僕の初体験はなんと大好きなお姉ちゃんと!
僕が19歳、お姉ちゃんが22歳で2人とも大学生。
近所でも評判の仲のいい姉弟です。
お姉ちゃんは近くを通ったからと言って車で迎えに来てくれたり、親の帰りが遅いとご飯を作ってくれたり、中学生や高校生の時には学校の勉強や受験勉強を見てもらったりもして、おかげでそこそこいい学校に入れました。

まあ、ここまでは仲が良ければよくある話だとは思うのですが、ここからが他とはかなり違います。
なんと、この年になってもお姉ちゃんと一緒に寝たり、親の目を盗んで一緒にお風呂に入ったりします(お風呂はたまにだけど)。
僕はかなり寂しがり屋で甘えん坊で、怖い映画を見たり寂しいことがあると、お姉ちゃんの布団に潜り込んだり、お風呂に入ったりして、その度に頭を撫でてもらっています。

そして、ついこの間のこと・・・。
いつものように甘えたくなってお姉ちゃんの布団に行くと、「どうしたの?また寂しくなっちゃった?おいで」って満面の笑みで迎え入れてくれました。
そしていつものように頭を撫でてもらいました。

「ついつい可愛くて、頭を撫でちゃうのよね(笑)」

そう言いながら撫でてもらっているうちに、つい誘惑に負けて、お姉ちゃんのおっぱいを触ってしまいました。
このときばかりは正直怒られるのを覚悟してましたが・・・。

「もしかして、まだやったことないの?」

お姉ちゃんに聞かれたので頷きました。
お姉ちゃんは活発で優しくてルックスがいいため、どこに行っても人気がありました。
でも僕は極度の人見知りで、やったことがあるどころか、女の子と話すのもお姉ちゃんくらいでした。
お姉ちゃんはそんな僕の性格もよく知っていて、「そっか。やったことないんだ・・・」と若干同情気味な感じでした。
僕はお姉ちゃんのことが大好きなので、何を言われても素直に言うことを聞いていました。
するとお姉ちゃんは・・・。

「◯◯はいい子だもんね。でも、この年になってやったことがないのは可哀想だしね。お姉ちゃんでいいならやらせてあげるよ」

そう言ってくれました。
僕は感動しました。
大好きなお姉ちゃんと初体験できるなんて夢のようでした。
僕は「本当にいいの?」と、お姉ちゃんのおっぱいに顔をうずめました。
目の前でお姉ちゃんが服を脱ぎはじめ、ブラを外そうとしたので・・・。

「お姉ちゃん、ブラ外したい」

「ふふ、男の子はみんなそう言うのよね。いいわ、外して。それからパンツも脱がして」

もう感動です。
姉は、「じゃあまずはキスから」と言って濃厚なディープキスをしてくれました。
このときも頭を撫でてもらいながらでした。
その後、おっぱいに吸い付きました。

「美味しいよ、お姉ちゃん」

夢中で吸い付いていると、お姉ちゃんがフェラをしてくれました。

「僕もお姉ちゃんのを舐めたい」と言っておまんこを舐めていると、お姉ちゃんは、「あ、あ、ん、気持ちいいっ」と喘いで、イッてしまった様子でした。

その後、「ここに挿れるのよ」と優しく教えてくれて、入れるとものすごく気持ち良くて、腰を激しく振りました。
すぐに僕はイキそうになりました。

「お姉ちゃん、イ、イク・・・」

そう言って抜こうとすると・・・。

「いいよ、中で出して」

その言葉に興奮して思いっきり出しました。
とても気持ちよくて、お姉ちゃんに抱きつくと頭を撫でてくれて、「またやろうね」と言ってくれました。
最高の童貞卒業でした。
今も親の目を盗んでやっています。