彼女(仮名でシホ)は大学3年。
体型はちょっとぽっちゃりで、超可愛いけどSっ気がある。
普段はポニテで身長は162センチ。

自分も大学3年。
普通の中の普通。
身長は165センチ。
これは、彼女の家で初めてエッチした時の話です。

日曜日の朝、彼女からメールで、『今からうちに来ない?』と来ました。
どうしたのかと聞いても教えてくれなかったのですが、暇だったし俺の家から彼女の家までは自転車で5分くらいなので、『すぐに行く』と返信して向かいました。
彼女の家に着いてインターフォンを押すと彼女の声で、「鍵開いてるから入って」と言われ、入ると奥のキッチンの方から、「先に部屋に行ってて」と言われ、「お邪魔しまーす」と彼女の部屋に行きました。

シホとは付き合って半年ちょいで、まだキスしかしたことがありませんでした。
彼女の家には何度か来たことがあったのですが、久しぶりだったので少しドキドキしながら彼女の部屋で待っていました。

しばらくすると階段を上がってくる音がして、胸元が大きく開いている薄いピンクのTシャツに下はショートパンツの彼女がいました。
普段は露出の少ない服を着ていたのでビックリ、思いっきり見入ってしまいました。

「エロい(笑)あんまり見ないで!」

でも、シホが持ってきてくれた麦茶を飲みながら、バレないように大きく開いた胸元や、ぽっちゃりしてムチムチした綺麗な太ももをチラ見してしまいました。
ベッドに2人並んで座って話してたのですが、胸元から白いブラがチラチラ見えて、さりげなく「ブラ見えてる」って言うと、シホは胸元を押さえながら・・・。

「そんなにあたしのおっぱいが気になるの?」

チラチラ見ていたのがバレたと思い、強がって、「違うし、興味ないから」と言うと、いきなり腕に胸を押し付けてきたのです。
あまりにも強く押し付けるので形がムニュって変わって、胸の柔らかさが伝わってきました。
こんなに積極的な彼女は初めてで、思わず目の前にある彼女の綺麗でスベスベの太ももを撫で回しました。
ハッキリ言ってこの行為だけでも嬉しくて、彼女に「幸せだよ」って言うと・・・。

「あたしも幸せだよ。ってか脚以外も撫でてよ」

軽くポンポンと撫でると・・・。

「今日、お父さんもお母さんもおじいちゃんの家に行っちゃったから夜まで帰って来ないよ。だから夜まで一緒にいて」

急に小さな声で言われて、思わず抱き締めてしまいました。
しばらく抱き合っていると、「今日のあたし、可愛い?」と聞いてきたので、シホの目を見て、「いつもの何倍も可愛いよ」と言ってキスしました。
でも、彼女はすぐに唇を離したので気になって、「どうしたの?何か嫌だった?」と聞くと、首を横に振っていきなりベッドに押し倒してきて・・・。

「俺くんとしたい」

すごく嬉しくて、そのまま抱き寄せてキスしました。
彼女がすぐに舌を出して来たので自分も舌を出してディープキスをしました。
10分くらいキスをして、彼女のTシャツとショートパンツを脱がし始めたら、彼女も俺の服を脱がしてきてお互い下着だけになりました。
シホは上下お揃いの白い下着でした。

「可愛いね、似合ってるよ」

「ありがと」

そんなやり取りして、今度は俺が上になる形で押し倒してキスをして、ブラを外しました。
初めて見る彼女の胸。
乳輪が薄いピンク色で少し大きめで、小さい乳首が立っていました。
軽く揉んで、「結構大きいね、すっごく可愛いよ」って言うと顔を赤くして、「Dカップあるんだよ」って言ってました。
その時の顔がすごく可愛くて愛おしくて、キスしながらDカップの胸を揉みまくっていると、彼女がだんだん「ッンッン」って感じ始めたのでさらに揉み続けると、俺のパンツの中に手を入れてきて、チンコを触りながら、「すっごく硬くなってる」と半分笑いながら言われたので、彼女のパンツの中に手を入れて・・・。

「シホだってこんなに濡れてるじゃん」

そう言ってシホのマンコを愛撫しました。
シホはマンコを触られた途端に、「あっ、そこ、あっあっ」と声を出し始めたので、もう一気にシホのパンツを脱がしてDカップのおっぱいをしゃぶりながら手でマンコを撫で回しました。
その間シホはしっかり俺のを握り、親指で先の方を刺激していました。
ある程度マンコを触っていると、中からどんどん汁が溢れてきてシーツにシミが出来始めました。
初めは手で触っていたのに、気付くとシホのマンコにチンコを擦り付けていました。

挿れたくなったので、「挿れるよ」と言って、サイフに入れておいたコンドームを付けて正常位で挿れようとすると、シホが可愛い声で耳元で小さく呟きました。

「初めてなの。痛いのが長いと嫌だから一気に突いて」

「分かったよ」と答え、手で位置を確認してチンコを突き刺すと、奥まで入らずに何かにつかえてしまいました。

彼女の顔を見ると痛みを我慢してるように見えたので、「ごめんね」と謝ると、「もう1回突いて」と言うので、キスをしながら腰を軽く引いて少し強めに突くと、シホがキスをしながら「ッンッンン」と大きな呻き声を上げましたが、今度はちゃんと奥まで挿れることができました。
シホの中は本当に気持ち良くて、チンコに絡みついてくるのがよく分かりました。
まだ挿れただけというのに、お互い肩で息をしていました。
挿れてからは動かずに抱き合いキスをしてました。

しばらくしてシホは落ち着いたのか、「やっと繋がれたね。あたしの処女を貰ってくれてありがとう」と、笑顔で言いました。

俺もシホの笑顔を見て、「シホの中、気持ちいいよ、俺の初めての人になってくれてありがとう」と言いました。

しばらくは挿れながらキスしたりイチャイチャしたり・・・。

「シホの中あったかい」

「俺くんの大っきくて硬い」

とか話してましたが、シホが「いっぱい汗かいたからシャワー入ろう」と言うので、シホのマンコからチンコを抜くと、シホのエッチな汁と血が少し混ざった液がマンコから垂れてきたので、急いでティッシュで拭いてあげました。
顔を近付けて念入りに拭いていると・・・。

「もう出てきてないでしょ?恥ずかしいからやめて」

笑いながらそう言われてしまいました。
それから一緒にシャワーに入りました。
シャワーなのに1時間くらい入っていました。
そこで洗いっこをしてる時にシホが、「さっき出せなかったでしょ?」と言ってきて、手でされたら10秒くらいで出してしまい、「早過ぎ!」と笑われてしまいました。
他にもおっぱいをしゃぶったり、マンコも少し舐めさせてもらいました。

「やっぱり挿れる方がいい」

シホの白くて少し大きめのお尻を掴んでバックから挿れようとしたら、「ダメ、部屋に戻ってから」とお預けを喰らってしまいました。
シャワーから出てシホをお姫様抱っこして部屋に戻り、ベッドに寝かせると・・・。

「運んでくれて、ありがとう。ご褒美に生で気持ち良くしてあげる」

長いディープキスをすると、「今度はあたしが上になる」と言い、上に乗ってきたかと思うと、すぐに騎乗位で挿れてしまいました。
シホは挿れる時に痛そうな表情をしましたが・・・。

「さっきより全然痛くないし、生だとなんか幸せが凄い」

「生だとすごく気持ちいい」

お互いぎこちなく動き始めました。
シホが上で動くたびにおっぱいが揺れてたぷたぷしていました。
挿れている満足感とぎこちない動きの刺激も加わり、「もう出そう」と伝え、生だったので抜こうとしたら・・・。

「あたしの初めてを奪ったんだから責任取って」

いつものSな小悪魔的な笑顔で言ってきました。

さらに、「今日、たぶん危険日だから、中に出したら赤ちゃん出来ちゃうかもね」と言い、俺は必死でシホをどかそうとしたけど、騎乗位のまま抱きつかれ、そのままシホの中にドピュッドピュッと、今までしたことのないような長い射精をしてしまいました。

「中に出してごめん」

「うん、すごくいっぱい出てたね」

俺は、「もし赤ちゃんが出来たら、責任取って結婚する」と言いました。

するとシホが笑いながら、「ありがと、でも今日、本当は大丈夫な日だから」と言ったので、俺はホッとしてシホにキスしました。
終わってからも2人とも裸のままベッドでイチャイチャしてました。

「もし浮気したらおちんちん切るからね」

「浮気なんかしないよ、でも、もしシホが浮気したら、赤ちゃんが出来るまで中出しするからね」

「そんなに中に出したいなら、今もう1回して」

「もう出ない」

「じゃあ別れる(笑)」

シホにチンコを触って大きくしてもらって正常位で挿入しました。
いっぱい腰を振って、さっきほどの量はないけど中に射精すると、シホは嬉しそうに、「ありがとう」と言ってくれました。
この日は朝10時くらいからやり始め、気付いた時は夕方の16時。

「初めてなのに6時間もしちゃったね」とシホが言いました。

最後まで読んでくれてありがとうございました。