その日は雨が激しく、歩く気分でなかったので、移動にバスを利用しました。
普段滅多にバスには乗らないのですが、かなりの混みようでした。
奥へ奥へと押され後ろの方へ。
一番後ろの席が3つくらい空いたのでそこに座ると、続けて何人か座ってきました。
結局右側の窓側になってしまいました。
まぁ終点まで行くので心配もしていませんでした。

普通なら30分くらいで着くはずですが、雨のせいで道も混んでいるようです。
それにしても隣の男は随分と密着してます。
揺れるたびに左脚に男の右脚全体が押し当てられます。
バスはなかなか進みません。
膝の上辺りに温かい感触が・・・。
雨で気温が下がり、バスは冷房ではなく送風だけです。
男の手がスカートの裾辺りに置かれいます。

今日は白いミニ丈のプリーツスカートに、寒いので黒のストッキングと白い長袖のカットソーに青いジャケットです。

私の膝から太ももまで大胆に手が動き始めました。
私は男の手を上から押さえましたが、男はさらに大胆に奥の方まで進めようとしてきます。
次第に脚と脚の間まで指が伸び、スカートの中まで入り愛撫してきます。
私は腰を動かしたり窓側に寄ったりしましたが一向にやめません。
そしていきなり右手を腰に回して私を抱き寄せてきました。
私は恥ずかしくて心臓はドキドキ。
耳も熱くなりました。

男の右手は裾からスカートの中に入り込み、薄いストッキングの上から下半身に愛撫を重ねます。
固く閉じていた脚が緩んでしまうと、すかさず男の手が入り込み、割れ目に小指が移動します。
今度は手のひら全体で包み、中指が割れ目をいやらしく押してきます。
人差し指と中指でストッキングと下着が食い込むほどにいやらしく触ってきます。
私の身体がそうさせたのか、抵抗ができません。

しばらくして何か違う感触が・・・。
直接、男の指が私の肌に触っています。
ストッキングを破り、指が入ってきました。
下着の脇から割れ目を上下に愛撫してきます。
クリトリスの周りもいやらしく触ってきます。

指が外され、右手で腰に手を回し、スカートの中に手を入れ、ストッキングの破れをさらに大きくしてきました。
そして下着もずらされ、スカートの中では完全にアソコが露出状態です。
男は腰を押し、もっと浅く座ることを促しました。
私はされるがままに浅く座り、背を後ろにもたれかけて次の愛撫を待ちました。
男は手の甲がアソコ全体に当てて中指に角度をつけ、割れ目とクリトリスを刺激してきます。
浅く座っているのでお尻までスカートの中では露出の状態です。

右脚の膝の後ろに手を組んで脚を持ち上げるように男に指示されました。
左脚は伸ばして開くようにと。
花びらはまだ完全に開かれてはいません。
いやらしい格好をさせられて、さっきよりアソコとお尻の穴は剥き出し状態です。
男は人差し指と中指を使って花びらを開きました。
いやらしい液が滴り出すのがわかりました。
花びらも中も空気に触れてピクピクしてしまいました。
男は花びらの内側を焦らすように優しく愛撫してくれました。
耳元で男が囁きました。

「気持ちいいんだな?やめて欲しくなかったら外を見てろ」

さっきより浅く座り、右脚もさっきより角度をつけて抱え込みました。
男の中指が穴に差し込まれました。
頭が真っ白になりました。
下半身の痙攣が収まりません。
左手で男の腕を掴んでしまいました。
中指に続いて薬指も入ってきて、人差し指はお尻の穴を探るように押してきました。
小指は曲げてクリトリスを刺激してきます。
人差し指がお尻の穴に入り、指の動きが激しくなりました。
男の右腕に両手で掴まり、アソコから全身に響く快感に耐えていました。
下半身は何回も痙攣を繰り返しています。

外は相変わらず雨です。
川の近くで渋滞があり、なかなか進みません。
いきなり男に手を引っ張られてバスを降りました。
降りると川岸の公園を抜けて川沿いまで階段を下り、橋の下の雨のかからないところまで行きました。
普段なら散歩やジョギングで賑わいそうなところです。
段ボールの中にホームレスがいそうです。
男は私を抱き締めて唇を合わせてきました。
私も逆らうこともなく応じました。
男の手が背中に伸び、ブラジャーを外されました。
手は前に回り、私の胸を愛撫してきます。
男がファスナーを下げようとしました。
私は自分からベルトを緩めてズボンと下着を下げ、男のチンチンに口を当てました。
汗と雄の匂いを嗅ぎながら根元まで頬張ると、さらに男の匂いが口中に拡がりました。
言われたように唇を細めて口でしごいたり、舌でチョロチョロしたり、タマタマを口に含んだりして頑張りました。

「膝に手を置いて前屈みになれ。脚は開けよ」

早く入れてもらいたくてその格好をして脚を拡げようとすると、段ボールが動いて人の気配が・・・。
ホームレスが見ています。

「チンポが欲しいんだろ?ホームレスにハメられて喜ぶところを見てもらえよ。ほら、早く尻を突き出せよ」

男は後ろから突き刺し、カットソーを捲り上げて胸を揉みます。

「ホームレスが喜ぶように尻を振れよ」

私は人に見られている異常さと激しく出し入れされるチンポに興奮して、自ら喜びの言葉を発しながらお尻を振ったり、前屈みになって深い挿入を味わったりして、何回も昇りつめました。

「パンストとパンツを脱げ、ブラジャーも外せ」

また入れてもらえる期待で言われた通り脱ぐと、それをホームレスの方に投げました。
ホームレスは複数いて、すぐに拾いました。

バスから降りた時に通った川沿いの公園に連れて行かれました。
公園にある身障者用トイレです。
鍵を掛けると使用中のランプが点くので鍵をかけずに。
ホームレスも雨宿りをしているので人は入ってきません。

「早く全部脱げ。そこに寝てマンコを開いてホームレスに見せてやれ」

ドアを少し開けてホームレスが3人、覗いてます。

「早く全部脱いでくれよ。バスの中で痴漢されて気持ちよくなってついて来たスケベ女なんだから平気だろ?」

男は後ろから抱きつき、胸を愛撫し、いやらしいキスをしてきました。
私は力が抜けて崩れ落ちました。
敷かれた段ボールに仰向けに寝て、男のいやらしいキスと手の愛撫を受け入れました。

「自分で脱げないならホームレスに脱がしてもらうからな」

乱暴な言葉とは裏腹に、男の指は割れ目を優しく愛撫して唇で乳首を転がしています。
男が合図するとホームレスはスカートとカットソーを外し、私を全裸にしました。
相変わらず男の愛撫は続き、身体はかなりの反応を示していました。
男は恋人にするように首筋から乳首、クリトリスまで唇と指で愛撫してくれました。
そしてついに私の中に入ってきました。

「気持ちいい、硬くていい」

私は恥ずかしい言葉を口にしてしまいました。
男の唇が私の唇を離れてだんだん下へ・・・。

(え、なぜなの?)

「どうだ、ホームレスのチンポは?相当溜まってるしビンビンだぞ」

「嘘、嫌っ!」

ホームレスのピストンが速くなりました。

「じゃあ抜くか?」

「ダメ、抜かないで、もう少しで」

「安心しろ、ゴム付きだ」

「なんでもいいから奥の方まで突いて、お願いします」

「スケベ女だ、ホームレスのチンポが欲しいとはな」

奥の方で爆発したのを感じました。
その瞬間に甘い快感と激しい痙攣が訪れ、女の喜びが身体中に拡がりました。
男もそれを見て興奮したのか、後ろから私を貫きました。
雨が小降りになったのでしょう、外では子供の声がしますが、私は公園のトイレで見も知らぬ男に身体を弄ばれているのです。
その異常さにさらに興奮してしまい、どんな要求も受け入れて、それを全部快感に感じてしまうのです。