僕の初体験を誰かに話すと、必ず羨ましがられます。
しかし僕にとっては自慢したいことでもなく、人から羨ましがられたいといった気持ちはありません。
なぜなら、その相手とはそれが最初で最後であり、ほんのひと夏の思い出に過ぎないのです。

僕は毎年夏休みになると、香川県にある祖母の家に遊びに行くことが恒例行事となっておりました。
祖母の家は瀬戸内海に面した場所にあり、前に歩けば海、後ろに歩けば山という自然に恵まれた場所で、僕は毎年その場所で釣りをしたり山に登ったりしていました。
その年も僕は釣り道具と、当時ハマってたガス銃を持ち、昼間は山で射撃(BB弾)をして遊び、夕方からはアジ釣りに興じていました。
そんな思春期に片足を突っ込んだ僕が考えていたことは、(せっかくだから地元の女の子の友達でもいたらなぁ)でした。

祖母の家に来て1週間ほど過ぎた頃の話です。
僕が祖母の家の長屋の2階で眠っていると、閑静な地域にある木造建築の家で声が通るのか、玄関の方から「コンニチハ~」と外国人風の声がしました。
まさかとは思いましたが、そのまさかでした。
実は母の妹がインド人と結婚しており、その一家が祖母の家に来ていたのでした。
そしてその一家はインド人の父、母の妹の妻の間に『マヤ(仮名)』という、僕と同じ年の女の子がいました。

マヤとは小さな頃に何度か遊んだ記憶がありますが、ここ数年はまったく音沙汰もなく、久しぶりに会ったら、やはりなんといってもハーフの女の子。
キレイとカワイイがちょうどいい具合にミックスした、驚くべき容姿を備えていたのです。
マヤの両親は「ただお墓参りに来ただけ」と言って、墓参りが終わるとマヤだけを置いて帰っていったのです。
マヤも最初から夏休みは祖母の家で遊ぼうと思っていたらしく、すでにマヤは僕が来ていることを祖母から電話で聞いていたようです。
僕は祖母からマヤが来ることなんて聞いてなかったので、マヤの到来はまさに青天の霹靂でした。
突然、僕は同い年の年頃の女の子と一つ屋根の下で過ごすことになったのです。

祖母の家にはエアコンの付いている10畳くらいの客間がひとつしかなく、僕とマヤはその部屋で一緒に寝ることになりました。
僕はマヤが同じ部屋で寝ることに焦り、マヤに子供だと思われたくない一心で、ガス銃を箱に入れてかばんに隠したり、マンガ本も片付けたりしました。

マヤは小柄で肩くらいまである黒髪のストレートで、黒縁メガネをしているので、一見まじめそうな子という印象があります。
しかし内面は、やはり外国人の親に育てられた影響が強いのか、まったく人見知りはしませんでした。
むしろ僕のほうが緊張して、なんかカッコつけてる部分もあれば恥ずかしがってる部分もあったりと、若干マヤと接することに狼狽しておりました。
しかしマヤの人見知りしない性格のおかげで2日目には普通に話せるようになり、3日目には冗談も交わせるようになっておりました。

そして4日目の夜。
僕はその日、テレビでやってた映画に夢中になって、風呂に入るのが一番最後になりました。
着替えを持って風呂に入って脱衣所で服を脱いでいた時、いつもは自分のTシャツやパンツをそのまま放り込むのですが、ふと妙な考えが頭をよぎったのです。

(マヤはもう風呂に入って寝てるよな・・・。もしかして洗濯機の中にマヤが今日穿いてたパンツが入ってるのかな・・・)

僕は妙なスリルに駆られ、念のために脱衣所にカギをかけ、ドキドキしながら洗濯機の蓋を開けてみました。
すると、祖母の肌着なども中にはあったのですが、予想通りマヤの下着も入っていたのです。
綿素材で出来ており、色は白。
そして小さな黄色い花柄が散りばめられたデザインでした。
正直、僕は同い年といっても年頃の女の子の下着、しかも穿いた後のものを直接自分の手で触ること自体が初めてであり、その下着の柔らかい感覚はあまりに斬新な体験でした。

少年の僕は、(どんな香りがしているんだろう?)と、まずはパンツのアソコが当たる部分の表側を自分の鼻につけ、少し匂いを嗅いでみました。
洗剤と汗とオシッコが混じったような、そんな独特の香りがしました。

(裏側はどうなってるんだろう?)

裏返してみると、アソコが当たる部分に直径2cmくらいの薄くて黄色い縦シミが付いていました。
今度はその縦シミに鼻を直接付けて嗅いでみると、『!?!!!』としか表現しようがないような強烈な匂いがしました。

(表と裏で、こんな香りの濃度が違うのか!!!)と驚きまくりました。

そして脱衣所でそのまま自慰行為に耽り、発射した後、少し冷静になった僕はそのまま風呂に入り、夜は寝たのですが、マヤのパンツに興奮が冷めず、結局3時くらいに起き出して、また脱衣所でさらに1発射精して、それでやっと眠れたような状態でした。

その出来事をきっかけに、僕には入ってはいけないスイッチ、いや、入るにはまだ早いスイッチが入ってしまったのです。
僕はマヤのことを性的な目で見るようになりました。
常に胸の膨らみを見たり、ブラ線を目で追ったり、ショートパンツの隙間からパンツが見えないか覗いてみたり、常にいやらしい目線になっていたのです。
そしてマヤの水着姿を見たいという下心で、「明日は海に行かない?」なんて誘ったりもしていました。
そして意図的に夜中の2時3時に目を覚まし、脱衣所に行って毎晩、マヤのパンツで自慰行為に耽るのが日課になりました。

祖母の家の長屋のトイレは古い木造のほったて小屋で、その気になればいとも簡単に覗けるとものでした。
僕はマヤが毎日、食後にトイレに行く習慣を覚えていたので、早めに食事を済ませ、個室トイレの隣の清掃道具入れの中に身を隠し、マヤが来るのを待ちました。
そしてマヤがトイレの小屋の中に入り、ガチャとカギを閉めるのと聞くと、僕は向こうからはバレない程度に顔を下げて、足元の隙間から中を覗いたりしました。
マヤのスリッパと足首が見えました。
直後、少し毛の生えた割れ目が視界に入り、数秒後にその割れ目から拡散して飛び散るようにおしっこが出てくるところまで見たりしたのです。
真正面の至近距離でした。
そしてマヤは何事もなくトイレから去って行きました。
さすがにトイレは危険性が高いので、それっきりですが、それからさらに3日4日は、目線でマヤを犯すと言ってもいいような状態でした。
マヤを見れば見るほど、僕の性的願望は増幅していき、(寝ているときに抱きついてみようかな・・・)とか、そんな理性が崩壊するところまで妄想するくらいまでになっていたのです。

そしてチャンスは巡ってきました。
一緒に祖母の家で寝泊りするようになって2週間くらい経った頃だと思います。
その頃になるとマヤとの会話に恋愛話とかも増えてきたこともあり、だんだんと僕はマヤの性的な感性はどうなっているのか知りたくて、ウソの話題を振ってみたのです。

僕「実は俺の学校にも付き合ってる奴とかいて、なんだかもう関係を持ってるらしい」

マヤ「関係って?まさか・・・」

僕「うん、そう、やったってこと」

こうして遠回しにセックスの話に巻き込もうと画策していたのです。

大人ぶって、「今はスマホとか誰でも持ってて、簡単にエロい動画とか観れる時代だから、初体験が早い奴が多くなってると思う」なんて持論を述べてみたりもしました。

僕の狙いは当たりました。
マヤにエロサイトのサムネイルの画面を見せました。
マヤも興味はあったらしく、「え、これってモザイクとかないの?」と話に食いついてきたのです。

僕は、「これはアメリカのやつだからないよ。ちょっと観てみようかw」と冗談を装ってマヤとエロ動画を観ることになったのです。

そのとき観た動画はマッサージものでした。
OLが何も知らずにマッサージ屋にやって来て、マッサージ師が言葉巧みにOLをその気にさせて、最後は本番に持っていくというありきたりなストーリーのものでした。
僕は最初の会話のシーンは飛ばして、OLがパンツ越しにクリを触られているところから再生しました。
それから10分、20分、30分が経過し、画面の中では指マン、潮吹き、フェラ、挿入と移り変わっていました。
マヤは僕には目もくれず、ひたすら画面を凝視しておりました。
一方で僕は同じ布団に潜って、至近距離にいるマヤのことばかりが気になっておりました。

僕は渾身の勇気を振り絞り、マヤの腰に手を回してみました。
するとマヤは、「え、なになにw」とは言うものの、特に嫌がる様子はありませんでした。
僕はさらに渾身の勇気というか気合というか性的興奮の極みというか、ダメ元で腰に伸ばした手をそのまま下げ、パジャマ越しにマヤのアソコの上に手を置きました。
すると即座にマヤは僕の手首を掴み、嫌がる素振りを見せました。
僕はこれで引いたら終わりだとわかっていたので、そのままマヤの口にキスを仕掛けると、「ン!!いや!」と言いましたが、嫌がったのはキスだけで、触れている下半身に関しては嫌がっていないような、そんな印象を受けました。

そこから僕は電光石火で攻めました。
パジャマの上に置いていた手を翻し、今度はパジャマの中に入れたのです。
その頃、僕はもう(この流れなら出来る!)と確信めいたものまで持っていたと思います。
今度はパンツ越しにアソコを触れると、そこは高湿度の湿地帯になっておりました。
まるで水をこぼしたかのごとく、割れ目一帯が湿っていたのです。
マヤもそれは自分で知っていたのか、それともマヤも観ている動画のように快感を得たいという気持ちがあったのか、顔を伏せて弱い力で僕の手首を握ることしかしませんでした。

僕は中指で割れ目の筋をなぞり、クリを発見しました。
そしてコリコリした部分を指で摩擦していると、マヤが時折腰をビクンと揺らすのが見て取れたのです。
僕はひたすらクリを刺激し続けました。

するとマヤは、「ハァ・・・アッ・・・声出る・・・」と腰をビクンビクンとさせていました。

僕は頃合いを見て、今度はパンツの中に手を入れて直接クリに触れました。
モワっとした陰毛の感触が手のひらに伝わりました。
中はビチョビチョになっており、パンツの裏にも相当な量の愛液が付着しているのでしょう、まるで濡れたスポンジの中に指を突っ込んでいるような感じでした。
僕は特に意図したわけではありませんが、とりあえず今観た動画を再現すればいいだけだと思い、マヤのパンツとパジャマを脱がしました。
そして顔を股に持っていくと、マヤは今からクンニされると察知したのでしょうか、思わず足を閉じました。
それを強引に広げ、僕はマヤのアソコをペロンペロンと舐め始めたのです。
なんだか鉄のような独特な味がしました。
アソコを舐められてマヤは、「こちょばいw」と少し笑いました。
僕の(このままいける!)という確信がさらに強まった瞬間でもありました。

僕はクンニをしながらズボンを脱ぎ、フェラをしてもらえるようにマヤの顔に自分のモノを近づけました。
マヤはそれを手で掴み、手コキみたいなことはしますが、なかなか口の中には入れてくれませんでした。
でも、さらに僕が口に近づけると・・・パクンと衝撃の感覚が我が身を襲ったのです。
パクンのあと口の中でモゴモゴされて、それからはジュポジュポ・・・ペロン、ペロンとたどたどしくフェラをされました。
だんだん慣れてきたのか、マヤはジュポジュポジュポとリズミカルに口を上下させました。
気が付いたら横向きの69の体勢になっていました。

そして挿入の時が来ました。
ゴムなんて用意してませんでしたが、とりあえず外で出したら大丈夫だろうという安易な気持ちで、亀頭をマヤの入り口付近に持っていき、グイグイと押し込もうとしました。
するとマヤは「もっと下」と言い、下にさげて押し込むと、最初はキツかったのですが、思ったよりも簡単に中に入りました。
まるで何か別の口に咥え込まれている・・・というような感覚でした。

腰を振り出すとマヤは、「痛い、っつ・・・」と言ってきたのです。

僕はゆっくりゆっくり腰を振りました。
結局、最後までマヤは感じた声を出すことはなく、ずっと顔をしかめて痛そうにしていました。
最後はマヤのお腹に精液を出すことができました。
そして僕たちは一緒の布団で朝を迎えたのです。

でもその日の朝から、マヤの態度が急に冷たくなりました。
目を合わそうとしないのです。
僕はてっきり、もうマヤと付き合うことになった気持ちでいました。

(マヤと付き合っていることを、どうやって親に納得してもらおうか?)とか、そんな事まで考えていたのです。

しかし、これは僕の予想でしかないのですが、マヤもエロ動画を観て一時は興奮して僕に体を許してしまったものの、決して僕を彼氏と認めたわけではないということだったのかもしれません。
だから興奮が冷めたら、昨夜の出来事を後悔し始めたのかもしれません。
マヤは電車で1時間ほどの場所に住んでいたので、その日の夕方には、祖母に「友達と遊ぶ約束があるから帰らないといけない」と理由をつけて、僕になんの挨拶もなく帰ってしまいました。

取り残された僕は、それから空白の数日間を過ごしました。
何をしても楽しくならないのです。

(マヤとの夜は一体なんだったんだろう?)

虚しさだけが残りました。
童貞ではなくなった・・・かもしれないけど、なんか童貞だった頃のほうが楽しかったような、この空虚な気持ちはなんなんだろう?
そんな感じでした。

こういった理由から、僕にとってマヤとの出来事は『残念な思い出』であり、けっして人に自慢したいものでもなく、羨ましいと思われたいというものでもないのです。