いつも煙草を買いに行く店でパートをしている人妻の妙子。
釣銭を間違えて多くもらったことから時々話すようになり、思い切ってドライブに誘った。
妙子は「久しぶりのドライブ!」と言って楽しんでいた。
セっクスレスの旦那に不満があるらしく、気晴らしも兼ねてパートを始めたとのこと。
そして、近所の奥さんたちとの話題では、不倫や浮気はつきものらしい。

「奥さんのところはゴム派?生派?」

「ゴム派だったわ。最近ご無沙汰だから」

「うちはカットしてるから生オンリーですよ」

「え~、いいわね。羨ましいわ」

なんて下ネタを楽しんだ。
食事も終え、IC近くのラブホ街を走りながら・・・。

「ここはラブホが多いですね。休んでいきますか?」

「えっ、そんなつもりでは・・・」

急に黙り込んで俯いたので、そのまま乗り付けた。
車を降りると妙子はいそいそとついて来た。
部屋に入ると、初めての浮気らしく妙子は緊張していた。
先にシャワーを済ませベッドで待っていると、恥ずかしそうに妙子がバスタオルを巻いて横に滑り込んできた。
抱き寄せながらバスタオルを剥ぎ取ると帝王切開の痕があった。

「恥ずかしいわ」

「大丈夫だよ」

ピンクのパンティーを剥ぎ取った。
乳房を弄び舐め回し、妙子の潤んでいる生膣の中に指を入れてみた。
指に柔らかな肉がまとわりついてくる。

「ウっ、いいっ、アっ」

両足を開き、濡れそぼる生膣とクリトリスを吸い舐め始めると、艶声を出し始めた。

「そんなっアっアウっいいっ~」

「久しぶりのセっクスはどう?」

「いいっいいわっ、すごいっ」

少し時間をかけて弄んでやった。

「フェラして」と告げると、妙子は待っていたように陰茎を咥え込み、淫靡な音を立ててしゃぶり始めた。

「大きいわ」と言う妙子の嬉しそうなフェラを堪能し、「入れるよ」と妙子の両足を高く大きく開かせ、フェラで硬くなった陰茎を濡れ輝く生膣に宛てがうと、「ゴムをお願いします」と小さな声で妙子が言ってきた。

「生で大丈夫だよ」

そう告げ、硬くなった陰茎を妙子の生膣に挿入すると・・・。

「ウグ~アウっアっ~ダメェ~久しぶりっ」

「奥まで入れるよ」

さらに生膣の奥深くまで挿入してやった。

「そんなっ、アウっイっ~アっダメっダメっ・・・アっア~っきつい!」

妙子は久しぶりのセっクスを楽しむように仰け反って喘いでいる。
妙子の生膣は締まりも良く、肉壁がまとわりついてくる。
人妻の生膣を楽しみつつ両足を抱えて屈曲位でピストンを続けると・・・。

「アっいいっいいわ~すごいっ」

妙子は生膣を押し付けて密着するように腰を振り始めた。
側位で深く陰茎を飲み込ませ肉壁を堪能し、騎乗位で妙子自身の腰の動きで生膣の締まりを楽しんでいると・・・。

「アっ~イキそう、イクっイクっ」

生膣を軽く痙攣させてきた。
正常位で妙子に覆い被さり生膣への挿入を激しくしながら、「中に出すよ」と妙子の耳元で囁くと・・・。

「今日は危ないの。外にお願いっ」

「中出しはダメ?」

「ダメっ、外に、外にお願い、アウっイっイっ」

「カットしてるから大丈夫だよ」

「でもアっ、でもダメェ~」

甘えるな艶声とともに生膣を痙攣させてきた。

「妙子、中に出すよ」

体全体を使って奥深くへの挿入を始めると・・・。

「それっダメェ~アウっ~イっ~イクウっ~」

妙子の艶声を聞きながら痙攣する生膣の奥深くにドクッドクッと中出しをしてやった。

「ア~、出されてる~」

妙子は眉間に皺を寄せて中出しを受け入れた。
しばらく妙子に覆い被さったまま中出しの余韻を楽しんだ。

「本当に大丈夫なの?」

「大丈夫だよ」

そう言いながら陰茎を引き抜くと、妙子の生膣から中出しされたばかりの精液が流れ出てきた。

「あ、流れてきたわ」

M字開脚した生膣から精液を垂れ流す人妻の姿は最高である。
ティッシュを膣に宛てがい、妙子はシャワーに行った。
ベッドに戻ってきた妙子に腕枕をしてやると、「いっぱい中に出したのね。中出しなんて久しぶりよ」と微笑んでいた。

「生で中出しが一番気持ちいいだろう?」

「初めての浮気で中に出されるなんて・・・クセになっちゃうわ」

気怠そうに帰り仕度をする妙子であった。
車を降りる時、嬉しそうに満足な微笑みで、「またドライブに誘ってね」と言った。

後日、煙草を買いに行ったとき、「生理があったわ」と甘えるように言ってきたので、「じゃあ次の危険日にドライブしようよ」と誘っておいた。
その言葉通り、妙子の危険日に会うことになった。
ドライブしながら・・・。

「生理が来るか心配だったのよ。本当だったのね」

「嘘じゃないよ。ところで旦那とは?」

「全然・・・触ってもこないわ」

妙子は不満気味であった。
サービスタイムのラブホへ乗り付けた。
部屋に入ると妙子が、「家でシャワーを使ってきたわ」と言うので、急いでシャワーを浴びて出てくると妙子はバスタオルだけでベッドにM字開脚で待ちわびていた。
生膣を眺めていると、「イヤ~ン、恥ずかしいわ」と甘えた声を出すので腰を抱き寄せ生膣を舐め廻してやると、「アっいいっ、待ってたの」と嬉しそだ。
生膣への愛撫に集中して妙子の艶声を楽しんだ後・・・。

「フェラして」

そう言って仁王立ちになると、妙子は私の腰を引き寄せ、音を立てて咥え込んでくれた。
妙子は唇と舌で硬くなった陰茎を美味しそうに舐め回しくれた。
人妻のフェラはいつ見ても興奮する。

「もうカチカチに硬いわ。入れて」

妙子の腰を高く突き出させ、濡れて光る生膣を確認しながらバックでゆっくりと挿入を始める。

「アウっ、イっアっアっ、~きついっ」

深くまで陰茎をすべて押し込んだ。

「アっアっ入ってる~いいわァ~」

「おお、締まる」

思わず声を出してしまった。
妙子の生膣の締まりを楽しみながら挿入を激しく速くしてやると・・・。

「イっいいっアっイキそうっ」

軽く生膣を痙攣させた。
屈曲位で両足を抱え、妙子の生膣を獣のように突きまくる。
部屋に妙子の歓喜の艶声が響いた。

「いいっアっ~イキそうっイキそう」

「妙子、どこに出す?」

「そんな、イヤァ~イクっイクっ~」

「どこに出して欲しい?」

「アっイヤァ~中にっ中に出してェ~。アっ~イク~ゥ~」

妙子がしがみついて仰け反った。
妙子に覆い被さって突き上げ、生膣深くに届けとばかり射精してやった。

「アっ来てる~いいっ、いいわっ」

しばらく2人で中出しの余韻を楽しんだ。
生膣から陰茎を引き抜くと精液が生膣から垂れ流れ始めた。
まさに中出しの醍醐味である。
妙子は生膣にティッシュを当ててシャワーを使いにいった。
出てきた妙子に腕枕をしてやる。

「またいっぱい出したのね。洗っても洗っても出てきたわ」

「奥にたっぷり出したからね」

「危険日の中出しもいいわね」

2回戦は妙子のフェラから始まった。
頭を上下に動かして気持ち良さそうにフェラする妙子の姿を堪能した後、69で生膣をたっぷり舐め回してやった。

「アっいいっ、気持ちいい、もう硬いわ」

「上においで」

誘うと妙子は体を起こし、跨がりながら嬉しそうに陰茎を握り締め、生膣にゆっくりと咥え込んでいった。

「ウっきついっアっアっ」

艶声を出しながら奥深くまですべてを飲み込むと、味わうように腰を前後に動かし始めた。

「いいっ、硬くていいっ」

下から突き上げると・・・。

「アっいいっ、ダメダメっ、イッちゃうから~」

眉間に皺を寄せながら大きな艶声を出し続けている。
体位を正常位に変え、足を大きく開いている妙子に覆い被さりながら、さらに激しく突きまくる。

「アっアっ~すごくいいっ~いいわァ~」

叫びながら抱きついてきた。

「妙子、締まって気持ちいいぞ」

「アっいいわっ、いいわっ、おかしくなっちゃう~」

「どこに欲しい?」

「中に出してっ」

「イクぞっ」

「一緒に、一緒にお願い、ああ!」

「奥で受け止めろ」

腰を押し付けてくる妙子の生膣に思いっきり射精してやった。

「ア~中に出されてる~」

妙子は大きな艶声を出しながら仰け反った。
可愛い人妻だ。
妙子に覆い被さって息を整えながら中出しの余韻を堪能した。
2度の射精を受けた生膣が、また精液を垂れ流し始めた。
何度見ても絶景だ。

「またいっぱい出したのね」

気怠そうにティッシュを膣に宛てがう妙子にお掃除フェラを頼むと、唇と舌できれいにしてくれた。
これもなかなかの眺めであった。

「危険日に2度も中出しされるなんて初めてよ」

帰り仕度をしながら妙子が嬉しそうに言ってきた。

「満足した?」

微笑みながら頷く妙子。

「あ、もうこんな時間。子供が学校から帰ってくる前に戻らなくちゃ」

妙子は車を降りる時、「連絡、待ってるわね」と小さく手を振った。