほど硬くなっており、私はゆっくりとしごきました。
立ったままお互いのアソコを弄り、舌を絡めます。
吉岡さんは私の後ろにまわり、入り口にアレの先を当てて後ろから乳首を弄ります。

「もうやばいです」

そう言って吉岡さんが挿入してきました。
主人とは違う硬くて太いモノがはっきりとわかり、2人ともすぐにイキました。
吉岡さんが、「興奮して一瞬で終わったよ」と恥ずかしそうに言うので、私も笑ってしまいました。
服を着て、私の泊まるホテルに行き、吉岡さんも宿泊でチェックインして、朝まで寝ないで身体を合わせました。
私は3回の射精を受けました。

朝、帰る前に一緒にシャワーを浴びました。

「また会ってください」と言う吉岡さんに、「もう会えません」と言い、駅まで送ってもらいました。

今思うと、凄い浮気をしちゃったと反省しています。
主人の同僚なので、バレないかビクビクです。