私は61歳、主人は60歳のどこにでもいる夫婦です。
私と主人は、もう数十年も前にお見合いで結婚しました。
当時は今みたいに、ナンパしてそのまま結婚なんてあんまりなかったように思います。
というより私がそういうこととは無縁だった気がします。
主人は年下だったし、できれば年上の男性の方がいいな、なんて思っていたのですが、お見合いの後、主人に猛アタックされて一気に結婚まで行きました。
でも今は2人の子供に恵まれ、彼らもすでに独立したので、今は主人と2人でのんびりした生活を送っています。
主人はもうすぐ定年退職です。

新婚時代は毎日のようにセックスをしていましたが、さすがに50歳を過ぎたあたりから月に1回くらいしかできず、そのまま今に至っているのですが、月に1回か2回くらいですが、私と主人はすごく恥ずかしいプレイをしているんです。

この前、主人と温泉に行ったんです。
久しぶりの旅行だったのですが、宿に15時にチェックインしました。
その宿は部屋に露天風呂がついていたので、主人と2人で久しぶりにお風呂に入りましたが、主人の下半身を見ると勃起していたんです。

「あなた、元気ね」

「久しぶりに今日は興奮しとる」

私はなぜか嬉しくなって、主人が洗ってくれと言うので背中を流して、とりあえず下半身には触れないでおこうと思ったのですが、「洗って」と言われたので、ボディソープをつけて洗ってあげたんですけど、主人はそれから立ち上がり・・・。

「口でしてくれよ」

「まあ、若い人みたいなことを言うわね」

「見ての通り、若いだろ」

股間を顔の前に見せると、私はそっと股間を握り締め、口の中へ入れました。

「う、久しぶりに気持ちいいな」

「あん、今日は元気ね」

「まだまだ若いもんには負けんぞ」

「あら、お年寄りが言う言葉よ、それ」

「今からでも子供の1人くらいは大丈夫だぞ」

主人のペニスはいつも以上にすごい勢いでした。
そして主人も手にボディソープをつけて、私の垂れたおっぱいを揉み始めます。

「おっ、おお~、柔らかいな、やっぱり大きいおっぱいはいいな~」

「う~ん、あなた、あんまり触らないで、感じるでしょう」

「お前のおっぱいが一番気持ちいいな」

私も温泉に来ているという非日常の雰囲気で、いつもより興奮度が上がっていたと思います。

「お前のアソコ、見せてみろよ」

「まだ明るいでしょ、恥ずかしいわ」

「いいから見せてみろ」

私が露天風呂の岩に手をつくと、主人がお尻を舐めたり、アソコを指で触ってきたんです。
そして主人の指がおまんこに入ってくるんです。
誰かに見られてはいないかと心配しながら、まだ夕方で露天風呂からは遠くの山々が見え、こちらからは畑仕事をしている人がはっきりと見えます。

「あ~ん、あなた~、見られてるんじゃないの?」

「いいさ、見せてやろうよ」

「いや~ん、あなた今日は変よ」

「そう言うお前もいやらしいぞ」

主人の指はだんだん奥まで挿入されて、子宮の壁に当たっています。

「う~ん、あん、だめよ、奥まではだめよ」

「当たってるな」

「あっ、そこはだめっ・・・」

今度はお尻の穴に指を入れようとしているのです。

「いやっ、入らないわ、い、痛いっ」

私が嫌がったので、主人はお尻の穴はこれ以上入れず、今度はおまんこを舐めてきました。

「お~、だいぶ大きくなってるな~」

「う、うう、あっ、あっ・・・」

舌でクリトリスを愛撫され、私は限界に近づいてきました。

「あ、あなた、それ以上したら・・・」

「これ以上したらどうなんだ?」

「いや、イッちゃうわ~」

「声を出してもいいぞ、やまびこになるくらいでもいいぞ」

「いや、こんなときに冗談言わないで・・・」

「とりあえずここまで」

主人はようやく指を抜いて愛撫をやめてくれましたが、私はもう気持ち的に盛り上がっていて、ここでやめられると、すごく欲求不満が残るんですが、とりあえず温泉に浸かりました。

「いい湯だな、またこの旅館に来たいな」

「そうね」

主人はニタニタしながら私の方を見ていました。

「何か企んでるでしょ?」

「いいや、でもお前の体はすごくいやらしいな」

「そうなの」

「ああ、おっぱいは柔らかいし、お尻も結構いい大きさだし・・・」

「もう、恥ずかしいからあんまり見ないで」

「じゃあ夜はゆっくりと見せてもらおうかな」

その後、美味しい食事をいただき、そしていよいよ夜も更けてきました。
主人と私はいつも以上にお酒を飲んでいて、私は夕方の中途半端な愛撫でムラムラ感がずっと残っていて、この年で恥ずかしいのですが、アソコはずっと濡れていました。
食事後、すぐに布団を敷き横になっていると、露天風呂から主人があがってきました。
それもバスタオル1枚だけ腰に巻いて、アソコは膨らんでいたんです。

「まあ、なんでそんなに元気なの?」

「今からじっくりとセックスをするからな」

そして私を四つん這いにして浴衣を捲くりあげ、恥ずかしい姿にさせられました。

「おや?濡れてるぞ」

「いや~ん、あなたが変なことするから・・・」

「もしかしてお前、食事中も濡れてたのか?」

「違うわよ」

図星でした。
そして浴衣を完全に脱がされ、垂れているおっぱいを揉まれ、私の下に入ってきました。
69の体位です。
顔の前に主人の大きくなったペニスがあり、数回上下に動かすと、亀頭が硬くなって、亀頭のくびれから舌を這わせると激しく脈打っていて、『早く口の中に入れろ』と催促してるようでした。
少ししわの寄った主人のペニスを咥えると、いつになく元気で勢いがあり、私は内心ちょっと嬉しくなっていました。

この年になるとセックスが疎遠になります。
そこまで性欲が湧いてくるわけでもなく、でも性欲が湧いてきても、私には主人しか相手をしてくれる人がいないので、主人がダメな時はオナニーをしています。

でも、今は主人が私のおまんこをまるで犬のようにペロペロと舐めています。
私もお返しに主人のペニスを吸い尽くすようなフェラチオを繰り返しています。
でも、もう私は入れてほしくてたまらなくなっています。

「ううん、あなた、もう入れて~」

「そんなにしたいのか?」

「あんまり焦らさないで~」

私が馬乗りになり、主人のペニスを握り、ゆっくりとおまんこへ挿入していきました。

「あ~ん、今日のあなた、すごいわ」

「おお~、入っていくぞ、すごく濡れてるな」

「う、うううう、ああ~、硬いわ、待ってたのよ」

「さあ、もっと腰を振れ」

私はもう自分を失っていました。
主人も腰を動かし、私の前後運動に合わせるように、そして私の手をギュッと握り、私はもうすでに我慢も限界に来ていました。

「うう、あああ~、もうだめ、あなた、イキそう」

「その声を聞かせてくれ、大きな声を・・・」

「ああ~っ、だめ~っ、イクっ、イクっ、あああああ~っ」

私は久しぶりに叫び声をあげた気がします。
とにかく気持ちよくて、それだけしか考えることができませんでした。
そしてそのまま主人に倒れ込んでしまいました。
どのくらいの時間が経ったのでしょうか、主人が耳元で囁いてきました。

「今日はすごかったな」

「う、うん・・・」

「でも毛が邪魔してないか」

「毛・・・?」

「そうだ、陰毛が邪魔なんだよ」

「でもみんな生えてるでしょう」

「剃ってみようか?」

「は?嫌よ」

「なんで?」

「だって恥ずかしいわ」

「他の誰かにでも見せるのか」

「そうじゃないけど・・・」

「ちょっと待ってろ」

主人はカミソリとクリームを出してきました。

「ちょっと足を開け」

「だめよ」

「いいじゃないか、今日は部屋に露天もついてるし」

私は主人の言うがままになって、熱く濡らしたタオルでまずは陰毛にかけられました。
温かくて、すごくいやらしい気持ちが込み上げてきました。
ジョリジョリと音がします。
主人は嬉しそうにカミソリで剃りあげています。
まさかこの年になって、陰毛を剃られるとは思いもよりませんでした。
そして完全に陰毛が剃られ、ツルツルの盛り上がりが見えました。

「お~、すごい、でも他人が見たらスケベな女としか見ないよな」

「いや~ん、あなたが変なこと言うから・・・」

「じゃあ今から入れるぞ」

そのまま主人のビンビンに勃起したペニスが私の中に入ってきました。

「ああ~、あなた、なんでそんなに元気なの?」

「すごいぞ、よく見えるよ、入れてるとこが」

「いや~ん、見ないで、恥ずかしいわ」

「なんか、出そうだ、あっ、あっ、あああああっ」

おまんこの中に主人の精子がたくさん溢れていました。
生理はもう数年前に終わったので中出ししても大丈夫だけど、量も多いし精子が飛び出る勢いも違ったような気がします。

結局、この日を境に私は今でも陰毛がありません。
少しでも伸びてくると主人がすぐに剃ってしまうからです。
温泉に行った時なんかは恥ずかしくて仕方ありませんが、でも昼間から私と主人は裸で、お互いの性器を舐め合っています。