私は42歳で主人は46歳。
子供が2人います。
いつもは子供は2階で、私たち夫婦は1階に寝ているんですが、主人の両親が隣の部屋で寝ているんです。
つまり私たち夫婦がセックスしてる時って、襖1枚挟んだ隣の部屋では主人の両親が寝ているんです。
お義父さんが64歳で、お義母さんが61歳。
たまに夜中に低い喘ぎ声みたいなのが聞こえるんです。

ある日、少しだけ襖に開いていて、夜中に微かに声が聞こえたから隙間から覗くと、お義母さんの足が上にあがっていました。
声が聞こえてくることはたまにあったんですが、実際に60代のセックスを見たのは初めてで、思わず主人を起こして見入ってしまったんです。
主人も完全に目が覚めたらしく、覗いている私の後ろからお尻を撫でてくるんです。
私は目で『やめて』って合図を送るんですが、主人は私のパジャマのズボンを脱がして、パンティの横から私のアヌスを撫でるんです。
主人の両親のセックスなんて興味がないと思っていたのに、実際に60歳代の夫婦のセックスを見ているとアソコがじわっと濡れてきているのがわかりました。
主人の指の動きが妙にリアルに感じて、私はついにパンティが濡れるくらいになっていたんです。

「うっ、やめてって、もう~」

「あれ、お前、濡れてるぞ、しかもかなり・・・」

「もう、見つかるでしょ」

でも私の体はもうストップがきかなくなっていて、主人の指の動きに体をクネクネさせながら主人のおちんちんが欲しくてたまらなくなっていました。
なんとか我慢していると、主人の両親のセックスは終わったみたいなんです。
声もしなくなったし、布団をかける音がしました。
すると主人は私を押し倒してパジャマを脱がすと、私のDカップのおっぱいに吸いついてきました。

「あっ、あっ、だめっ、あああ~」

「おい、聞こえるぞ」

「だって・・・感じるの、もっと舐めて~、噛んで~」

私は興奮してくると乳首を噛まれたくなるんです。
主人はそれを知っていて、乳首をいっぱい愛撫してくるんです。

「いや~、いやらしい~、濡れてきちゃった~」

「さっきから濡れてるぞ、今日は特にすごいな」

「いや~、言わないで~、恥ずかしいから・・・」

私はもう我を忘れて主人にしがみついて勃起したおちんちんをシコシコしていて、主人が「口でしてくれ」って言うからおちんちんを口に含みました。
フェラチオしながら、こんなに大きなモノが自分のアソコに入ってくると思うと、もっとおちんちんを大きくしようと、唾液をいっぱい出しました。
まるで唾液がローションのようになって、主人はたまにフェラチオだけで発射することもあるんです。

「気持ちいい、もうだめだ、早く入れさせてくれ」

私は主人の上に乗ると前後に腰をいっぱい動かしました。
主人と私はセックスの相性が抜群で、主人にお尻を向けて挿入する後背位が特に気持ちいいんです。
その体位で突かれるとすぐに絶頂に達するんです。
ひどい時は一晩で3回くらいイッてしまうんです。
当然主人はそれがわかっていて、私を四つん這いにして後ろから挿入してきました。

「あああ~、あなた、もっと、もっと奥まで入れて~」

「奥まで入れたらすぐにイッちゃうだろ」

「いいの、早く、早くイカせて~」

主人のおちんちんがもう入らないくらい奥まで入ってくると、もう私は我慢できなくなっていました。

「あなた、もうだめ、イクっ、イクっ、ああああ~っ」

思いっきり私は絶頂を迎えました。
しばらくして主人も私の背中に温かい精液を発射しました。
終わって、ふと襖を見ると隙間から目が見えたんです。
主人のご両親も私たちのセックスを見ていたみたいなんです。

翌朝、主人のご両親の顔を見るのがすごく恥ずかしく思えましたが、やっぱり60歳をすぎてもセックスはするんだと改めて思いました。
私もこれからもずっと主人に抱かれたいと思います。
朝からエッチなことを考えていると、アソコがまた濡れてきちゃいました。