私は妻の母親と関係を持っています。
妻の母親は53歳で、私は30歳。
私は半年前に失業して、今は緊急避難的に妻の実家に妻と2人で居候をさせてもらっている身分です。
妻の実家は広い屋敷で、妻の母親が1人で住んでいるので、快く迎え入れてくれました。

妻はパートを見つけたので、昼間は私と義母の2人っきりで家にいることが多く、そのうちに男と女ですから、暇なあまりについムラムラっときて、悪いと思いながらも義母を強引にいただいてしまいました。
女は、合意であろうとなかろうと、体を奪われて一度でもイカされたら、もうその男から離れられなくなると言いますが、義母も同じでした。

それは春の暖かい風が心地よい、晴れた日の昼下がりでした。
私は奥の畳の部屋に寝そべってエロ雑誌を読んでいました。

「遅くなったけど、お昼ご飯しましょうか・・・」

いきなり義母がふすまを開けて入ってきました。
下から義母を見上げると、無防備にも義母のスカートの奥のパンティまで丸見えでした。
かねてから、一度義母を啼かせてみてみたいと思っていた私は、エロ雑誌を読んで興奮していたこともあって、その瞬間、義母の体をいただきたいという衝動に駆られました。
私は黙って、わざと勃起しきったペニスを露出させて義母の反応を窺いました。

「え・・・正和さ・・・」

義母はゴクリと生唾を飲んで、その場に立ちすくんでいました。
この場から逃げようともしない義母を見て決心しました。
私はムックリと起き上がると義母の方へ近寄り、「お義母さん」と言って肩を引き寄せました。

「え!なに!ちょ・・・正和さん!」

私の手を振り払おうとする義母を無視して、ひょいと軽く持ち上げると、隣の布団が敷きっぱなしになっていた部屋に義母を押し倒しました。

「正和さん!ちょっと・・・あ、やめ・・・ん、んん・・・」

義母は激しく抵抗しましたが、無理やりキスをして黙らせました。
義母はなおも抵抗を続けましたが、舌を侵入させて優しく絡ませていくとだんだんと力が抜けていきました。

「んん・・・ん、ぷはぁ、ま・・・正和さん・・・」

改めて義母の表情を見ると、結構可愛い・・・。

「あ・・・正和さん・・・。駄目よ・・・これ以上したら・・・引き返せなく・・・」

「お義母さん・・・」

私は片手で義母の胸を揉みました。
義母の胸は妻よりも大きく、マシュマロのような柔らかさでした。
揉みしだいているうちに、「あ・・・正和さん・・・」と義母の吐息が色っぽくなったので、私は義母の服を強引に脱がせて裸にして乳首を吸いました。

「あ・・・駄目、駄目・・・あ・・・ああ!ま・・・正和さん・・・駄目・・・や・・・ゃぁうん!」

私が乳首を甘噛みすると喘ぎ声がより一層甘く、高いものに変化しました。
さらに私が義母の性器に顔をつけて舌で舐め上げると・・・。

「あ・・・!そんなこと!」

義母はますます感じていました。
愛液でキラキラと輝く花弁は、とても子供を産んだ53歳のものとは思えないものでした。
私も下着を脱ぐと、勃起しきったペニスを義母のあそこに宛てがいました。

「あ・・・」

義母がピクリと反応しました。

「お義母さん・・・入れますよ・・・」

「駄目よ・・・私たちは義理でも親子なのよ・・・」

私は構わず、あてがった肉棒を一気に義母の膣穴に挿入しました。

「あふぅぅん!」

温かく、そして優しく包み込んでくる感触。
内側はヌメヌメと、それ自身が意思を持っているかのように、いやらしく蠢いていました。
私は腰をゆっくりと前後に動かしました。

「あ・・・ああん!正和さん・・・はぁはぅ!ん・・・ぐ!あ、あ、あ、あ、は・・・はうん!」

ピストンをしながら私はじっくりと義母の膣の感触を味わいました。
ザラザラとした感触の中にヌルリと感じる愛液の感触。
熱い膣の熱。
そして・・・とてつもない快感。
それがペニスから脳髄へと伝わり、絶頂へと高まっていきました。

「お義母さん、気持ちいいでしょう?僕として気持ちいいでしょう?」

「や・・・はぅん!あ、ああん!だ・・・あぅん!駄目よ、こ・・・んなの・・・!はぅぅん!親子で・・・こんなの・・・」

私が大きく『の』の字を書くと・・・。

「あ・・・!はぅぅん!いっちゃう!」

目の前で揺れている胸に手を伸ばし、突き上げました。

「ぁぁぁ!あふぅぅぅん!正和さ・・・ん!あぅぅん!は、は、は、あん、あん、あん!イク!イッちゃう!!いい!中に出しちゃって!抜かないで!」

義母が私の腰を掴んで密着してきました。
それが私の肉棒に刺激を与えてしまい・・・。

「ああああ!!イクッ!!イク!!」

義母の絶叫とともに私は義母の体内に大量の白濁液を放出しました。

ドクドクドクドク!

「あ、・・・ああ・・・」

義母は放出を受けると目を閉じたまま、「あ、あああ!!」と叫びながら勢いよく放たれていく大量の精液の感覚に浸っているようでした。
私はなおも腰を前後に突きながら全身の力を込めて射精しました。

(これが熟女の体か・・・)

こんな素晴らしいものがこの世にあったのかと、新たな世界へと導かれた気がしました。
その日から私と義母は、身も心も一つになったように、お互いの体を気が済むまで貪り合って快楽を楽しんでいます。
もちろん妻にはバレないように。